道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2018年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

<人口肉・昆虫食未来救う5>

人口肉ベンチャーが有望視され、資金が集まるのはこのためだ。だが、期待を集める蛋白
源は身近なところにもある。「食糧問題に対する有望な食材になり得る」。

国連食糧農業機関(FAO)は13年、昆虫食のリポートを公表した。
牛肉1キロの生産に8キロの飼料が必要なのに対して、昆虫肉は2キロと4分の1。温暖化

ガスの排出量も10分の1から100分の1という。必要な土地もずっと小さい。栄養価は肉
や魚と比べても高く、良質なたんぱく質のほか、繊維や鉄、マグネシウムなどの微量栄養

素も多く含むという。
(人口肉・昆虫食未来救う6へ続く、日経国際アジア部:木寺もも子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-30 13:08 | 食べ物 | Comments(0)
<人口肉・昆虫食未来救う4>

食用の家畜飼育や飼料の栽培には、地球上の陸地の45%、水資源の2割以上が必要とされ
ており、環境負荷が高い。欧米にベジタリアンが多い理由でもある。

インポッシブル・フーズによると、同社の人口肉は牛肉の20分の1の土地面積と4分の1の水
で生産可能だ。環境は気になるが、肉の味は楽しみたいという消費者の嗜好に応えている。

17年に改定された国連の推計によると、現在76億人の世界人口は50年に98億人、100年
には112億人に達しそうだ。
新興国の経済成長に伴い、肉など高タンパクの食品への需要も高まる。

(人口肉・昆虫食未来救う5へ続く、日経国際アジア部:木寺もも子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-29 12:37 | 食べ物 | Comments(0)
<人口肉・昆虫食未来救う2>

開発したのは、シリコンバレーのベンチャー企業、インポッシブル・フーズ。11年に米スタン
フォード大のパトリック・ブラウン名誉教授が創業した。「肉はなぜ肉の味がするのか」を探

求し、風味の決め手となるのが「ヘム」という鉄分を含む分子と突き止め、遺伝子操作で大
豆の根から作り出した。16年のモモフク・ニシを皮切りに、現在は全米900カ所以上のレ

ストランにハンバーガーのパテを提供する。同社はこれまで2億7500万ドル以上の資金を
調達し、投資家にはビル・ゲイツ氏ら著名人も名を連ねる。17年9月には月約50万キロの

パテ生産能力を持つ工場が稼働するなど、躍進ぶりはめざましい。
(人口肉・昆虫食未来救う3へ続く、日経国際アジア部:木寺もも子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-28 14:04 | 食べ物 | Comments(0)
<人口肉・昆虫食未来救う3>

この会社は、「18年はアジア展開を予定している」(広報担当者)といい、日本でも食べられ
る日が近いかもしれない。米国では、09年に創業したビヨンドミートも、「セーフウェー」など

大手スーパーに植物由来のバーガーやチキンなどを提供。こちらはゲイツ氏のほか、俳優
のレオナルド・ディカプリオ氏らが出資し、製品が肉売り場に置かれたことで話題になった。

畜産の業界団体が18年2月、米農務省に対してこうした人口肉を「ビーフ」「肉」などと表示
することに異議を申し立てる陳情を行ったほどだ。

人口肉がこれほど注目される背景には、環境問題がある。
(人口肉・昆虫食未来救う4へ続く、日経国際アジア部:木寺もも子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-27 13:52 | 食べ物 | Comments(0)
<人口肉・昆虫食未来救う>

2050年には現在の3割増の98億人に達すると見られる世界人口。途上国の経済発展とも
相まって、懸念されるたんぱく質不足や環境問題を解決する切り札と期待されるのは、植物

由来の人口肉や昆虫食だ。米シリコンバレーなどを中心にベンチャー企業が続々誕生して
いる。言われなければ気づかないかもしれないが、肉をハンバーガー「インポッシブル・バー

ガー」にして、米国で話題を集めている。見た目は普通の高級バーガー。噛めば肉汁がジワ
リとしみ出す。

有名シェフのデイビット・チャン氏が手がけるニューヨーク・マンハッタンのレストラン「モモフク
・ニシ」では、18ドル(約1900円)から提供されている。開発したのは、シリコンバレーのベン

チャー企業、インポッシブル・フーズ。
(人口肉・昆虫食未来救う2へ続く、日経国際アジア部:木寺もも子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-26 13:52 | 食べ物 | Comments(0)
<マンションの修繕工事2>

工事費に充てるために住民が毎日支払う修繕積立金の徴収予定は、今後の工事予算と
ともに長期修繕計画に盛り込まれている。この計画は購入検討時に確認できるほか、買

った後も管理組合に求めれば閲覧できる。現在の積立金の水準や今後の徴収額を国交
省の目安と比較することで、修繕工事の財源余力を推し量れる。

管理組合が作成する決算書類も参考になる。工事費が足りなければ借り入れや一時金
徴取、工事の延期でしのぐことが多い。

(日経:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-24 12:50 | 社会経済 | Comments(0)
<マンションの修繕工事>

マンションの老朽化を防ぎ、快適な住空間や資産価値を維持するために定期的に実施す
る工事。国土交通省は建物や設備の性能・機能を新築並みの水準に回復する工事と定

義し、実用上支障のない水準に保つ「補修」や性能向上を目指す「改修」と区別している。
*分譲時に不動産会社が25~30年の長期修繕計画を示し、最初はこれに沿うことが多

い。計画は必要に応じ管理組合が見直す。国交省の指針は主に仮設工事や屋根防水、
外壁塗装、給・排水管、昇降機など19項目を挙げる。

工事周期は12~15年とされるが、20年程度で最初の工事に入る物件もある。
(マンションの修繕工事2へ続く、日経:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-23 13:01 | 社会経済 | Comments(0)
<歯周病、知らぬ間に進行6>

歯周病は口腔内のトラブルにとどまらない。炎症物質や歯垢中の歯周病菌が血中に流れ
込んで体中に広がり、心臓病や脳梗塞を悪化させるほか、肺炎や早産、低体重出産と関

連することが最近の研究で分かっている。歯周病を防ぐことで動脈硬化のリスクを低減す
るほか、アルツハイマー型認知症の予防にもつながるという。

「若い頃は年1回、40代以上では半年に1回は歯科医でケアをして欲しい」(和泉教授)。
毎日の丁寧な歯磨きで、歯茎と全身の健康を守りたい。

(日経:ライター結城未来氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-22 11:52 | 整体と健康 | Comments(0)
<歯周病、知らぬ間に進行5>

細かく動く電動ブラシも効果的という。丁寧にブラッシングすると15~20分間はかかる。
少なくとも就寝前は念入りに磨こう。歯磨き後は軽くゆすぎ、歯間ケアも忘れずに。

歯周病の多くは歯と歯の間の歯肉から始まる。若年層はフロスを、歯の隙間が広くなる
40代以上は歯間ブラシを使う。フロスは両手の中指に糸を巻きつけ、長さ約5センチメ

ートルに調整。歯や歯茎傷つかないように、少しずつゆすりながら歯の間にさし込む。
口の内側の指は固定し、外側の糸を動かして歯の両側を片側3回ずつこすりあげて磨く。

歯間ブラシも同様に動かす。
(歯周病、知らぬ間に進行6へ続く、日経:ライター結城未来氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-21 14:58 | 整体と健康 | Comments(0)
<歯周病、知らぬ間に進行4>

予防は「丁寧な歯磨きにつきる」と和泉教授。歯の歯茎近くを爪でこすって、黄みがかった
粘りのあるものが付いたら、それが歯周病のもとになる歯垢だ。

丁寧なブラッシングで除去しよう。力を入れ過ぎないように、歯ブラシは鉛筆を持つように
軽く握る。歯磨き粉に含まれる研磨材で歯を傷つけないために、歯磨き粉はブラシ表面の

3分の1以下、長さは5ミリメートル程度の少なめで十分だ。食べかすは歯と歯茎の間に溜
まり易い。歯ブラシを歯の真横からあてて、歯茎との境目を意識して磨く。歯のエナメル質

や根を痛めないように、横に小刻みに動かそう。「歯を2本ずつ、各20回磨くのが理想的」
と和泉教授。(歯周病、知らぬ間に進行5へ続く、日経:ライター結城未来氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-04-20 12:51 | 整体と健康 | Comments(0)