道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

<新リーダーシップ>

コーチ・ジャパンの社長が、日経のビジネス戦記に「新しいリーダーシップ」について
語っています。参考になったので以下で紹介したい。

筆者の担当は日本と中国の事業。それぞれ求められるリーダーシップが全く異なる
ことを実感している。中国で重要なのは成長の速さについていくこと。

懸命に投資を続けているが、人員の確保が難しい。教育も時間がかかるだけに早く
人材を確保し、事業開発をしなければならない。

一方、日本では停滞した需要を刺激する戦略が重要。社員に求めるのは新しい発想だ。
二足のわらじをはくと、日本の景気回復が遅れる原因が見えてきた。

中国の成長の原動力は13億人という市場規模と、株式時価総額で世界のトップ
クラスになった金融資本の力。政府のリーダーシップが、その力を引き出している。

日本は少子高齢化が加速。金融機関の力も一時期ほどではない。
必要なのは労働力確保に向けた出生率向上や、移民の受け入れだ。
(新リーダーシップ2へ続く、コーチ・ジャパン社長記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-31 12:49 | 社会経済 | Comments(0)
<スマートメーターが電気利用を最適化>

昨日、日本が世界に約束したCO2削減目標(25%)を達成には、スマートグリッドの導入
が不可欠だ、というようなことを記述。その続きです。

スマートメーターは、通信に例えると家庭内LAN(構内情報通信網)を制御するコンピュー
ター(サーバー)に相当する存在になる。

エアコンやテレビなど家電製品に加え、太陽電池パネルや燃料電池、電気自動車など、
様々な機器のエネルギーの生産・消費を総合的に制御するとともに、戸外の送電網との
間で電気をやり取りする窓口にもなる。

最も初歩的な機能は自動検針だ。電力使用状況のチェックを人手によらず、通信を介し
て自動化する。これを少し応用すれば、電力使用量をパソコンなどに表示して節電を促

せる。エアコンの設定温度を1度変えれば、いくら電気代の節約が出来るか、という
アドバイスも可能だ。太陽電池パネルで発電した電気を電力会社に自由に売れるようにな

れば、売買の状況をチェックする計量器の役割を担う。時間帯によって、電気代が異なる
場合には、いつ売れば利益が最大化できるかを判断し、自動売買もできるようになる。

その場合、電気をためる蓄電池や電気自動車がいる。グーグルなどIT企業から見れば、
家庭やオフィスのエネルギー管理サービスは、第2のIT市場に見えるかもしれない。
(日経新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-30 13:41 | 社会経済 | Comments(0)
<スマートグリッドが社会をかえる4>

昨日、韓国は大統領がスマートグリッドに意欲的で、南部の済州島で実証実験を進める、
というようなことを記述。その続きです。

日本の取り組みはどうか。青森県六ヶ所村で8月から、風力発電会社の日本風力発電が、
トヨタ自動車、日立製作所などと組んで実験を始める。スマートメーターを設置したモデル

住宅や、村役場に風力でつくった電気を送り、電気自動車に電気を蓄えたり取り出したり
する際の、使い勝手を調べる。

九州電力や沖縄電力も、宮古島など離党で自然エネルギーの導入を目指した実験を始
める。消費者にはどんな影響があるのか。スマートメーターは価格が数万円で、一般家庭

すべてに普及させるとなると、1兆円規模の投資が必要。配電関係などでも必要な設備が
あり、電力料金の引き上げ要因となって、消費者負担が増す可能性がある。電機やIT

関連のメーカーは、関連ビジネスの商機が増えそうだ。現政権は、温暖化ガスを20年まで
に1990年比で、25%削減の目標を掲げていて、太陽電池を中心に自然エネルギーの

一層の普及を目指している。目標達成には、スマートグリッドの導入が不可欠だ。
(日本経済新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-29 12:32 | 社会経済 | Comments(0)
<スマートグリッドが社会をかえる3>

昨日、オバマ大統領が環境分野への投資で、内需や雇用を生み出す「グリーン・ニュー
ディール政策」を打ち出したが、その目玉はスマートグリッド、というようなことを記述。
その続きです。

米国は老朽化した送電設備が多く、設備の更新や新設などに34億ドルの予算投入を決
めた。電力業界で仕事の創出につながる。

スマートメーターも一部の地域で設置が始まっている。そしてメーター市場には、グーグル
などIT企業も参入している。米国では電力市場が自由化されており、消費者が安い電気

を選んで買える。今日はどこの電気が安いのか、賢いメーターが選択してくれるのだ。
また、電力会社がスマートメーターを経由して、家庭のエアコンなどの運転を抑えて、
電力需要を制御することも可能になる。

欧州でも自然エネルギーの利用拡大に、スマートグリッドが不可欠との考え方が主流に
なっている。北部の国で風力発電、南では太陽光発電が普及しつつあり、国境を越えて

電力を融通し、バランスをとる仕組みが必要だからだ。
ドイツやフランスなどの官民が協力して、技術の実証に取り組んでいる。韓国は大統領が

スマートグリッドに意欲的で、南部の済州島で実証実験を進める。
(スマートグリッドが社会をかえる4へ続く、日本経済新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-28 12:25 | 社会経済 | Comments(0)
<スマートグリッドが社会をかえる2>

昨日スマートグリッドは、太陽光発電や風力発電など自然エネルギーを、フル
利用する道を開くことにある、というようなことを記述。その続きです。

自然エネルギーはCO2の排出が少ない一方、天候で出力が変動するのが大きな
課題だ。家庭やオフィスの電気使用状況や、各地の自然エネルギーの発電量を

正確に把握し、差し引きして火力発電所でどれだけ発電すればよいのかを計算する。
好天で屋根の上の太陽電池でつくった電気が余ったら、電気自動車に蓄えておき、

夜間に取り出して家の中で使うことも、近い将来できるようになるはず。
電気の出し入れをコントロールするのも、スマートメーターの役割だ。

1軒の家だけでなく、町内やニュータウン内で電気を融通し合うことも、賢い送電網が
あれば可能となる。世界の導入の動きでは、米国が先駆け。オバマ大統領が環境

分野への投資で、内需や雇用を生み出す「グリーン・ニューディール政策」を打ち出し
たが、その目玉はスマートグリッドだ。
(スマートグリッドが社会をかえる3へ続く、日本経済新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-27 15:26 | 社会経済 | Comments(0)
<スマートグリッドが社会をかえる>

最近スマートグリッドという言葉を良く耳にする。電気を効率的に送電したり、受電するIT
技術のようだが、具体的にはどういうものか。

世界でスマートグリッドという次世代送電網の、構築に取り組む動きが加速している。これ
は地球温暖化につながる技術だが、一般には馴染みが薄い。

どのような利点があって、私たちの生活にどう影響するのか。英語をそのまま訳すと、
スマートは「賢い」、グリッドは「送電網」だ。ITの活用で電気の流れを常に監視し、

電力の需要と供給のバランスをとる技術。CO2の排出が多い火力発電所の運転をなるべ
く抑え、太陽光発電など自然エネルギーを、送電網に取り込むのだ。

中核になるのがスマートメーター。その本領は、太陽光発電や風力発電など自然エネルギー
を、フル利用する道を開くことにある。 
(スマートグリッドが社会をかえる2へ続く、日本経済新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-26 12:35 | 社会経済 | Comments(0)
<口蹄疫とは>

牛や豚など、足の蹄が2つに分かれている動物がかかる病気で、かかった動物は熱が
出たり、口や蹄に水膨れができたりして、餌が食べられなくなったり、歩けなくなったり

する。痩せ細って肉がとれなくなり、牛乳が出なくなるほか、子供の牛や豚は死んでし
まうこともある。ただ、馬など蹄が2つに分かれていない動物はかからないし、人にもう

つらない。問題は、ウイルスがうつりやすいことだ。細菌より小さなウイルスが原因だが、
このウイルスは短期間の間に、広範囲にうつりやすい。宮崎県では病気かもしれない

牛が、初めて見つかった4月から約1ヶ月で、牛や豚が発病した畜舎は100か所以上
に増えた。ウイルスは畜舎から風で運ばれたり、人や車にくっついて広がるので、

しっかり消毒することが大切だ。そして病気が見つかった農場の牛や豚は、全部殺して
埋めることになっている。政府は、さらにこの病気が出た場所から、10キロ以内のとこ

ろで飼われている牛や豚も、病気が広がらないように、殺して埋めることにしている。
何としても流行を食い止めなければならない。(読売新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-25 12:59 | 社会経済 | Comments(0)
<太りすぎは万病のもと3>

昨日、体内にたまっている脂肪酸は、紫外線や放射線などの作用で、異常物質に変わ
りやすい。これが、ときに遺伝子を傷つけ、細胞をがん化させる、というよなことを記述。
その続きです。

最近、海外で実施された複数の大規模調査で、この理論を裏付ける統計データも得ら
れた。肥満度(BMI)が30を超えていた人には、大腸、乳房、子宮、食道、腎臓などの

がんが、2倍も多かった。過剰な脂肪酸が問題だ。昔から風邪は万病のもとといわれ
てきたが、「太りすぎは万病のもと」と言い換えた方がよさそうだ。

ただ、病気になりやすいかどうかは、体質にもよる。研究室で男女607人を対象に5年
間、追跡調査したところ「血圧が上がりやすい体質」の人が肥満になると、将来動脈硬

化症になりやすいことが分かった。血圧が高い人は、太りすぎを積極的に解消しなけ
ればならない。減量になかなか踏み切れない人は、まず肥満の怖さをよく認識すべきだ。

(新潟大学・岡田正彦教授のほどほど健康術参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-24 12:35 | 整体と健康 | Comments(0)
<太りすぎは万病のもと2>

渋谷整体おじさん昨日、太りすぎが健康に良くないことは容易に想像できる。肥大化し
た脂肪細胞が、インスリンの効き目を悪くしたり、血圧を過剰に上げたりする、という
よなことを記述。その続きです。

インスリンは、糖分と脂肪酸をエネルギーに換える際に働く大切なホルモンで、健康に
与える影響も大きい。その結果、糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)という

3つの生活習慣病が起こりやすくなる。
糖尿病はインスリンが働かず、血液中に未消化の糖分がたまってしまう病気と考え

ればいい。この状態を放置すると、やがて血管が障害され、心筋梗塞や腎臓病、
眼底出血などが起きやすくなる。高血圧症と脂質異常症も、やはり心筋梗塞、脳卒中

など深刻な病気の原因となる。一方、体内にたまっている脂肪酸は、紫外線や放射線、
排ガスなどの作用でフリーラジカルという異常物質に変わりやすい。これが、ときに

遺伝子を傷つけ、細胞をがん化させる。
(太りすぎは万病のもと3へ続く、新潟大学・岡田正彦教授のほどほど健康術参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-23 16:08 | 整体と健康 | Comments(0)
<太りすぎは万病のもと>

「運動不足で少し太り気味ですが」などといいながら、店にきた中年の女性。
「もうこれ以上太らないように注意しないと」と自分に言い聞かせるようつぶやいて

いました。太りすぎが健康に良くないことは、容易に想像できる。しかし「何故?」と
改めて問われると、明確に答えるのは難しい。

最近、肥満に関する研究が急速に進み、健康との関係がいろいろ分かってきた。
太った人の体内で何が起こっているのだろうか。食事からとった余剰の栄養分は、
脂肪酸と呼ばれる物質に変わり、皮下や内臓周囲の脂肪細胞にたまっていく。

この肥大化した脂肪細胞がくせ者だ。様々な悪玉物質を分泌するようになる。
特にサイトカインと呼ばれる一連の物質は、例えばインスリンの効き目を

悪くしたり、血圧を過剰に上げたりする。
(太りすぎは万病のもと2へ続く、新潟大学・岡田正彦教授のほどほど健康術参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-05-22 09:28 | 整体と健康 | Comments(0)