道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

<味噌汁はがんを抑制>

渋谷整体おじさん味噌汁は旨いというだけではなく、健康管理に良いという
思いもあり、朝食には欠かさないよう心掛けている。

日本の伝統的な調味料の味噌、醤油。米や麦から作る麹に大豆と塩を合わ
せ、乳酸菌や酵母で醗酵させたもので、多様な効能を秘める。

味噌には、大豆の持つコレステロール低下、老化抑制といった効果のほか、
がん予防などに有効との報告も多い。1980年代の疫学調査では、味噌汁

を飲む頻度が高いほど、胃がんによる死亡率が低かった。厚生労働省の
調査でも、味噌汁を一日3杯飲む人は、1杯未満の人に比べて乳がんの
発生率が40%減少していた。

塩分が気になる人も多いが、味噌業界広報組織の味噌健康づくり委員会の
高梨委員長は、「味噌の塩分は、がんや高血圧を増やすことはない、という

研究結果が報告されている」と説明する。
(味噌汁はがんを抑制2へ続く、読売新聞参照)

* 味噌汁は、旨くて手ごろな、健康食
[PR]

by refresh_light | 2009-09-30 14:43 | 食べ物 | Comments(0)
<生活用品の標準化2>

渋谷整体おじさん昨日、様々な商品の形や大きさ、品質などを一定のルール
に沿って同じにすることが標準化で、身の回りには意外なほど多くの標準が

あり、生活を便利にしている、というようなことを記述。その続きです。
シャンプーとリンスの容器が同じで紛らわしいといった声が、目の不自由なひ

とから相談もあった。花王の研究所でいろいろ検討し、容器に触れれば区別で
きるようにシャンプーの容器にきざみを入れた。そして業界全体に呼びかけ

他社にも広がった。牛乳パックに切り込みがあるのは、ジュースなど他の飲み
物と区別するためのものだ。消費生活アドバイザー・コンサルタント協会の

古谷由紀子さんは、「企業側は客の意見やクレームにその場しのぎで対応す
るだけでなく、大きな視点から消費者全体の満足を考えた解決策を探るべきで、

標準化はその選択肢の一つ。特に生活の安全・安心に結びつく標準づくりの
余地はまだある」という。

また古谷さんは、食品に不都合があった場合に、明確な自主回収ルールが
ない。回収するかどうかは、企業が個々のケースで判断しているのが実情。

こうしたルールを標準として、消費者主導で作っていく必要があると言って
います。 (読売新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2009-09-29 12:20 | 社会経済 | Comments(0)
<生活用品の標準化>

使用していたパソコンの印刷機が故障し、これまでと違った機種に買い換え
たところ、従来使っていたトナーの交換(カセット式)がわずかにサイズが

違って使えず、在庫が無駄になってしまった。 でも、以前に比べるとこの
ようなことは大分少なくなってきたようで、いろいろなところで標準化が進ん
できたと思う。

様々な商品の形や大きさ、品質などを一定のルールに沿って同じにするこ
とが標準化だ。 身の回りには意外なほど多くの標準があり、生活を便利に

している。レバーを上げ下げして水を出したり止めたりする水道栓は、水が
出るのがレバーを上げた時か、下げた時かご存知ですか?

実は、上げた時に水が出るように統一されているのだ。このように、私達の
身の回りには、標準と呼ばれる決まり事がある。経済産業省の相澤幸一

環境生活標準化推進室長は、「標準は主に日本工業規格(JIS)で定められ、
現在約1万件が登録されている。水栓レバーもかっては上げ下げが混在

していたが、1997年に、現在のように統一された。例えば単3の乾電池と
いえば、形や大きさなどが決っていて、どのメーカーの製品でも同じよう

に使える。メーカー側にとっても売りやすくて好都合といえる。
(生活用品の標準化2へ続く、読売新聞参照)

* 便利さと、エコにつながる、標準化
[PR]

by refresh_light | 2009-09-28 13:13 | 社会経済 | Comments(0)
<サンマの旨味3>

渋谷整体おじさん昨日、落語に「目黒のサンマ」と言う題のものがあるが、
目黒は海に面しているわけでもないし、今では高級住宅街だ。そんな目黒
でどうしてサンマなのか、というようなことを記述。その続きです。

秋晴れの良い天気。徳川家光はお供を連れて、江戸郊外の名所である
目黒の不動尊辺りへ鷹狩に出かけた。久しぶりに遠出してお腹の空いた

お殿様、目黒の茶店で夕食をとることになった。急なことで用意のな
かった茶店の主人は、自家の惣菜に買っておいたサンマを出した。

当時のサンマは庶民の食べ物。初めてサンマを食べたお殿様は、その
旨さが忘れられず、城へ戻ってからもサンマを食べたがった。しかし、

城中のサンマは、何人もの毒見を通しているため、冷め切ってしまって旨く
ない。 「このサンマ、いずこで仕入れたか」

「はあ、日本橋は魚河岸でございます」
「なに魚河岸? それではいかん、サンマは目黒に限る」

お殿様でなくても、サンマは焼きたてのアツアツがうまいですネ。
(味の素資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2009-09-27 13:20 | 食べ物 | Comments(0)
<サンマの旨味2>

渋谷整体おじさん昨日、サンマは痩せているものより、太っているものがいい、
というようなことを記述。その続きです。

今では、魚を焼くときに七輪を使うことはほとんどないが、サンマほど七輪で
焼く光景が似合う魚はない。七輪で焼く場合は、強火の遠火で焼くのがいい。
そして、団扇で扇ぐ時にもコツがある。

サンマ、ウナギ、アジ、イワシ、アユなどは、煙を身に絡ませてくんじょうする
ように焼き上げる。落ちた脂肪から火を立てないように、煙を上手に魚にから

めながら焼き上げるのがよい。ただ扇ぐだけでなく、団扇の風圧で炎を立て
にくくし、火に向けて上から下へ叩くようにするのがコツ。

これだけでグンとおいしくなるもの。さて、落語に「目黒のサンマ」と言う題の
ものがあるが、目黒は海に面しているわけでもないし、今では高級住宅街だ。

そんな目黒でどうしてサンマなのか。
(サンマの旨味3へ続く、味の素資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2009-09-26 14:01 | 食べ物 | Comments(0)
<サンマの旨味>

渋谷整体おじさんサンマは大好物で、特にキツネ色に焼けたサンマは格別。
私の育った信州の田舎には海がなく、たまに口にする魚のなかでもサンマは
貴重なもので、とても旨かった思い出がある。

「秋刀魚」という文字をあててサンマと読ませるように、サンマは秋の代名詞の
ような魚。姿もすらりとスマートで、色もぎらりと抜き身の刀のようだ。

秋の季節感とサンマの特徴をよくとらえた秀逸な当て字ですネ。
サンマは水温が摂氏13度C以下の冷たい水を好む魚で、オホーツク海から

北海道、三陸、房総沖を回遊している。秋になって寒流が日本列島の南部ま
で張り出してくると、この流れにのって産卵のために群れをなして南下してくる。

8月の中旬、北海道の沖合いにいるころは、まだ脂の乗り具合も悪く痩せ
細っているが、9月下旬から10月初めにかけて三陸沖にさしかかる頃には、

餌を十分に食べて太り、脂肪もグンと増えて栄養価の高いおいしいサンマに
なる。 手に入れるときは痩せているものより、太っているものがいい。 

また、尾の付け根のところが黄色くなっているものは、栄養の良いサンマの
ようだ。 (サンマの旨味2へ続く、味の素資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2009-09-25 14:21 | 食べ物 | Comments(0)
<東急文化会館跡地の高層ビル着工3>

渋谷整体おじさん昨日、副都心線と東急東横線の相互乗り入れが12年度
中に実現した後、東急東横店が入っている今の駅ビルを取り壊して、

南側に建て替える計画があり、JR東日本、東京メトロ、東急電鉄などの
地権者が調整を進めている、というようなことを記述。その続きです。

これらに合わせ、ハチ公広場の拡張や、南側に離れているJR埼京線の渋谷
駅を、山手線と並列させる計画もある。駅ビルとは別に、東横線の地下化に

伴って空く国道246号の南側の土地約6000平方メートルに新ビルを建設
する計画も立てている。

日本では先月、衆院選により政権交代があった。 そのため国の予算の使わ
れ方が大幅に変更になりそうだ。ハコ・モノづくり中心から、人づくり中心に

変わるようだ。 そんなことも考えると、国などの予算が一部投入予定に
なっている渋谷周辺大規模再開発計画は、予定通りに進むかどうか、流動的
な部分があると整体おじさんは思っている。(日本経済新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2009-09-24 12:51 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<東急文化会館跡地の高層ビル着工2>

渋谷整体おじさん昨日、2012年春に開業予定の東急文化会館跡地の高層
ビルは、地上34階地下4階建て、というようなことを記述。その続きです。

この新ビルは、プラネタリウムや映画館が入っていた東急文化会館の特色を
引き継ぎ、2000客のミュージカル劇場や、展覧会などを開催するための

ホール、ファッションデザイナーらの教育施設といった文化施設を中層部に入
れる。高層階はオフィスとして貸し出し、低層部には東急百貨店が新店舗を

出す。当面は東横店と並存させるようだ。 新ビル建築に続き、渋谷駅周辺で
は再開発計画が目白押し。副都心線と東急東横線の相互乗り入れが12年度

中に実現した後、東急東横店が入っている今の駅ビルを取り壊して、南側に
建て替える計画があり、JR東日本、東京メトロ、東急電鉄などの地権者が

調整を進めている。
(東急文化会館跡地の高層ビル着工3へ続く、日本経済新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2009-09-23 12:35 | 社会経済 | Comments(0)
<東急文化会館跡地の高層ビル着工>

渋谷駅周辺の開発計画については、店へくるお客さんからもいろいろ聞かれ、
これまでブログでも数回記述した。そして、読んでいただいた方から貴重な
コメントも頂いた。 

今回は、渋谷駅東口の東急文化会館跡地周辺開発計画等について、新たに
公表されたものを紹介したい。

開発計画のうち、東急文化会館跡地の高層ビル建設について、東急電鉄など
7社はこの夏、ビルの着工を発表した。2012年春に開業するこのビルは、

地上34階地下4階建てで、事業費は東急電鉄負担分だけで約1000億円。 
周辺を含めた再開発総事業費は1兆円規模で、期間は20年以上かけて行う
ようだ。渋谷駅周辺の再開発の第一弾となる。

ビルは東急電鉄のほか東京メトロ、東宝不動産など地権者7社が事業主体と
なる。文化会館跡地9640平方メートル、延べ床面積14万4000平方

メートルの高層ビルだ。地下では副都新線渋谷駅とつながり、低層階には
JR渋谷駅との歩行者通路を設けるなど交通アクセスに配慮。東急電鉄では

「渋谷再開発のリーディングプロジェクトと位置付けている」という。 
(東急文化会館跡地の高層ビル着工2へ続く、日本経済新聞参照)
[PR]

by refresh_light | 2009-09-22 12:59 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<激しさ増す電池3>

渋谷整体おじさん前回、究極のエコでもある電気自動車はまだ高コストだが、
今後更なるコストダウンの道を追求している、というようなことを記述。

その続きです。現在、リチウムイオン電池の課題は、徐々に克服されつつある。
家庭のコンセントから充電できる次世代のブラグイン・ハイブリッド車では、

リチウムイオン電池を搭載する可能性もある。リチウムイオン電池では世界中
が競争になっているが何処の国が強いのか。携帯電話用などの世界シェア

では、三洋電機やソニー、パナソニックグループなど日本企業が上位を占める。
新たな市場の自動車用を巡っては、トヨタ自動車がパナソニックと三洋、

日産自動車がNECと組むなど、自動車メーカーと電池メーカーの提携関係が
明確になりつつある。

現状、リチウムイオン電池に代わる2次電池は見当たらない。中国や韓国の
企業が追い上げてきているが、当面の電池市場は日本企業を軸に動きそう。

(日本経済新聞参照)
* 究極の、エコに期待の、電気自動車
[PR]

by refresh_light | 2009-09-21 12:23 | 社会経済 | Comments(0)