道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2018年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

<30年後の日本は>

平成の終盤に日経平均株価は26年ぶりの高値を付けた。バブル破綻前の右肩上がりの
株式相場の再来を期待する空気が漂う。

しかし、それは日本経済の根本的問題を忘れた願望ではないか。人類の産業活動が地球
の生態系や気候に多大な影響を与える地質時代「人新世」は1950年前後から始まったと

される。この時代の成長経済モデルが行き詰まっているという議論がある。
日本の産業発展は人新世と同期してきたが、今や発展途上国に追い上げられ、中国の電

気自動車(EV)シフトなど産業構造転換も先を越されつつある。
(30年後の日本は2へ続く、日経十字路:DRCキャピタル青松英男代表取締役資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-28 13:17 | 社会経済 | Comments(0)
<こむら返り、冬は注意6>

こむら返りが日常生活に支障をきたすほど頻繁に起こったり、長く続いたり、首や肩など
足以外の筋肉がけいれんをおこしたりする時は、糖尿病や閉塞性動脈硬化症、腰部脊

柱管狭窄症などの病気が隠れている可能性もある。
その場合は「しびれや痛み、長い距離を続けて歩けなくなる間欠歩行といった他の症状

を伴うことが多い」(出沢院長)。気になるときは循環器科や神経内科、整形外科んどを
受診してほしい。 (日経;ライター、田村智子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-27 12:55 | 整体と健康 | Comments(0)
<こむら返り、冬は注意5>

こむら返りには昔から、漢方薬の芍薬甘草(しゃくやくかんぞう)湯が用いられてきた。筋肉
の緊張を緩めて、けいれんや痛みを抑える作用がある。基本的には症状が出た時に頓服

で使う。前もって備えておくと運動時や就寝時のけいれんに対応できる。ただ、「常用すると
効き目が薄れる。

1日1回を目安に、3回以上の使用は控えて」(新見顧問)。芍薬甘草湯は薬局などで市販
されているが「医療機関で保険適用の乾燥エキス剤を処方してもらえば、1砲6円程度(3割

負担の場合)と安価。漢方薬を処方する医療機関を確認し、受診して相談するとよい」と新
見顧問は話す。(こむら返り、冬は注意6へ続く、日経;ライター、田村智子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-26 13:41 | 整体と健康 | Comments(0)
<こむら返り、冬は注意4>

「妊娠中の人や高齢者は特に、不足しがちなマグネシウムを意識的に摂取してほしい」と出沢
院長。アーモンドなどのナッツ類に多い。

運動時にこむら返りが起きやすい人は、こまめに水分と塩分の補給を。「運動前にカリウムを
多く含むバナナを食べるのもお勧め」(出沢院長)。就寝中に起きやすい人は冷えに注意し、

寝る前にコップ一杯の水や白湯を飲んでおこう。「こむら返りには昔から、漢方薬の芍薬甘草
(しゃくやくかんぞう)湯が用いられてきた」と話すのは、愛誠病院上野クリニックで漢方内科を

担当する新見正則顧問。(こむら返り、冬は注意5へ続く、日経;ライター、田村智子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-25 12:40 | 整体と健康 | Comments(0)
<こむら返り、冬は注意3>

 他には発汗などによる脱水、冷えなどによる血行不良、筋肉の衰えや疲労も原因になる。
利尿剤や降圧剤など薬剤が原因の場合もある。出沢院長は「こむら返りは誰にでも起こる。

大半は一過性のもので心配はない」と話す。
こむら返りが起きたら慌てずに、つま先を体のほうにゆっくりと引き寄せて、アキレスけんを

伸ばす。壁に足の裏を押し付けて伸ばしてもよい。足の筋肉のマッサージや、足の指を大
きく曲げ伸ばしするストレッチなどを習慣にすると予防になる。ミネラルを多く含む食品をと

ることも有効だ。
(こむら返り、冬は注意4エ続く、日経;ライター、田村智子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-24 13:35 | 整体と健康 | Comments(0)
<こむら返り、冬は注意2>

出沢明PEDクリニックの院長によると、筋肉には過剰な伸張や収縮による損傷を防ぐ2つ
のセンサーがあるという。「伸び過ぎを調整するのが筋紡錘、縮みすぎを調整するのが腱

紡錘。このうち腱紡錘の働きが悪くなると、筋肉が異常に収縮して痙攣が起こる」
なぜ腱紡錘の働きが悪くなるのかは明らかになっていないが、いくつかの要因が考えられ

る。1つはミネラル(電解質)バランスの崩れ。「筋肉の収縮や神経の伝達に関連するカル
シウムや、この2つのミネラルの働きを調整するマグネシウム不足の影響が特におおきい」

(出沢院長)。 (こむら返り、冬は注意3へ続く、日経;ライター、田村智子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-23 13:23 | Comments(0)
<こむら返り、冬は注意>

ふくらはぎの筋肉が急にけいれんして強く痛むこむら返り。冷える冬場は特に起こりやすい。
原因は様々だが、頻繁にくり返すときは病気が潜んでいることも。対処法や予防法、受診の

目安を知っておこう。痛みを伴う筋肉のけいれんは、多くの人が経験する。運動時や就寝中
などに起こることが多く、妊娠や加齢でも起きやすくなる。

ふくらはぎにある筋肉、腓腹筋で起きやすいため「脾(こむら)返り」と呼ばれるが、足の裏や
指、太ももなどでも起きる。

(こむら返り、冬は注意2へ続く、日経;ライター、田村智子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-22 11:24 | 整体と健康 | Comments(0)
<南半球は秋を迎える季節2>

雄大な自然を生かした初心者用の遊歩道も整備され、誰でも気軽にショート・ウオークが
体験できる。太古の森から美しい海岸線まで、多彩なコースが選べるのも大きな魅力だ。

そしてさらには温泉へ。日本同様、温泉大国のニュージーランドでは、開放的な「露店」
で水着のままリゾート感覚で温泉が楽しめる。湯上りにはこの時期に解禁される牡蠣

「ブラフ・オイスター」が食べられる。サーモンやエビなどの魚介類も美味しい。
昼は自然や温泉をアクティブに楽しみ、夜はのんびりと星空を眺めて非日常をたっぷりと。

秋はニュージーランドの大地と食を味わう絶好のシーズンといえる。
(ニュージーランド航空資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-21 13:32 | 海外 | Comments(0)
<南半球は秋を迎える季節>

日本は現在寒い冬ですが、南半球のニュージーランドは今、行く夏を惜しみこれから爽やか
な秋を迎えようとしている。この時期の海辺は夏の混雑したビーチにはない、秋独特の雰囲

気が楽しめる。そして4月中旬からの秋本番だ。澄み切った青空を背景に、木々は鮮やか
に色づき、ニュージーランドの大地は黄色、オレンジ、金色に染まる。

そんな季節はゆっくりと大地を踏みしめ、大自然の景色を楽しもう。ニュージーランドは山の
中を歩くトレッキングパラダイスとして世界中から愛好者が訪れる。

(南半球は秋を迎える季節2へ続く、ニュージーランド航空資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-20 13:18 | 海外 | Comments(0)
<歯のかみ合わせ調整、慌てずに4>

歯にかぶせ物や充填物を着けたときに違和感を覚える場合は、少し慎重に判断してほしい。
装着前に削った部分が隙間になったり接触感が弱くなったりして、歯根膜に力が加わらない

期間ができる。そこに金属冠などを新たに入れると、歯の位置を高く感じやすくなる。その結
果、装着直後の感覚でかみあわせを調整すると、金属冠などを削り過ぎてしまう恐れがある。

かぶせ物や充填ものを着けるときは、咬合紙と呼ばれるカーボン紙のようなものをかんで、
噛みあわせが均等になるよう確認する。

歯のかみあわせの感覚は微細だが、時間とともに慣れてくる面もあるので、あまり慌てずに
少し様子を見て欲しいと思う。

(国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科・大鶴洋医長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-02-19 12:24 | 整体と健康 | Comments(0)