道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

<地下鉄13号線いつ開通 2>

地下鉄13号線いつ開通 からの続きです。

2008年6月開通予定の地下鉄の正式名称は 「副都心線」とすることがメトロ(東京地下鉄)か

ら過日発表され、渋谷~池袋間の駅名も、明治神宮前~北参道~新宿3丁目~東新宿~西早

稲田~雑司が谷~池袋となるようです。

2012年には、東急東横線と副都心線が相互直通運転する計画があり、そうなると東横線~山

手線~東武東上線がつながり、乗り換えずに、横浜方面から渋谷~池袋~成増~川越など埼

玉方面へ、行くことが出来、大変便利になります。  

また、通勤ラッシュ時に、山手線と埼京線で最も混雑する区間は、池袋~渋谷の間と言われて

います。 副都心線が開通すればこの間のラッシュ緩和になります。 

渋谷駅周辺の商店の一部には、渋谷が通過駅となって今より客が減るのでは、と心配する人も

いるようですが、地下鉄工事に併せ、JR渋谷駅や東横百貨店の大改装、旧東急文化会館跡地

への高層ビル建築、東急東横線渋谷駅ホーム跡の再開発など、渋谷駅周辺の大規模開発も

進められているようですから、整体おじさん、渋谷への来客は増えるのではないか、と期待して

います。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-28 11:12 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<地下鉄13号線いつ開通>

整体おじさん、お客さんから良く質問されます。  渋谷駅周辺で何か大きな工事をやっている

けど、一体何が出来るのでしょうねと。 整体おじさん詳しいことは分かりませんが、いろいろな

会議での情報、新聞などの報道、自分で工事を見ている様子などから次のように話していま

す。 JR渋谷駅東口を出るともうそこは明治通り。 

その道路の下を地下鉄13号線が新たに建設されるため、現在、大きなクレーン車が何台もうな

りをあげて、昼夜動いています。 一方、今、地上を走っている東急東横線は地下に潜り、この

地下鉄と渋谷駅でつながることになっています。  このようなことから、JR渋谷駅東口の明治

通り周辺は、現在、大工事が実施されています。 通行人のための歩道橋などは、昨日通った

道が今日は行き止まりで、遠回りするしかないということがよくあります。

地下鉄13号線は、2008年6月開業予定で、渋谷~池袋~埼玉県和光市間を走ることが決ま

っています。 (地下鉄13号線いつ開通 2へ続きます)
[PR]

by refresh_light | 2007-02-27 11:59 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<世界の水不足>

新聞でも報道されていますが、整体おじさんの所へ送られて来る、消費生活アドバイザーの資

料でも、水不足に悩んでいる国や地域がいかに多いことか。 日本の水資源は、諸外国に比

べ、質的にも量的にも恵まれている方ですが、水は貴重な資源ですから大切にしたいもので

す。 各種資料によれば、人口急増や工業化の進展で水の使用量が増大し、供給が追いつか

なくなってきた国や地域が増えているようです。  国連は2025年に、世界の約4分の1の国

で水が不足すると報告しています。 地球上の水のほとんどは海水で、淡水はわずか2.5%。

特に、アフリカや中東、南アジアなどの人口急増地域では、自然環境の中で良質な真水を得る

のは、大変難しくなっていると言われています。

限られた水資源を、飲み水や工業用水あるいは農業用水として有効に使うため、排水の回収や

再利用のほか、海水を淡水化して利用するといった水処理関連技術が貴重になってきました。

国連は安全な水を得られない人を半減させることを目標にしていますが、これに必要な関連施

設を整備する資金は、およそ5兆ドル(600兆円)に達する、と試算しています。 日本はこの分

野では世界のトップクラスの技術と実績があり、今後大いに期待されています。

日本にとってはビジネスチャンスですネ。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-26 12:23 | 社会経済 | Comments(0)
<コシヒカリの株主優待>

整体おじさん、昨年事情があって、一部上場をはたした後間もない会社の、ささやかな株主にな

りました。  その会社からある日、米の最高級銘柄と言われる、新潟県魚沼産のコシヒカリが

宅配便で送られて来ました。 5Kg が袋に入っていて、買えば5千円程度。 袋には社長の挨

拶文と、魚沼産の高級コシヒカリの紹介文が入っていました。   思いがけないプレゼントを頂

き嬉しくなり、その日の内に袋を開けご飯を炊いてみました。  さすが高級米だけあって、炊き

上がったご飯は真っ白く、ご飯粒が立っていて、味はとても美味しいものでした。  妻は 「こん

なに美味しいご飯、食べた事がない」 と一言。 我が家では日常、普通程度の米を食している

ので、妻は別のことを言いたかったのかもしれません。コシヒカリの株主優待、今後も楽しみで

す。   でも、株主優待について、チョット気になることがあります。 それは、株主優待を現物

支給で行う場合のことです。  前述の例のように、米を個人株主へ送付するのは、思いがけな

い株主優待と喜ぶ株主が多いと思いますが、法人等の大株主の場合、大量の米をもらってどう

処理するのでしょうか。  もらった米をどこかで換金するのか、あるいは法人の社員等へ現物

支給として分けるのか、それとも受領を辞退するのか、など整体おじさん覗き見根性で考えてし

まいました。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-25 12:45 | 社会経済 | Comments(0)
<御宿からの便り>

整体おじさんサラリーマンで40代の頃、東京で一緒に仕事をした同僚から便りがあり、今、千

葉県外房の 「御宿(おんじゅく)」に住んでいるが、暖かで常春、青い海と白い砂浜、里山の緑

などが素晴らしいうえ、四季折々のコントラストが美しく、元気な日々を送っていると、記されて

いました。 

整体おじさん以前、子供達と御宿を訪れ、海岸で泳いだり、山へ登ったりしたあと 勝浦の鯛の

浦へ遊びに行った思い出があり、同僚からの便りを、懐かしく読ませてもらいました。

御宿というところは、自然の素晴らしさのほかに、歴史や文化の街でもあります。江戸時代、遭

難したスペイン人達を、御宿の人たちが助けたことは有名ですが、童謡の「月の砂漠」発祥の地

としても知られています。ラクダに乗った王子と姫の記念像は、はるか遠くのかなたを見つめ、

どこか望郷の念を感じさせるものです。 

同僚の幸せを祈りながら、こちらも元気という便りを出しました。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-24 13:45 | 田舎 | Comments(0)
<どうなる来3月期の企業業績>

平成7年3月期の企業業績は、5期連続の増益が確実のようです。 現在発表されている第3:

4半期の業績と、今3月期決算見通しが発表され市場関係者の関心は、もう来年の平成8年3

月期の業績見通しに移っている、と先の読みが早い証券市場で言われています。

来3月期の最終利益増減率見通しは、証券等5社 (野村、大和総研、ゴルドマン・サックス、メ

リルリンチ、クレディ・スイス)の平均で、前年に比べ14.5%増と2桁の増益予想。 これは今

期より増益率が急拡大することになり、かなり強気の見通しになっています。 何故このような

見通しになるのであろうか。

その理由としては ① 世界景気の拡大持続   ② H8年は米・ロの大統領選挙 

③ 北京五輪などイベントが目白押し ④ BRICs の持続的成長 などを挙げています。  

また、円相場については、投資信託を経由した対外投資が、予想以上に活発であることから、こ

の流れがH8年も続き、円安地合が続くと見ているようです。 従って、この恩恵を受け輸出で稼

ぐ 自動車、ハイテク、機械、精密などは増益幅が大きくなりそうです。 整体おじさんは思いま

す。 今3月期の決算が未だ出ていない段階で、やや遠い1年以上先の企業業績見通しを、あ

えて出すのは、変化の激しい内外情勢の中にあっても発表し、変化に応じて随時修正を加え、

予測をタイムリーに発表していこうとする、証券界の投資家に対する配慮かも。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-23 16:55 | 社会経済 | Comments(0)
<公定歩合はどこへ ?>

整体おじさんの友人が来て、日銀の2月21日の金利引き上げに関し言っていました。 

かっては、金利の引き上げと言えば、公定歩合の引き上げのことだったのに、いまは公定歩合

ではなく、とても難しそうな 「無担保コール翌日物金利」 のことを言うようになりましたが、何故

でしょうかねーと。整体おじさん金融市場の事は、専門ではないですが、‘94に実施された、金

利の自由化のせいでしょうと申し上げたあと、友人と2人でパソコンを叩き調べてみました。

それによると、公定歩合は日銀が市中銀行に融資する際の金利のこと。  ’94年9月までは、

民間銀行の金利は公定歩合と連動していて、日銀は公定歩合を操作することで金融政策を行

うことが出来た。 ところが、同年10月に民間銀行の金利は完全に自由化されたので、公定歩

合を利用して民間銀行の金利リを操作することは出来なくなった。このため、短期金融市場の

金利、即ち、無担保コール翌日物の金利を操作することで、金融政策を行うことになった。 従

来、最も低い金利は公定歩合であったが、現在は、「無担保コール翌日物の金利」が最も低い

ものとなった。  

整体おじさんは思います。 担保が無くてお金を借り、翌日に返して金利を払うということは、金

融機関同士の貸借のことで、一般の人にはなじみのない話ですが、金利の水準や上げ下げの

時期は、住宅ローン金利とか庶民の銀行預金利子などにすぐ影響しますので、一般の人も無

関心ではいられません。 日銀の金融政策は雲の上の話などと思わず、 私達も関心を持って

見守るべきでしょうネ、と友人と2人で話しました。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-23 13:10 | 社会経済 | Comments(0)
<梅の花見で日本晴れ>

2月21日(水)、整体おじさん満開の梅の花見が出来ました。

井の頭線の渋谷駅から2つ目に、駒場東大前という駅があります。 この駅はホームに降りて

跨線橋を渡り改札を出ると、そこはもう駒場の東大キャンパス。  そのキャンパスの中に、素

晴らしい梅園があり、梅の樹が数十本ほどあります。 樹齢30~40年くらいのものから、最近

植えたと思われる若い樹まであり、誰かが手入れをしている様子がうかがわれます。 紅梅や

白梅が程よい間隔で咲き乱れ、すっかり春の気分を満喫させてくれ、梅の名所・湯島天神まで

行かなくても楽しめる、と妻は言っていました。大学のキャンバス内のせいでしょうか、2人の他

に誰も人影は無く、天気も気持も日本晴れ。

今年は温暖で、もう梅の花は散ってしまったかも知れない、と思いながら一年ぶりに来たら、丁

度満開、とてもついていてラッキーな感じ。  

少し不思議に思ったのは、根っこに近いところは一本の梅の樹でありながら、途中から二本に

分かれ、片方の樹は紅梅、別の樹は白梅の花が咲いている、という珍しい樹がありました。 植

物の事はよく分かりませんが、接木でもしたのか、それとも大学が何かを研究しているのか。

一本の樹でこのようなことがあるのですネ。

この梅園は、整体おじさんの店から歩いて20分ほどで、昨年も妻と散歩がてら花見に来たとこ

ろですが、 来年もまた、時期を逃さず来ようねと2人で話しました。 
[PR]

by refresh_light | 2007-02-22 12:11 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<ワインの生産量は 何故ヨーロッパ>

整体おじさん施術の終わった後、ワインの好きなお客さんとワイン談義に花が咲き、ワインの生

産はどこの国が一番多いかというような話になりました。

現在は、世界でワインの年間生産量が多い国は、多い順にフランス、イタリア、スペイン、アメリ

カ、アルゼンチン、ドイツのようです。 このようにワインの生産は、ヨーロッパ諸国が中心という

ことが分かります。 

なぜ、このようにヨーロッパで多くワインが造られるようになったのか。お客さんとの話のあと、チ

ョット調べてみました。  歴史的にはワインの発祥の地は、西アジア。  紀元前4000~500

0年頃のチグリス・ユーフラテス文明で、ワインについて書かれたものが見つかっています。西

アジアから、エジプトやエーゲ海の島々を経て、紀元前1000年頃からギリシャ・ローマへ。 そ

の後、ローマ帝国の拡張とともに広まり、さらには、キリスト教の普及とともに、ヨーロッパ各地

でブドウ栽培・ワイン醸造がされるようになりました。

環境的要因としては、人間が生きていく上で、絶対的に必要な「水分」を補うため、ブドウは最適

な食べ物だったという点が挙げられます。 西アジアは、乾燥地帯で水が少なく、ヨーロッパは

日本と違い水質が悪く、飲み水に適しませんでした。

従って、水分の多いブドウの果汁、更には、それらから造られたワインは、ヨーロッパ諸国の人

たちにとって、水の代わりとして多く飲まれるようになり、結果的に、日本人の20倍ものワインを

消費するようになったようです。 整体おじさん、今夜あたり赤ワインでも、ゆっくり飲んでみたく

なりました。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-21 11:47 | 食べ物 | Comments(0)
<歩行不足が老化を>

昨年、整体おじさんのブログで、健康管理で大切なことは3つあり、① 適度な運動 ② 栄養

のバランス ③ 適度な睡眠 の話をしましたが、お客さんから歩くことは適度な運動になるので

すか、と聞かれました。 そこで、歩くことや適度な運動について考えてみました。

まず、歩くことですが、歩くと言ってもいろいろあります。 一般には、少し早めに腕を大きく振り

ながら歩くのが、効果的とされています。 でも、かなり高齢の方やリハビリの一環として歩行す

るような時は、このような歩行は勧められません。 歩行はその人の体力とか気力にあわせ、無

理のないものにすることが大事です。 運動についてもいろいろありますが、要はその人の年

齢・体力などに応じた無理のないものが、適度な運動ということになります。

運動の代表的なものが、誰でも手軽に出来る歩行です。 でも、現代人は慢性的な歩行不足に

陥っているようです。 東海大学の田中誠一教授によれば、歩行不足は、①心肺機能が低下し

血の巡りが悪くなり、疲れやすくなる。②抗重力筋が衰え、脚の筋肉のポンプ機能、即ち心臓へ

送り返す働きが不十分になり、心臓への負担がかかる。③消化吸収力が低下。④酸素不足に

よる脳機能の鈍化などを起こし、老化を進めると警告しています。

人の運動神経は、絶えず刺激していないと、筋肉や関節が伸縮を忘れてしまうようです。 これ

が進むと身体が硬くなって、日常生活のあらゆる動作で疲れやすくなり、つまずいたり、転び易

くなったりすると言われています。  整体おじさん、最近、時間のある時は出来る限り歩くことを

心がけ、気分転換で銭湯へ行くときも、なるべく遠くにある銭湯まで、妻と一緒に歩いて行くよ

うにしています。
[PR]

by refresh_light | 2007-02-20 12:21 | 整体と健康 | Comments(0)