道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2006年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

大豆の確保(その1)

昨日、納豆のことについてブログで書きましたが、その原料である大豆の確保は、日本

にとって大変重要な課題となってきました。 今、日本の大豆の自給率はわずか3%で、

もうほとんど輸入にたよっている、といっても過言ではありません。   アメリカ、ブラジ

ル、カナダ、中国からの輸入が多いのですが、世界情勢の変化で、日本がこれまで通り

輸入できるかどうか、かなり難しい情勢になってきたようです。 総合商社に勤務する友

人の話では、このところの原油価格の高騰が、大豆の輸入を難しくしているという。  

即ち、原油の高騰でガソリン価格が上昇してくると、自動車を動かすガソリンの代替とし

て、植物から採るバイオエタノールが見直されているという訳です。

バイオエタノールは、サトウキビや大豆などを、醗酵させて抽出するバイオマス(生物資

源)を、原料とするもの。 現在、日本で、サトウキビからとれる砂糖の値段が上がった

り、それを用いた食料品が上がったりしたのは、このバイオエタノールが、自動車の燃料

に使われるようになったことと関連しています。 大豆も、食べ物としてではなく燃料とし

て、使われるようになってきたのです。  日本の大豆輸入の2位にランクされているブラ

ジルでは、既に、バイオエタノールを用いた自動車が、全体の30%位になっているとい

う話も聞いています。

大豆の97%を輸入に頼る日本は、これから大豆の確保をどうするか。

整体おじさん、好きな納豆を今までどおり食べられるかどうか、心配です。  この後

大豆の確保(その2)、で「総合商社の活躍」を予定しています。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-30 19:00 | 社会経済 | Comments(2)
納豆の効用

大豆を原料とし、手軽に手に入れることが出来、匂いは少しきついけど、栄養価がとても

高い食べ物に納豆があります。 整体おじさんは、店へ来るお客さんから食べ物の話が

出た時、栄養豊富で健康にもいい納豆を度々勧めています。

整体おじさんも、納豆が大好きでほとんど毎日1回は食べています。 納豆と生卵を茶碗

の中で十分かき混ぜ、これに細かく刻んだミヨーガなどを入れ、炊き立てのご飯にかけ

て食べると、毎日食べているのに飽きることはなく、むしろ幸せな気分になります。 

子供の頃、匂いがあまり好きになれなくて、好物とまではいきませんでしたが、家族と一

緒に納豆付きの食事をしているうちに、次第に慣れ、今では匂いは全く気にならなくなり

ました。 

百科事典によれば、納豆は大豆を納豆菌によって醗酵させたもので、特に関東地方以

北と南九州で好まれているようです。 特有の匂いのためか、関西・四国地方ではあま

り消費されなかったが、製法や菌の改良などで匂いを少なくしたり、含まれている成分

のうち、ナットウキナーゼの健康増進効果がメディアで伝えられるようになって、90年こ

ろから、日本中で消費されるようになりました。

ビタミンKが豊富で、大豆由来の蛋白質も豊富な食べ物です。 

本来の納豆の作り方は、蒸した大豆を藁で包み、40度程で約1日保温し置いておくと、

藁に付着している納豆菌の作用で、醗酵が起こり、納豆ができます。

近年は、藁の確保が難しいので、発泡スチロール容器や、紙パックに個包装され、販売

されるものが多数。 この場合は、蒸した大豆に純粋培養した納豆菌を混ぜ、容器に分

けた状態で醗酵させるという方法。 また、大手メーカーのHPによれば、納豆には抗ガン

効果、抗細菌効果、老化防止、成人病予防と治療、消化促進と成長作用、美容とダイエ

ット効果、更年期障害の軽減など、驚くほど、いろいろなものに効果があるとされていま

す。   整体おじさんは益々納豆が好きになり、お客さんにも一層、納豆を勧めたくなっ

てきました。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-30 15:34 | 食べ物 | Comments(1)
食事・運動・睡眠

店に来るお客さんの中で、夏の疲れが出て、身体全体がだるいような感じで、食欲もあ

まりなく元気が出ない、などと訴えて来る方は、今,多いものです。

整体おじさん、整体施術をしながら、お客さんと健康の話をするのですが、健康のために

大切なことは三つありますと、次ようなことをお話ししています。

一つは食事のバランス、  二つ目は適度な運動、  三つ目は睡眠です。

食事で、きらいなものを避け、好きなものだけ食べていると、栄養のバランスが崩れてし

まいますが、若い人に結構多いものです。 適度な運動については、運動をしなければ

と思っていても、忙しくて時間が無いという人は多く、運動不足で摂取エネルギーがオー

バーし、お腹に脂肪がついてしまいます。 

睡眠についても、テレビを遅くまでみていたり、パソコンや携帯電話のメールに夢中にな

り、睡眠不足に陥いってしまう人もいます。

人は健康を維持するために、いろいろ気配りすることがありますが、食事・運動・睡眠は

特に、基本的なものです。 健康な普通の人は、餅など食べた後さっぱりした物を自然

に食べたくなり、肉を食べる時に野菜も一緒に食べたくなるのは、身体が健康でうまく順

応しているからです。 

同じように、運動についても、しばらく身体を動かしていないと、身体がなまって自然に運

動をしたくなるものです。 適度な運動というのは、自分の年齢・体調に応じた無理の

無い運動のことで、大切なことです。

睡眠は、人により若干の差はありますが、1日6~7時間というのが一般的で多いようで

す。 整体おじさん、夏ばてで来たお客さんに申し上げました。 夏の疲れを軽く考えて

いるようですが、自分の身体ですから、常日頃、三つのことを心がけて下さいネと。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-29 17:40 | 整体と健康 | Comments(0)
渋谷センター街での思い

JR渋谷駅ハチ公口(北口)を出て、スクランブル交差点を渡ったところが、渋谷センター

街の入り口。 

渋谷駅前からスクランブル交差点を経て、センター街へ入る辺りは一日24時間いつも人

が一杯で、どこからこんなに集まってくるのだろうかと不思議に思います。  

もう日付が変わる24時頃になっても、人の流れは途切れることなく続き、テレビでもよく

この辺りが映像で流れます。 自分の顔が画面に写っていた、などと話す若者の声を良

く耳にします。

センター街は、夜になると通路は人で一杯となり、自分のペースで普通に歩くことは困難

です。 前を歩く人のペースに合わせて歩くしかなく、丁度、朝のラッシュの駅のプラット

ホームを歩くのと同じです。  

センター街は数年前まで、地ベタリアン(地面にペタリと直接座る複数の女子校生など)

も多く、外人によるカード等の路上不法販売、ごみの不法投棄、ボヤの多発などいろい

ろ問題がありました。 そのため、渋谷商店街振興組合や住民が立ち上がり、渋谷警察

署も協力し、安全できれいな街づくりに取組みました。 

路上の不法販売をどう排除するか、監視カメラをどこへ付けるか住民と話合いを行い、街

燈をどこに増やすかなどテレビでもとりあげられ、整体おじさんもこれを見ました。 そして

現在、かなり成果が出て路上の不法販売は無くなり、地ベタリアンもいなくなりました。 

でも、油断は出来ません。 手を緩めるとたちまち元に戻ってしまいます。 だって、これ

だけ人が集まり、歩いている若者の多くが、地方から出てきた旅人だといわれているの

ですから。

整体おじさんは、安全で、きれいな街を維持し続けるため、日夜努力している地元商店

街の皆さんに声援をお送りいたします。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-29 13:58 | 道玄坂周辺 | Comments(1)
渋谷・松涛の茶畑

渋谷駅から歩いて数分のところに、閑静な高級住宅地の松涛があります。 前、ブログ

で、渋谷松涛鍋島公園のことをスケッチ風に書きましたが、この9月末、新しく総理大臣

となった首相や、外務大臣そして著名な実業家や有名な芸能人が、この辺りに住んでい

ることから、昔この辺りはどんな処だったのか興味を持ち、「渋谷WEST」のホームペー

ジで調べてみました。

松涛は、神山町、富ヶ谷、上原といった渋谷の小田急線南一帯の住宅地が背後にあ

り、その先端部分になっています。  江戸時代は紀州徳川家の下屋敷だったが、明治

9年に肥前の鍋島家が購入し、「松涛園」という茶畑にしました。 その跡地を明治に住

宅地として売り出し、現在の邸宅街に。 そして、もともと大山という地名だったものを、

昭和3年に松涛としたもので、大山稲荷神社にその名が残っています。

整体おじさんは、渋谷松涛鍋島公園など松涛をよく散歩しますが、この辺一帯は緑が多

く車も少ないので、何か考えながら歩くには最適で、しかも心が洗えるような気分になり

ます。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-28 17:46 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
渋谷の坂道

整体おじさん、渋谷を歩いていて、いつも思うことは坂道が何と多いことか。 だって、渋

谷というのは読み方によって、シブタニとも読め、地形的には谷間だから坂道が多いの

は当然、と誰かが言っていました。

特に、渋谷駅周辺には坂道が多く、坂という名前が付いているものを拾ってみると、道玄

坂、スペイン坂、間坂(まさか)、オルガン坂、宮益坂があります。

この他に、坂の名前こそついていないけど、坂道になっている通りは沢山あります。 公

園通り、ハンズ通り、プチ公園通り、区役所通り、無国籍通り、ペンギン通り、ランブリン

グストリート、フィンガーアベニュー、メトロ通り、コルネット通り、オーチャードロード,

246通り、桜ヶ丘通り、マークシティ横通りetcと、もうきりがありません。  そして、坂道

の通りの名前も、さまざまなものがあり、さすが若者の街・渋谷だけに、モダンでハイカラ

なネーミングの通りが一杯あります。 

また、坂道には歩く人それぞれの、想い出がこめられているものです。  青春時代の恋

の想い出、友人と語らいながら歩いた想い出、などがよみがえってきて、坂道であって

も、疲れるどころかそれがむしろ楽しい散歩道となります。

道玄坂・宮益坂など昔からの坂道には、全国の多くの人がいろいろな想い出を持ってい

ることでしょう。

比較的新しい公園通り、スペイン坂、ペンギン通り、ランブリングストリートなどには、パ

ルコや面白い店、更に、映画館などが進出し、今日も渋谷は若者で賑わっています。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-28 16:13 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<賃金の上昇>

整体おじさんの店へ来るお客さんの中には、経済に詳しい方も多く、先日、景気の

話の中で、名目賃金と実質賃金が話題になりました。 今、わが国は景気が良いのかど

うか。 景気が良くなったのは一部の大企業だけで、自営業や中小・零細企業、そして

地方は決して良いとはいえないという声をよく聞きます。  メディア等の報道では、日本

の景気は良好で、来年3月期の企業決算予想も増収・増益で、 企業の設備投資は堅

調、個人消費もわずかながら伸び、賃金も上昇に転じ、このままいけば今年11月、日本

の景気は戦後最長のいざなぎ景気(57ヶ月)を抜くことは、ほぼ確実といわれています。 

景気は 「マクロは好調、ミクロは実感なし」 ということかも知れません。 そして、

実質賃金は本当に上昇したのでしょうか。 

さて、名目賃金と実質賃金ですが、日経新聞(2002年)の「サンデー日経」の中に、分

かり易い記事がありましたので、以下参考にさせてもらいました。

[大学卒の初任給は1970年には約3万円、現在は17.4万円。 額だけ比べると、30年

で6倍近く増えた。しかし、月給で買えるモノの量まで6倍になった訳ではない。この30

年間でモノやサービスの値段、つまり物価も上がっているからだ。70年当時、東京では

米が1キロ186円、夏物背広が一着21,500円だった。

現在は夫々558円(3倍),46,000円(2倍)程度。物価全体をならすと、ほぼ3倍。これ

は別の見方をすると、1円の価値が三分の一になったことを意味する。物価が上昇した

割合だけお金の価値は下がっている。この下落分を差し引き、実質的な価値で考えない

と、今の給与が昔と比べ本当に上がったかどうかは分かりません。

上の例では、30年間で名目の給与は6倍になっても、お金の価値は三分の一(物価は3

倍)になっていました。名目の額が6倍になる一方、1円の価値は三分の一になつたの

で、実質は 6×1/3=2(倍)になったと考えられる。]
[PR]

by refresh_light | 2006-09-27 14:12 | 社会経済 | Comments(0)
ツボの刺激で自律神経を整える

整体おじさんのやっている整体は、ツボを刺激し、滞った「気」という生命エネルギー等の

流れをよくし、自律神経の働きを整えようとするものです。

自律神経は、自分の意志とは関係なく、内臓のいろいろな器官をコントロールしている

神経で、交感神経と副交感神経の二つがあります。 

この二つの神経は逆の働きをするもの。 交換神経が活発になると、脈拍数が増え、血

管は収縮、皮膚温は低下、血圧は上昇、内臓の働きは衰えます。 一方、副交換神経

が活発になると、脈拍数が減り、血管は拡張し血行がよくなり、皮膚温が上昇、血圧は

低下、内臓の働きは良くなります。

人は健康な時、自律神経は身体の状況によって自動的に、コントロールされるようになっ

ています。 ところが、ストレスなどで交感神経が過剰に刺激されると、副交感神経の働

きとのバランスが崩れ、頭痛・肩こり・腰痛・冷え・便秘・不眠などの症状が出てしまい

ます。 このような時、自律神経失調症といわれます。 ツボ療法は、このような時ツボを

刺激することによって、バランスの崩れた自律神経の機能を正常化し、不快な症状を取

り除こうとするもので、東洋医学の基本といえます。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-26 18:36 | 整体と健康 | Comments(0)
マンションの修繕積立金をどうする

わが国で、マンションが本格的に普及し始めたのは、東京オリンピックの1964年頃か

ら。 未だ、40年程の歴史しかなく、マンションの大規模修繕など、年数の経過に伴って

生じるさまざまな問題が、これから多発することが想定されます。

整体おじさんは、前、繁華街のマンション管理組合のことについて述べましたが、今回、

あちらこちらで問題が起り始めている、マンションの修繕積立金について考えてみたいと

思います。

修繕積立金は、そのマンションが総会で定める管理規約の中に条文化されていて、これ

に基づき、管理費等と共に修繕積立金を管理組合の口座へ振り込む、というのが一般

的だと思います。 そして、修繕積立金は、通常、毎月定額、1ヶ月の前納、金額は区分

所有者が有する土地の、面積に応じて算定されるもの、と決まっています。(国土交通

省のモデル)

マンションは年数の経過と共に劣化が進み、築10年を過ぎた頃から、修繕が必要とな

り、20年~30年を経過する頃には、本格的な大規模修繕が必要で、当然、修繕積立

金の取崩しが急増すことになります。

外壁塗装・補修、鉄部塗装、屋上防水工事、給水管改修、排水管改修、ガス管改修、貯

水漕改修・取替え、エレベーターの取替え等種々の工事が必要となります。

整体おじさんは今、二つのマンションに関わりがあり、それぞれの役員をしていますが、

一方のマンション(A)は、修繕積立金と管理費の月額がほぼ同額。 別のマンション

(B)の修繕積立金は、管理費の約3分の1です。  双方のマンションとも20数年の築

年数ですが問題は(B)のほうです。

(B)は今外壁塗装が必要なのですが、修繕積立金が不足し、理事会で喧々諤々の議

論をした結果、金融機関から融資を受けることを決め、総会で議決されました。 修繕積

立金が安いと喜んでいた組合員は、ビックリです。

そして、(B)は今後、修繕積立金の値上げを検討していますが、組合員がすんなりOKし

てくれるかどうか分らず、苦労しています。 整体おじさんは考えます。

新築間もない頃は、修繕積立金の額(水準)について、組合員はあまり関心がありませ

ん。 でも、年数の経過と共に、マンションの改修・修繕は深刻な問題となってきます。

そこで、マンションは新築時から、修繕積立金の額を、年数の経過と共に少しづつ上げて

いくスライド方式とし、これを管理規約に最初から明示しておくようにしたらどうかと思いま

す。 入退居の激しいマンションの組合員には、いろいろな考えの方がおります。管理規

約にあらかじめ明記してあれば、新しく入ってくる組合員の協力も得られ易いのでは。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-26 15:32 | 社会経済 | Comments(0)
松茸採り

「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったもので、彼岸を過ぎると朝晩はすっかり涼しくなりま

した。そして、「松茸の土瓶蒸し」のようなものを、口にしてみたくなる季節となりました。

昔から、きのこは、「匂い松茸味シメジ」と、香りのよさは松茸、味で勝負したらシメジと

言われています。 料理の仕方にもよるが、最近、松茸が味も香りも一番で、きのこの王

様という人がいます。 

松茸の値段はきのこの中でも、桁違いの高さ。 松茸には希少価値があり、いつでも食

べられるもではなく、食べる量も腹一杯という訳にはいきません。 こんなことを考える

と、松茸が王様というのは分かるような気がします。

整体おじさんは、その松茸採りに自信があります。 山国で育ったこともあり、子供の

頃、よく赤松の林へ行きました。 松茸は、毎年、同じ場所で採れ、赤松の木の根元に

育つものです。 そして、まだ地上に顔を出していなものを、香りを頼って手で、上手に土

を掻きのけながら採るのが、松茸採りの秘訣。 更に、その周辺一体を良く探すと、松茸

の群生を探し当てることが結構多いものです。 一度、松茸の採れる場所を探し当てた

ら、決して他人にその場所は教えないもの。 だって来年その場所から、再び松茸を採る

ことが出来るのですから。

特に、雨上がりの朝4時~5時頃採りに行くと、地面が湿っていて松茸の香りが濃く、地

下の松茸を探し易いのみならず、他人に会うことも少ないということもあります。

整体おじさん、香りの癒し効果について、少し研究したことがあります。 松茸とは異なる

視点から、いずれ紹介したいと考えています。
[PR]

by refresh_light | 2006-09-25 17:49 | 田舎 | Comments(0)