人気ブログランキング |

道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2019年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

<人口知能(AI)が様々な分野で活用される6>


農業は休みがなく「家族の誰かが順番で世話をするのが当たり前だったが、限界がある」(金子代表)。AIを活用して生産性を高める


ことで農業の負担は減る。ルートレックの佐々木伸一社長は通信関連の技術者。


同社も、もともとはネットワーク機器の開発を手掛けていた。IT(情報技術)関連の製品やサービス開発では試作品を迅速に世に出


し、改良を重ねる「アジャイル(俊敏な)開発」がトレンド。

だが、「農業は年に1回しか収穫されないから、実証と改善のサイ


クルが回せない。(人口知能(AI)が様々な分野で活用される7へ続く、日経:AI経営経営してますか」、コメンテ―ター・村山恵一


氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-31 15:53 | 社会経済 | Comments(0)
<人口知能(AI)が様々な分野で活用される5>


ミニトマトのハウスを運営するユニバーサル・アグリカルチャー・サポート(横浜市)は「農福連携」を掲げ、障害者を積極的に雇用


している。ミニトマトの栽培では脇芽を摘んだり、余分な葉をとったりする作業が重要になる。


そのやり方を丁寧に教えている最中に水やりや施肥が必要な時間になると、中断してしまい、指導に集中できないことも多かった。


金子栄治代表が悩んでいる時に知人から紹介されたのがゼロアグリだ。水やりと施肥が自動化され、作業者の教育に時間を割けるよう


になった。(人口知能(AI)が様々な分野で活用される6へ続く、日経:AI経営経営してますか」、コメンテ―ター・村山恵一氏資料


参照)



by refresh_light | 2019-03-30 13:05 | 社会経済 | Comments(0)
<人口知能(AI)が様々な分野で活用される4>


―水やりプロ並み(農業)―

後継者不足に悩む農業でもAIの活用が始まった。横浜市青葉区。住


地の中に畑が広がる一角がある。ミニトマトを栽培するビニールハウスの隅に配電盤のような機械が設置されている。


機械は配管とつながり、配管からは黒いホースが畑に向って伸びている。農業効率化システムを手掛けるルートレック・ネットワーク


ス(川崎市)のAIを使った土壌環境制御システム「ゼロアグリ」だ。センサーで日射量や土壌中の水分量を計測し、水やりや液肥を


自動で供給する。(人口知能(AI)が様々な分野で活用される5へ続く、日経:AI経営経営してますか」、コメンテ―ター・村山恵一


氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-29 10:41 | 社会経済 | Comments(0)
<人口知能(AI)が様々な分野で活用される3>


物体認識や音声言語理解技術を活用し、口頭の指示やジェスチャーにも従う。男性がロボットにバスケット指さして「それはこっちに


入れて」と命じると、ロボットは床から靴下を拾って、バスケットに投げ入れる実演も披露した。


PFNはこれまで産業用ロボットなどでAI応用に挑んできたが、家庭向けにも応用を広げる。共同創業者の岡野原大輔副社長は「掃除や


料理など家庭内にもロボットができるタスクがたくさんある。将来家庭用ロボットが当たり前にある時代が訪れるだろう」と予測す


る。(人口知能(AI)が様々な分野で活用される4へ続く、日経:AI経営経営してますか」、コメンテ―ター・村山恵一氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-28 17:24 | 社会経済 | Comments(0)
<人口知能(AI)が様々な分野で活用される>


―片付は任せた(家事)―

AIが暮らしから経済まで様々な場面で、活用されるようになってき


た。共働き家庭や高齢者世帯の家事を手助けしたり、担い手不足が深刻な農業や建設の現場で作業する人をサポートしたり、幅広いニーズ


に応える。AIが仕事を奪う」との懸念も出るが、少子高齢化の日本でAIを活用しない手はない。


(人口知能(AI)が様々な分野で活用される2へ続く、日経:AI経営経営してますか」、コメンテ―ター・村山恵一氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-28 17:17 | 社会経済 | Comments(0)
<白神山地は食材宝庫5>


こだま酵母を発見した秋田県総合食品研究センターの元首席研究員、高橋慶太郎さんによると「白神山地には思わぬ特性を持つ微生


物がたくさんいる」という。微生物が環境に適応して進化を遂げるには、古い森が大きな条件の一つだ。


化石などから白神の森は約8千年前にできたことが分かっている。

白神の森は中に入ると傾斜が急で、そのため人が入れず、ほぼ手つ


ずの自然が残った。土壌にはふかふかと分厚い落ち葉のマットがつくられ、枯れ葉をえさとする微生物が暮らしやすい。


今も生き残っているのは自然界の厳しい生存競争勝った強い微生物だけだ。(白神山地は食材宝庫6へ続く、日経:THE STLE名波彰人


氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-28 13:29 | 社会経済 | Comments(0)
<白神山地は食材宝庫4>


「西海岸は魚種が豊富で、どれもうま味が濃い。森は海の母です」。ホテルのメニューにのるのはマダイのポワレ。淡泊な身に品


よく脂の乗ったうま味がしっかりと伝わってきた。森の恵みは土の中にも隠れている。


ふわっとした口当たりで、しっとりとした食感。噛みしめると、ほのかな甘みが口の中に広がっていく。東京・王子のベーカリー「ロ


ワンモンターニュ」のパンの風味を生むのは白神山地で採取された「白神こだま酵母」だ。こだま酵母は低温、乾燥に耐えるため扱い


やすい。トレハロースを大量に蓄えているため、甘みがあり、卵や牛乳を使わなくてもふっくらしたパンに仕上がる。(白神山地は食


材宝庫5へ続く、日経:THE STLE名波彰人氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-27 16:43 | 社会経済 | Comments(0)
<白神山地は食材宝庫3>


山から流れ出す川は、平野部に水をもたらす。「コメもおいしいし、冬には大豆で豆腐をつくる。食べ物は何でも地元でまかなえ


る。ここを離れては暮らしてはいけない」というのが工藤さんの実感だ。


白神山地には膨大な雨水と栄養が蓄積され、川となって日本海にたくさんの養分を送り出してきた。青森県の西海岸沖にはプランクト


ンが発生し、それをエサとするタイやヒラメ、ノドグロ、アワビなど様々な魚介類を育む豊穣の海となる。


西目屋村のホテル、「ブナの里白神館」の総料理長、桜庭昭三郎さんは西海岸で捕れた「白神の魚」を使い、多彩な料理を提供する。


(白神山地は食材宝庫4へ続く、日経:THE STLE名波彰人氏資料参照)




by refresh_light | 2019-03-26 15:01 | 社会経済 | Comments(0)
<白神山地は食材宝庫2>


ブナの森はスギやマツの林に比べて、キノコも豊富だ。ナメコは大根おろしとあえ、ブナシメジは炒め物、ヒラタケは味噌汁に。柔ら


さ、歯ごたえなどそれぞれのキノコの食感が楽しめ、汁物のだしには滋味がいっぱいにあふれだす。


こってりと脂ののった熊肉は臭みもなく、鍋の中で濃厚なだしとなる。夏に捕ったイワナやサクラマスは塩漬けにして、保存する。


数年に一度、秋に豊作を迎えるブナの実はカシュ―ナッツのようだ。西目屋村では山でワサビを採ってから、刺身を買いに行く人も


少なくない。(白神山地は食材宝庫3へ続く、日経:THE STLE名波彰人氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-25 12:37 | 社会経済 | Comments(0)
<白神山地は食材宝庫>


白神山地は食材の宝庫だ。江戸時代の天明の大飢饉をはじめ、東北地方はたびたび飢饉や冷害に襲われ、多くの餓死者を出した。だ


が、白神山地の麓に暮らす人々は山で採取した木の実や山菜、キノコを食べて生き延びることができたという。


コゴミの天ぷら、ミズ(ウワバミソウ)のおひたし、山ウドのきんぴら、きゃらぶき・・・・。鮮烈な香りと、かすかな苦みの奥に広


がるのは力強い野生の風味で、森の鼓動が伝わってくるようだ。塩漬けにしておけば、冬でも食卓の彩になる。(白神山地は食材宝庫


2へ続く、日経:THE STLE名波彰人氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-24 13:08 | 社会経済 | Comments(0)