道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2012年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

<脱水に要注意3>
前回、約1時間の通勤で約200ミリリットル、8時間の睡眠で約500ミリリットルの水分が失
われる計算になるという。体から水分が4~5%失われると体に変調が表れ、10%以上失

われると死に至ることもあるようだ、ということを記述。その続きです。私たちは普通、1日に
約1リットルの水を食物からとっている。同様に毎日、約1.2リットルを飲料水から補給して

いる。だから、急激な運動などをして汗を大量にかくと脱水になりやすい。水と同時にナトリ
ウムやカリウムといったイオンも失われる。汗は体温調節にとって大切なものであるが、汗

のかきすぎは体にとってよくない。以前は運動の時は水を飲まないのが常識だったが、今は
どんどん飲む。これは合理的な判断といえる。オフィスなど乾燥しがちな場所で生活する現

代人にとって、水分補給は必須といえそうだ。脱水を起こした人の救命にはまず、イオン入
りの水を点滴する。近年は、これを口から飲ませる治療法が普及しつつある。
(江戸川大学中村雅美特任教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-17 13:38 | 整体と健康 | Comments(0)
<脱水に要注意2>

昨日、体液中には、ナトリウムやカリウム、カルシウムなどプラス電気を帯びたものや、塩素
などマイナスに帯電したものなどさまざまなイオンが含まれている、というようなことを記述。

その続きです。これらは体温の調節をはじめいろいろな機能の調節、といった体のバランス
をとっている。水分が十分に補給できないときや、激しい下痢や嘔吐が続くときは、脱水に気

をつけなければならない。汗や尿などの形で対外に出る水分は約2.5リットルといわれる。
脱水は要注意だ。

約1時間の通勤で約200ミリリットル、8時間の睡眠で約500ミリリットルの水分が失われる
計算になるという。体から水分が4~5%失われると体に変調が表れ、10%以上失われると

死に至ることもあるようだ。
(脱水に要注意3へ続く、江戸川大学中村雅美特任教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-14 12:50 | 整体と健康 | Comments(0)
<脱水に要注意>

人体にはいったいどれくらいの水分があるのか。平均して大人では体重の約60%が水と
いわれる。水分の量は年をとるにつれて減る。新生児や子供では65~80%だが、65歳

以上の高齢者は約50%になる。新生児や子供は成長する時期にあるからではないかと
いわれている。

体内にある水分のおよそ80%が細胞に含まれている。残りの約20%が血液などだ。細胞
にある水分と、細胞外にあって体内を巡っているものとを合わせたものなどを体液と呼ぶ。

体液中には、ナトリウムやカリウム、カルシウムなどプラス電気を帯びたものや、塩素など
マイナスに帯電したものなどさまざまなイオンが含まれている。

(脱水に要注意2へ続く、江戸川大学中村雅美特任教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-13 12:50 | 整体と健康 | Comments(0)
<発電ビジネス新時代7>

これまで、電力会社に一定期間固定価格での買い取りを義務付ける、固定価格買取り制度
は、発電ビジネス参入への弾みがつき、中小企業の参入も注目される、というようなことを記

述。その続きです。まさに環境関連産業の育成・強化や雇用の創出といった経済波及効果
が期待される。こうした技術の革新は、単に国内のみに留まらず、技術輸出を通じて海外市

場の獲得にもつながるだろう。その結果、10年6月に閣議決定した「新成長戦略」では、
「2020年までに再生可能エネルギー関連市場10兆円を目指す」としている。再生可能エネ

ルギーの固定価格買取制度の導入を機に、国は太陽光や風力など、自然の恵みを生かし
てエネルギー自給を推し進めていく計画だ。エネルギー自給率を向上し、地球温暖化対策に

もつながる取り組みは、我が国における新たな発電ビジネス時代の幕開けといえよう。
(日経新聞・クロスメディア営業局資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-12 13:10 | 社会経済 | Comments(0)
<発電ビジネス新時代6>

ここにきて地方自治体などによるメガソーラー事業の計画が、次々と明らかになっており、
太陽光発電事業の参入を側面支援するシステムインテグレーターも登場した。ファンド

を組み、投資家から資金を集める動きも始まった。もちろん、自社ビルや工場の屋上な
どにソーラーを設置することで、節電につなげようといった中小企業経営者も増えている。

―関連市場は10兆円規模「育エネ」不可欠―
再生可能エネルギーの普及・拡大は、発電ビジネスだけでなく関連する産業の需要創出

にも、さまざまな可能性を広げてくれる。太陽光や風力でいえば蓄電池技術の向上、部材
メーカーや販売店・工務店の活性化、バイオマス発電では新たなバイオ燃料の開発や実

用化技術の推進、さらにいえば地域経済の発展にも大いに寄与する可能性を秘める。
(発電ビジネス新時代7へ続く、日経新聞・クロスメディア営業局資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-11 14:18 | 社会経済 | Comments(0)
<発電ビジネス新時代5>

―発電ビジネス参入へ弾み、中小企業の活用にも注目―
これまで再生可能エネルギーの普及・拡大で重要となる発電ビジネスにおいて、障壁となっ

ていたのは設備費用の高さや、出力の不安定さ、設備条件などである。事業をスタートして
投資を回収するには長期間を要し、メンテナンスや設備の劣化、故障など、事業化にはさま
ざまな課題も多い。

09年度の総発電量に占める再生可能エネルギーの割合(水力を除く)は約1%に過ぎない。
しかし、今回の買い取り価格の提示を受け、事業者が採算の見通しを立てやすくなったこと

で、発電ビジネスへの参入に弾みがつくことは確実だ。例えば、1キロワット時あたり42円と
なった太陽光では「普及促進を後押しする価格で、これを機に導入拡大が進む」(太陽光発

電協会)ことが期待される。(発電ビジネス新時代6へ続く、日経新聞・クロスメディア営業局
資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-10 12:22 | 社会経済 | Comments(0)
<発電ビジネス新時代4

電力会社に一定期間固定価格での買い取りを義務付ける、固定価格買取り制度では、電力
会社は再生可能エネルギーの購入にかかった費用を、家庭や企業などの電気料金の一部

として、電気の使用量に比例して回収できる仕組みとなっている。
制度導入当初、標準家庭での電気料金の負担増は、月額100円未満となる見通しだ。一方、

住宅などが取り付けている10キロワット未満の小規模な太陽光発電に関しては、全量買い
取りとせず、余剰発電分を電力会社に買い取らせる現行制度を、維持することとなり、買い

取り期間も10年間のままとなった。買い取り価格も同じ42円とされたが、国の補助金制度を
考慮すると実質48円程度になったようだ。(発電ビジネス新時代5へ続く、日経新聞・クロス
メディア営業局資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-09 12:51 | 社会経済 | Comments(0)
<発電ビジネス新時代3>

今回、発電自業者側の実態に即した買い取り価格を設定したのも、事業の採算を確保
でき、新規参入を促して、再生可能エネルギーの普及を後押しすることが狙いだ。

―太陽光発電は42円固定~20年を目安―
今回提示の買い取り価格は消費税込で、1キロワット時あたり、太陽光が42円、風力が

23.1円、地熱が27.23円などとなっている。買い取り期間は、設備の平均的な耐用年
数をもとに決められた。事業発電の場合、10キロワット未満の太陽光が10年、地熱が

15年で、それ以外はすべて 20年となっている。ただし、今後普及が進むにつれ、技術
革新や量産効果などにより発電コストが下がることが想定されるため、買い取り価格につ

いては定期的に見直しが図られる。(発電ビジネス新時代4へ続く、日経新聞・クロスメデ
ィア営業局資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-08 12:23 | 社会経済 | Comments(0)
<発電ビジネス新時代2>

電力会社に一定期間固定価格での買い取りを義務付ける、固定価格買取り制度の導入
によって、2020年にエネルギー供給の10%を再生可能エネルギーへ置き換えることが

できれば、国の試算で約2400万~2900万トンのCO2が削減可能となる。これは日本
国内の総CO2排出量の1.8%~2.2%に相当する。エネルギー消費大国でありながら、

エネルギー自給率がおよそ4%にとどまる我が国にとって、まさに再生可能エネルギーの
導入拡大は、エネルギーの自給率向上と、温暖化ガス削減のかぎを握る重要なエネル

ギーだ。(発電ビジネス新時代3へ続く、日経新聞・クロスメディア営業局資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-06 13:15 | 社会経済 | Comments(0)
<発電ビジネス新時代>

―エネルギー自給率向上とCO2削減に大きな期待―
昨年8月に「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再生

エネルギー特別措置法)」が国会で成立した。太陽光や風力、水力、水力、地熱、バイオマ
スといった再生可能エネルギー源を用いて、発電された電気を、一定期間・固定価格で電気

事業者が買い取ることを義務付け、買い取りにかかる費用は、電気の使用者全体で負担す
る法律だ。

我が国は主要なエネルギー源を石油や石炭、天然ガスなど海外からの輸入資源に頼ってい
る。再生可能エネルギーは資源が枯渇せず、化石燃料の利用による温暖化ガスの削減にも

寄与し、地球環境にもやさしい。
(発電ビジネス新時代2へ続く、日経新聞・クロスメディア営業局資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-05 12:43 | 社会経済 | Comments(0)