道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

<エコロジーを追求する東芝>

東芝が地球温暖化防止と、エネルギーの安定供給の両立を目指し、三つの柱を掲げ技術開発

に取組んでいます。 そして、エコロジーを追求し地球の負担を減らすことを宣言しました。 当

社は電機会社の中でも業績の回復が著しく、渋谷整体おじさん、この会社のエコの取組みに対

し、声援を送りたい。

一つ目は、世界の電力供給の約70%を支えている「火力発電の効率化」。 同じ燃料消費量で

より大きな発電量を売るために、発電タービンを回す蒸気やガスの高温化を目指し、発電効率

を飛躍的に向上。 従来システムに比べて約25%のCO2排出量削減を達成しています。  

二つ目は「原子力発電の安全な推進」。 原子力発電は、発電過程でほとんどCO2を出さない

大規模発電システム。 さらなる高度な保全対策技術を確立し、プラントの安全な稼動に貢献し

ていきます。 三つ目は、「再生可能エネルギーの利用促進」。 水力・風力・地熱など、CO2を

出さないクリーンエネルギーの開発と普及を進めています。

エネルギーの安定供給と地球温暖化防止の両立は、東芝に与えられた「地球内企業」としての

責任だと考えているようです。 そのため、エネルギーをつくる時から使う時まで、一貫してエコ

ロジーを追及し、地球の負担を減らよう努めています。
[PR]

by refresh_light | 2007-09-30 13:48 | 社会経済 | Comments(0)
<秋刀魚>

渋谷整体おじさん、サンマは大好物の魚。 特に子供の頃、炭を使って七輪で焼いた、キツネ色

のさんまの味は忘れることが出来ません。

サンマと言えば秋の代名詞のような魚。姿もすらりとスマートで、色もギラリと抜き身の刀のよ

う。 秋刀魚と書きますが、秋の季節感とさんまの特徴を良くとらえた秀逸な当て字。  サンマ

は水温が摂氏13度以下の冷たい水を好む魚で、オホーツク海から北海道、三陸、房総沖、を

回遊しています。

秋になって寒流が日本列島の南部まで張り出してくると、この寒流にのって産卵のために群れ

をなして南下してきます。 北海道の沖合いにいる8月中旬は、まだ脂の乗り具合も悪く、やせ

細っていますが、9月下旬から10月はじめにかけて三陸沖にさしかかる頃には餌を十分に食べ

て太り、脂肪もグンと増えて、栄養価の高いおいしいサンマになります。 サンマを選ぶ時は、大

きくて痩せているものより、小さくても太っているものを選ぶのがコツのようです。 また、尾の付

け根のところが黄色くなっているサンマは栄養の良いサンマと言えるようです。 もし可能なら

ば、庭で七輪を使って、団扇で扇ぎながら強火の遠火で焼くサンマは、煙も絡まってもう最高の

味。
[PR]

by refresh_light | 2007-09-29 13:59 | 食べ物 | Comments(0)
<渋谷駅前に高層ビル>

渋谷整体おじさん、今年9月3日のブログで「渋谷駅周辺の再開発」について記述しました。 そ

の後9月20日東京急行電鉄から、渋谷駅前に188メートルの高層複合ビルを建設する計画

が、周辺住民に説明されました。  そこで、今回新たに説明された再開発の概要について、紹

介したいと思います。

建設場所は、渋谷駅東口にある旧東急文化会館跡地。敷地面積は約9640平方メートル。地

上33F、地下4F、地下から地上7Fまでは物販・小売店が入居。 15F以上はオフィスで、延べ

床面積は約14万3千平方メートル。 投資額は500~800億円。  旧文化会館の伝統を引き

継ぎ、2千人収容の国内最大級となるミュージカル専用劇場の設置。  有楽町の東京宝塚劇

場や丸の内の帝国劇場に並ぶ規模とし、ブロードウェーの本格ミュージカルなどを上演する予

定。  大地震などの災害の際には、東京都西部や神奈川県への帰宅困難者6千人が、一時

避難できるようにするため、飲料水、非常食、毛布などを備蓄。 普段は「エキシビションホール」

として、区民などが使用。社会人などが学びの場とする「アカデミー」も設置。 公共施設の設

置で、容積率規制の緩和を受け、高層建設が可能となったようです。
[PR]

by refresh_light | 2007-09-28 13:35 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<耐久消費財市場は成熟?>

わが国の乗用車普及率(所有している世帯数の割合)が高まり、下記の通り過去一年間の普及

伸び率はゼロで、成熟市場なっていると知って、渋谷整体おじさん今後の消費動向が気になり

ます。  世界市場ではトヨタの乗用車売上高は今年、アメリカのGMを抜いて世界でトップにな

ることがほぼ確実のようで、業界の輸出は絶好調の状況です。

でも国内は普及率が高まって成熟市場になっているのですネ。  成熟市場とは、商品が行き

渡り消費が飽和しつつある市場のこと。 内閣府の消費動向調査によると、携帯電話や乗用車

などは、普及率が既に8割を超えています。

自動車など耐久消費財は買い替えサイクルも延び、市場の成長が頭打ちになってきました。 

消費が活発な時代は、平均的な商品を安価に提供すれば、企業の売上は増えました。 成熟

市場が広がる中、企業にとっては購買を喚起する斬新な機能や価値の提案が欠かせません。

薄型テレビのように革新的な技術で、魅力ある製品を開発すれば、新たな市場を創造できま

す。  主な耐久消費財の今年3月末の普及状況は、次のようです。     

<内閣府の消費動向調査による。( )内は過去一年間の普及増加率です。>

携帯電話・・・88.0%(2.7)、 乗用車・・・83.9%(0.0)、 パソコン・・・71.0%(2.7)、

デジタルカメラ・・・58.9%(5.2)、 薄型テレビ・・・29.4%(9.6)
[PR]

by refresh_light | 2007-09-27 12:53 | 社会経済 | Comments(0)
<地球に熱を蓄え、循環活用>

渋谷整体おじさん、地中熱利用促進協会理事長の浜田真之氏が述べていた、熱を貯金して冷

暖房に利用する、という構想に大変興味を持ちました。  日経新聞で報道された小さな記事で

すが、エネルギーの少ない日本で、実用化が進めばいいですネ。

地下に百メートルほど井戸を掘り、不凍液を循環させる管を埋め込みます。地中の温度は年中

摂氏15度程度で安定しているため、熱を移動させるヒートポンプで、夏は地上の熱を地下に逃

がし、冬は地下の熱を取り出す仕組み。屋外に熱風を吹き出すエアコンよりも環境にやさしく、

電力の消費も少なくなります。「地球は熱の貯金箱。温泉のないところにも熱はあり、どこでも

利用できる」のが利点。 でも地質が複雑で土地も狭い日本では、井戸の掘削費が高く、家一

軒分の冷暖房や給湯のシステム整備に5百万円前後かかるのが難点。  地中熱ヒートポンプ

が数十万台も普及する米国やスウェーデンに対し、日本ではまだ百台。 協会では初期投資

も、省エネ分で長期的に回収可能と試算していますが、家庭に普及するにはまだまだ値段が高

いようです。  量産効果や補助制度の新設で「クルマ一台分程のコストに引き下げられない

か」と策を練っているようです。
[PR]

by refresh_light | 2007-09-26 13:25 | 社会経済 | Comments(0)
<西郷山公園の初秋>

渋谷整体おじさんの店の近くにある西郷山公園。 

渋谷の旧山手通りと246号線の交差点から、旧山手通りに沿って、
南平台町 →鉢山町 →猿楽町と歩いて行くと、途中鉢山町辺りで道路
(旧山手通り)を、挟んだ反対側に、この公園は位置します。 

以前ブログで記述したことがありますが、公園は目黒区の管轄で、
目黒の管理事務所が管理を実施。 

初秋の公園の木々は、まだ紅葉には間があり、桜の葉などは青々と生きが良く、 今
年の9月下旬まで続いた夏のような気候が影響し、秋を遅らせているのかと思いました。 


9月24日、秋分の日の公園は、愛犬を連れて散歩する家族や、
カップルの風景があちらこちらに。  お婆ちゃんと、その息子と思われる夫婦が、
それぞれの愛犬を連れ、家族ぐるみの散策。 

愛犬は現在人気のトイプードルとチワワか、大喜びではしゃぎまくる小さな2匹の、
可愛いいワンちゃん。 

昨日あたりから東京地方の気候が、すっかり秋らしくなったため、
公園を散歩する人は普段に比べグッと増えた感じ。 帰路、ファミレスで妻と小休憩。 


初秋の信州で採れた葡萄・巨峰の、アイスジュースを飲んだところとても美味く、
子供の頃よく遊んだ葡萄園のことが想い出されました。

a0077674_1563065.jpg
[PR]

by refresh_light | 2007-09-25 12:35 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<マンションの資産価値 2>

マンションの資産価値 からの続きです。  マンションの管理は通常、住民で組織されるマンシ

ョン管理組合が行うのが一般的。しかし、管理組合の代表は、生活を営みながら管理の労を負

ったり、意見をまとめたりするのは大変なことです。 

そこで、マンションの管理業務は一般的に、専門の管理会社に委託することが多くなっていま

す。  委託を請けた管理会社は、マンションに管理人を派遣し、共用部分の清掃、ゴミの処

理、エレベータ・給排水・防犯・貯水槽などの設備や装置の点検や改善、場合によっては管理

費の徴収などの業務についても、管理組合と管理会社が委託契約を結んで実施します。  ま

た、概ね10年サイクルで実施する大規模修繕などは、建物のハード面の知識を持ったプロの

サポートが必要になります。

更に、管理組合の運営といったソフト面でも、手馴れた経験者を内部から選任する必要があり

ます。 これらが困難な時には、外部のアドバイスも求めなければなりません。

また、管理費などの支出を、間違いなく適正に行うには、管理組合の理事会で話し合うことはも

ちろん、信頼出来るバートナーとしての、管理会社を選ぶことが大変重要になります。

総会については通常、管理規約に基づき年一回総会が開催され、前年度事業報告・収支決算

報告・監査報告・次年度事業計画・収支予算計画・その他議案などが審議、決議され、議事録

を作成し残しておきます。

なお、総会の議長は規約に基づき、理事長が行うのが一般的です。 こんな話をしていたら、男

性客は一言、「大変なことを引き受けちゃった、私に務まるかどうか」と。
[PR]

by refresh_light | 2007-09-24 12:43 | 社会経済 | Comments(0)
<マンションの資産価値>

渋谷整体おじさんの店は、マンション1Fで店舗になっています。  マンションを終の棲家にす

る人はもちろん住み替える人も含め、関係者にとって自分が住んでいるマンションの資産価値

が、経年劣化するのは切実な問題。 マンションは管理を怠れば、急速に建物の劣化や設備の

旧式化が進み、たちまち価値が低下してしまいます。

過日、久しぶりに来店した年配の男性客から、「自分の住んでいるマンションの理事長になって

しまった。 定例総会も近く、経験している整体おじさんにいろいろ聞きたい」と言われました。 

整体おじさん、その男性客とは昔からの友人で、サラリーマン時代の先輩であったことから、

「マンションについてそう詳しいわけではありませんが」とお断りした上で、これまで経験したマン

ションの管理のあり方や総会の対応等について、整体施術が終わったあとお話しました。 (マ

ンションの資産価値 2へ続きます)
[PR]

by refresh_light | 2007-09-23 14:29 | 社会経済 | Comments(0)
<ジェネリック医薬品って何>

渋谷整体おじさん仕事の関連で健康のことについて、いろいろ質問されることがありますが、ジ

ェネリック医薬品もその一つです。

最近、ジェネリック医薬品が注目を集めていますが、その背景にあるのは、高齢化が進み国民

の医療費が増え続けていることです。国は医療費を減らすための施策として、価格の安いジェ

ネリック医薬品の普及に力を入れ始めました。

ジェネリック医薬品とはどんな薬なのでしょうか。 通常、新しく開発された薬(先発医薬品)に

は、特許期間があり、この特許が切れると他のメーカーが、同様の薬を作って販売することが

出来ます。 開発費がかかっていないため、先発医薬品よりも安く販売出来るのが、ジェネリッ

ク医薬品。 ジェネリック医薬品の価格は、先発医薬品の  2~7割位と、国が薬価で決めて

います。 日本では、医師が処方する薬はほとんどが先発医薬品です。  しかし、06年4月か

ら処方箋方式が変わり、医師のサインがあれば、ジェネリック医薬品に変更することが出来るよ

うになりました。 患者が医師に、「ジェネリック医薬品を希望します」と伝えれば、医師は処方箋

にサインし、薬剤師が希望に添って処方してくれるようになりました。

ジェネリック医薬品にすれば、健康保険でも窓口で支払う医療費は安くなりますよネ。
[PR]

by refresh_light | 2007-09-22 14:22 | 整体と健康 | Comments(0)
<渋谷の秋を歩く>

道玄坂の繁華街の片隅でも、コスモスの花が咲いたり、柿の実が黄ばんできたりするのを眺め

ると、小さな秋を感じます。9月20日渋谷整体おじさん、万歩計付きの携帯電話を腰のポケット

に入れ、朝、久しぶりに代々木公園を散歩。 

昼、帰って万歩計を見たら6855歩。 8千歩位歩いたと思っていたのに、歩数はなかなか伸び

ないもの。  でも、暑い暑いといいながらも、公園の奥の方では大きな秋を実感することが出

来ました。

今年は9月下旬なのに真夏のような気候。今日渋谷は晴天、昼の気温は31度、湿度

45度。 外に出ると紫外線が強く、帽子無しで半日も外にいたら、もうガングロおじさんに。それ

でも公園の大きな樹の下へ行けば、吹く風は何となく涼しく、確実に秋の気配を感じることが出

来ました。 銀杏の樹の下にはギンナンの実、コナラやクヌギの樹の下にはドングリが。

ドングリはまだ青みがかっていましたが、記念にいくつか頂戴してきました。 

一方、公園の噴水広場周辺では、夏のビーチのような光景があちこちで見られ、芝生の上に仰

向けになった若者が、裸になって海水パンツ一つで日焼けを楽しんでいる姿。 渋谷整体おじ

さん、代々木公園から、夏を感じる人・秋を感じる人それぞれの様子を報告いたしました。
[PR]

by refresh_light | 2007-09-21 13:32 | 道玄坂周辺 | Comments(0)