道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2008年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

<おばあちゃんの知恵>

整体おじさんの店へ来た主婦が、施術のあとコーヒーを飲みながら話してくれました。 以前か

らいわれている「おばあちゃんの知恵袋」は、いろいろなことが参考になり、時代が変っても十分

役立つものが多く、日常生活の中で主婦はとても助かる、と言っていました。 イースト・プレス

刊「知って得する、おばあちゃんの知恵袋」を参考に、いくつか紹介したい。

* 冷蔵庫に入れない方がいい野菜・・・ジャガイモや薩摩芋は、冷蔵庫に入れずに、新聞紙に

包んで保存しておくとひからびにくい。 タマネギも冷蔵庫に入れるよりも、軒下などに吊るして

おいたほうが長く保存できる。

* ジャガイモを早くゆでるテクニック・・・ジャガイモを早く柔かくゆでたいときは、イモの中心に

金串を刺してゆでると良い。 金串から熱が伝わり、短時間に芯までほっこりとゆで上がる。

* 掃除機も掃除をしないと吸引力が低下・・・掃除機のロールブラシに、毛髪などが絡みついて

いると、空すべりが多くなり、吸引力が低下。ゴミタンク(袋)の取り替えだけでなく、こまめにロ

ールブラシの点検・掃除も大事。  (おばあちゃんの知恵2へ続く)
[PR]

by refresh_light | 2008-02-29 14:54 | 社会経済 | Comments(0)
<長ネギの薬効 2>

長ネギの薬効 からの続きです。 整体おじさん昨日ネギの原産地は中国かシベリアで、関東

と関西ではネギの好みは違うというようなことを書きました。

関東の白ネギに対して、西日本は耕土が浅いので土寄せしないで育て、葉を食用にする葉ネ

ギが主流。  また、ネギは日本でも中国でも、良い例えに用いられてきました。  例えば、江

戸時代の大和本草(やまとほんぞう)という書物には、死人の鼻や耳に入れると甦るとまで記さ

れ、超科学的な薬効が信じられていたようです。

独特な刺激臭は、硫化アリルといい、消化液の分泌を促し、ビタミンB1の吸収を助け、内臓の

働きを活発にして血行を良くするといいます。 また、体の中の老廃物を排除して血液のめぐり

を良くするのにも役立つようです。 今でも風邪をひいたときなどには、ネギをたべると良いと言

われていますが、辛味成分には発汗作用を促す働きもあるので、体を内側から暖めて風邪を

治してくれるといいます。

ネギのことを、食べる薬、即ち薬味と呼ぶのはとても的を射たピッタリの表現といえます。 田舎

のお袋が風邪の時にネギ、といっていた理由が何十年もたって分かったような気がします。
[PR]

by refresh_light | 2008-02-28 12:27 | 食べ物 | Comments(0)
<長ネギの薬効>

渋谷整体おじさん、子供のころ風邪をひいたとき、母親からネギの味噌汁をたっぷり飲めば風

邪薬になる、といわれ理由も分からないまま飲んだものです。

時には、ネギを細かく刻み布に包んで、首に巻いてくれたこともありました。ネギの効果かどうか

分からないうちに、風邪は自然に治っていたような記憶が。 ネギの薬効は本当にあるようで

す。ネギの原産地は中国西部またはシベリア地方といわれ、中国では3000年以上の歴史を

持つ古い野菜。 中国西部に葱嶺(そうれい)という山脈があり、そこでお釈迦様は行をされたと

いいます。 ここには、野生のネギが沢山あったので、仏教のことを葱嶺教とも言ったようです。

日本に伝来したのはかなり古く、神武、応神、仁徳という初期の天皇の詠んだ歌に、ネギが出て

くることから、紀元前からあったものと想像されます。 江戸時代中期には重要な野菜として日

本全国で栽培。 根の白い部分の長い「根深ネギ」(白ネギ)は関東好み、緑色の葉の部分を使

う「葉ネギ」(青ネギ)は関西好みといわれ、これは文化の違いなどと語られることも。

耕土や気候の違いでネギの種類が分かれたようです。 東日本では耕土の深いところで作ら

れ、寒さに耐えるよう根元に土寄せするので、厳冬期に土の中でじっくりと白く長く育ったネギ

が。 (長ネギの薬効 2へ続く)
[PR]

by refresh_light | 2008-02-27 12:55 | 食べ物 | Comments(0)
<松涛の白梅>

渋谷整体おじさん以前ブログでも記述しましたが、渋谷の松涛町は都内随一の高級住宅街。 

それぞれの屋敷の面積が広く、立派な庭と個性的なレンガつくりのような家屋が多い。 そして、

重厚な感じの長い塀に囲まれていて、要所にはしっかりと防犯カメラが。

財界、政界、芸能界などの著名な方が住んでいるという話は、お客さんから聞きますが、本当

の事は良く分かりません。 表に表札を掲げていないところもあり、あっても小林、山本、高橋な

どと姓のみのところが多く、安全対策なのでしょうか。

2月25日、用事で松涛一丁目の都知事公館、大山稲荷、観世能楽堂辺りを歩いたところ、年輪

を感じさせる巨木に白梅が満開で、今年も確実に春になったことを告げていました。 観世能楽

堂の庭園では、梅や桜の花を毎年楽しませてもらっていますが、紅梅が咲く梅の木には、今年

も大きな蕾が一杯。 3月上旬頃になれば、満開に咲い紅梅を観られるのではないか、と妻と語

り合いました。
[PR]

by refresh_light | 2008-02-26 12:22 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<にんじんの旨み 2>

にんじんの旨み からの続きです。

渋谷整体おじさん昨日、にんじんの日本伝来、朝鮮にんじんとの違いなど歴史的なことを記述

しました。にんじんは漢字で人参と書きますが、これは朝鮮人参の根が、人間の頭や手足をくっ

つけたような形をしていて、まるで何人かの人が参集したよう、ということから、「人参」となったよ

うです。

江戸時代後期に西洋にんじんが渡来し、明治初期には品種改良が徐々に進み、日本の風土に

馴染んだ品種が相次いで生まれ、西洋系品種が主流に。 渡来した西洋系にんじんの最初の

栽培は、江戸後期に長崎で行われ、東洋系の細長いにんじんと比べ丈も短かったことから、

「長崎五寸」と名付けられた。  にんじんは比較的短い期間に日本全国に広まり、江戸時代の

「農業全書」では、菜園に欠くべからずとして栽培を勧め、江戸時代の主要な野菜のひとつにな

りました。 にんじんは煮物などの和食にも良く合い、洋食や中華にも合うので重宝な野菜。

ベータカロチンの含有量が多く、ビタミンAをはじめとするビタミン類も豊富。

また、カロチンは脂溶性なので、油と組み合わせて調理することで、6~10倍も吸収率が良くな

るといいます。 こようなことから、きんぴら、天ぷらなどの料理は、とても利にかなった食べも

のといえそうです。

渋谷整体おじさん、今夜あたり人参を使った天ぷら料理で、一杯やってみたくなりました。
[PR]

by refresh_light | 2008-02-25 14:34 | 食べ物 | Comments(2)
<にんじんの旨み>

馬はにんじんが大好きで、目の前に「にんじんをぶら下げる」と、俄然元気になり馬力を出す。

この言葉は人に対しても使われ、やる気を起こさせるときなどに用いられます。 渋谷整体おじ

さん子供の頃田舎で、畑から収穫したばかりの生のにんじんを、土を落してそのままかじったこ

とがあります。 こりこりした感じで甘く、とても旨かった思い出が。 整体おじさん干支は、ウマ

(午)でなくウシ(丑)ですが、にんじんは今でも大好物。

にんじんの第一次原産地は、アフガニスタンと言われています。ヒマラヤ山脈やカラコルム山

脈につながるヒンズークシ山脈の、北側のにんじんは黄色が多く、次第に西に伝わり、15世紀

までにはヨーロッパに到達、西洋系にんじんに。 一方、山脈南側のにんじんは白、赤、黄、紫

など色も多彩で、細長く、13世紀頃中国に伝わり、東洋系にんじんと呼ばれていました。

日本への渡来は16世紀頃と言われ、中国から東洋系の細長いにんじんが入ってきたようで

す。 日本に古くからあった薬用の朝鮮にんじんと根の形が似ていて、葉はセリ(芹)に似ていた

ことから、朝鮮にんじんと区別するため芹人参と呼ばれていました。

(にんじんの旨み 2へ続く)
[PR]

by refresh_light | 2008-02-24 13:05 | 食べ物 | Comments(0)
<桃の節句の行事>

小さな女の子を持つ主婦が店に来て、お雛様の話をしていきました。

毎年「桃の節句」の3月3日には、茶の間に雛壇をつくりお雛様を飾っているが、子供達も手伝っ

てくれるという。 ダンボールからお雛様を取出し、これはどの段に並べるの、などと言いながら

楽しそうに雛壇を親子でつくるのだといっていました。 渋谷整体おじさん、話を聞いているだけ

で、雛壇の様子が目に浮かび、幸せそうな家庭を連想しました。

日本は古来より、春夏秋冬の美しい自然と海の幸、山の幸に恵まれています。季節の節目ごと

にささやかなご馳走をこしらえ、年中行事を営んで来ました。

桃の節句は、そもそも「曲水の宴」とも言われる古代朝廷で行われた、宮中行事から始まったも

の。 「曲水の宴」とは、庭園などを曲がり流れる水に、上流から杯を流し、自分の前を通り過ぎ

ないうちに詩歌を披講する宴のこと。 

やがてそれが、人型の紙を水に流し、健康を祈って厄払いするお清めの節句に変わっていった

ものです。現在のように雛人形を飾るようになったのは、室町時代から。雛のように小さな人形

ということで、当初は女性だけのお祭りというわけではなかったようです。 女性を意味するハマ

グリやアサリ、シジミなどの二枚貝が、おいしくなる季節だったこともあり、女性を象徴する食べ

物と行事が一緒になって、女性のお祭りに変化したらしい。  この日には、白酒、白粥、かやく

ご飯などが食されます。   (参考図書・・服部幸應著 食育のすすめ)
[PR]

by refresh_light | 2008-02-23 15:04 | 社会経済 | Comments(0)
<銚子の醤油と電鉄>

渋谷整体おじさん以前、銚子へ宿泊の旅をした時、ある醤油会社の工場を見学したことがあり

ます。事前連絡もせず、突然妻と2人で醤油を造っている工場を訪問したところ、責任者といわ

れる方が、とても親切丁寧に工場内を案内してくれた上、帰りには造った醤油まで土産にいただ

き、銚子の旅の良き想い出となっています。

そして、乗車したローカル電車の銚子電鉄が忘れられません。 その後、インターネットなどで

「廃線から救え」と話題になったのを契機に、この銚子電鉄は、鉄道ファンの枠を超えた大ブー

ムに。 大正時代から市民の足として活躍してきた銚子電鉄は、現在でも単線のまま。

車窓の向こうには、古き良き日本を思わせる懐かしい風景が広がり、自転車でも追い越せそう

な、のんびりしたスピード。 でも、これがまた逆に何ともいえぬ風情がたっぷり。 菜の花をは

じめとする季節の花々が、時おり線路際をいろどり、一足早い春の訪れを感じさせてくれます。

駅舎も年季の入ったものが多く、次の駅が楽しみな感じ。江戸時代から続く醤油の街として知ら

れる銚子だけに、駅のベンチにも地元の醤油ブランド名が。どこかレトロな雰囲気。  また、こ

のあたりの名物に「ぬれ煎餅」があり、醤油の香ばしい香りが後を引くという逸品の人気商品。 

醤油は地元産で、タレのうまみが違うとの評判。 日本で一番東に位置する銚子。サカナも美味

くもう一度いってみたいと思うところです。
[PR]

by refresh_light | 2008-02-22 12:17 | 田舎 | Comments(0)
<原油高はどうなる>

電力会社などが発電する場合の電源別コストは、環境問題や化石燃料の枯渇などとの関連も

あり、渋谷整体おじさん日頃から気になっています。

また、消費生活アドバイザーの勉強会などでも、電力資源の有効活用、賢い消費などの観点

からよく議論になります。 東電の試算によれば、石油や天然ガスを使う火力発電は、07年度

上半期で、1キロワット時あたり9.6円。 これは02年度から見れば約30%の上昇。

原子力発電は同期間ほぼ横ばいで、6円。 水力は同期間10%強下がって6.5円。 火力発

電コストの独歩高が目立ちます。  火力のコスト上昇は、家庭の電気料金に、少し間を置いて

跳ね返るもの。 これは、化石燃料の価格変動が3ヶ月ごとに、自動的に料金に反映する「燃料

費調整制度」があるため。 02年4~6月に、6,418円だった東電の一般家庭向け月間料金

は、07年1~3月は6,504円。

この間、日本の原油輸入価格は3倍。 意外にも電気代は86円(1.3%)しか上がっていない

が、この理由の一つは、電力会社が進めてきた電源多様化の成果といえます。 第一次石油

危機の1973年に東電の石油火力依存度は、70%以上。 それが現在は10%程度に。 原子

力や割安な天然ガスが増えた分、原油高の影響は緩和。 

2月20日、原油価格がついに1バレル101ドルを突破。 経済専門家の中には、今後世界の投

機資金も流れ込み、そう遠くないうちに120~150ドルもありうる、といっています。  未知の領

域に踏み込んだ原油高、一体どうなるのか消費者は気になりますネ。
[PR]

by refresh_light | 2008-02-21 13:02 | 社会経済 | Comments(0)
<旨くなった水道水 2>

渋谷整体おじさん昨日、東京の水道水は以前、カルキの匂いなどして旨いとはいえず、飲料水

はぺットボトルのものを飲むことが習慣となってきた、というようなことを記述しました。今日はそ

の続きで、水道水がおいしくなった理由を調べてみました。

東京都水道局では、安全でおいしい水プロジェクトの一環として、より安全でおいしい水を提供

するため、「高度浄水施設の整備」を実施。 高度浄水処理については、渋谷整体おじさん昨年

のブログでも取り上げたことがありますが、一口でいえば、通常の浄水処理、即ち、沈殿・ろ過・

消毒では十分に対応できないものを、高度な浄水処理をするというもの。 これは、カビ臭の原

因となる物質や、カルキ臭のもとになるアンモニア態窒素などを取り除き、トリハロメタンのもと

となる物質を減少させることです。

東京都では、高度浄水施設の整備の整備を、計画を前倒しで進めているようですが、平成25

年度までに利根川・荒川水系の全浄水場において、取水量の全部を高度浄水処理できるよう整

備を進めていく計画。

渋谷整体おじさん時々、蛇口から出る水道水をコップに注ぎ、そのままごくりと飲んでみます

が、以前のようなカルキの匂いはなく、ペットボトルと同じように飲むことが出来ます。
[PR]

by refresh_light | 2008-02-20 14:51 | 社会経済 | Comments(0)