人気ブログランキング |

道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:整体と健康( 1361 )

<椎間板ヘルニアに新診療法>


腰痛は誰もが経験しうる症状だが、85%は原因が特定できないとされる。2018年8月には腰椎の原因の一つ、椎間板ヘルニアの


新しい治療が始まり、患者の選択肢が少しずつ広がっている。椎間板ヘルニアは加齢や腰への負担で椎間板に亀裂が生じ、内部の髄核


がはみ出した状態で周辺の神経を圧迫し、痛みや足のしびれなどの症状が出る。


20代~50代の男性に多く、推計患者は100万人。これまでの治療には消炎鎮痛剤やコルセットなどの装具療法、局所麻酔薬を注


射して痛みを取り除く神経ブロック療法があった。新たに始まったのは、椎間板の間に治療剤「コンドリアーゼ」を注射する方法だ。


対象は痛みが長期にわたり、神経を圧迫した髄核を手術で摘出する必要がある患者。コンドリアーゼを注入すると、酵素の作用で髄核


内の多糖類が分解されてヘルニア塊が収縮する。患者の体への負担が少なく、2週間いないに効果が表れることが多いという。


(日経:「ライフサポート資料参照)



by refresh_light | 2019-03-23 12:57 | 整体と健康 | Comments(0)
<つらい腰痛若い世代も5>


部活動の練習やスポーツの習い事などが原因で腰に痛みを抱える子供もいる。日本整形外科学会理事で近畿大学医学部の赤城将男教授


「子供も大人と同様に、学校の人間関係や成績、家庭環境といった心理的なストレスで腰痛を訴えることがある」と指摘する。


スポーツによる腰椎分離症のほか、白血病などの病気でも腰に痛みが出る恐れがあるといい、赤城教授は「大人は原因を一概に決めつ


ず、いろいろな可能性があることを知るべきだ。場合によっては専門医を受診してほしい」と話している。(日経:「ライフサポー


ト」丸山景子氏資料参照)

 



by refresh_light | 2019-03-22 12:22 | 整体と健康 | Comments(0)
<つらい腰痛若い世代も4>


ひざを伸ばして息を吐きながら、上体を最大限反らし3秒保つ動作をⅠ~2回繰り返す。同社の担当者は「腰に痛みがあると仕事の効率が


悪く、生産性が下がる。今後は社内に広めていきたい」と話す。小杉院長によると デスクワーク中は1時間に1回はトイレやお茶で席


を立つ ② 体を冷やさない ③ 腹筋や背筋を鍛えるーことなども腰痛予防につながるという。


大人だけでなく腰痛に悩む子供も少なくない。最近はランドセルを背負う小学生の腰痛が問題になっている。(つらい腰痛若い世代も5へ


続く、日経:「ライフサポート」丸山景子氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-21 13:01 | 整体と健康 | Comments(0)
<つらい腰痛若い世代も3>


小杉祐一院長は「腰痛が長引いたり悪化したりする原因には、職場の人間関係など心理的なストレスも影響する」と指摘。予防には同


じ姿勢を長時間続けないことが大事だとして、手軽にできる体操を勧める。塩野義製薬は一部のオフィスで腰痛の予防体操を導入し


た。社員には職場で自由に時間を選んでもらい、整形外科医で東京大学病院の松平浩特任教授が考案した「これだけ体操」に取り組む


よう呼びかけている。同体操はパソコン操作などで前かがみの姿勢が続いた人が対象。つらい腰痛若い世代も4へ続く、(日経:「ラ


イフサポト」丸山景子氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-20 14:13 | 整体と健康 | Comments(0)
<つらい腰痛若い世代も2>


東京都内のプログラミング会社に勤める男性(26)は、入社半年後の2016年秋から慢性的な腰の痛みに悩まされている。パソコ


ンを使ったデスクワークが中心。集中すると3時間ほどを座ったまま姿勢を変えずに作業を続けていることもあるという。


男性は「学生時代と比べて運動をしなくなった。痛みを我慢して仕事をしている」と話す。小杉整形外科(大阪市)では、働き世代の


20~40代の患者で最も多いのが腰痛だ。

大半の患者が日常的に長時間、前かがみの姿勢でスマホやパソコン


を使ったり、運動不足で体幹筋力が低下したりしているという。腰痛は長時間の座位や無理な姿勢によって、腰椎周辺の関節や筋肉に


負担がかかり発症することが多い。(つらい腰痛若い世代も3へ続く、日経:「ライフサポート」丸山景子氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-19 09:08 | 整体と健康 | Comments(0)
<つらい腰痛若い世代も>


国内の推計患者数が1280万人の腰痛。高齢者に多いと思われがちだが、若い世代でも発症する。スマートホンやパソコンの画面を悪い


姿勢で長時間見続けることも発症の要因になるという。重いランドセルを背負った小学生の腰痛も指摘されている。専門家は体操や休憩を


活用して予防を呼びかけている。

―画面見つめる悪い姿勢で発症―


東京都内のプログラミング会社に勤める男性(26)は、入社半年後の2016年秋から慢性的な腰の痛みに悩まされている。(つら


い腰痛若い世代も2へ続く、日経:「ライフサポート」丸山景子氏資料参照)



by refresh_light | 2019-03-18 12:44 | 整体と健康 | Comments(0)
<「筋活」で健康寿命のばす6>


習慣にしたい筋肉トレーニングはスクワット、腕立て伏せ、かかとあげ、腹筋の4つ。2日に1回、まんべんなく取り組むことが大切


だ。日々の運動と栄養摂取を手帳や日記に記録し、筋活の取り組み状況を管理するのもおすすめだ。


運動量や食事内容を書くことで成果が見えやすくなり、運動の習慣やたんぱく質摂取への動機づけに役立つ。


健康寿命を意識するなら、筋肉量の維持は必須。適度な筋トレと、たんぱく質の効率的な摂取を日々心がけよう。


(日経;ライター・仲尾匡代氏資料参照)



by refresh_light | 2019-02-26 12:38 | 整体と健康 | Comments(0)
<「筋活」で健康寿命のばす5>


乳製品に含まれるたんぱく質は吸収率がよい。牛乳を原料としたホエイプロテインは「低脂肪で、インスタントスープやみそ汁を作る


際に加えるなど手軽に使える」。運動面では、筋肉の分解と合成のサイクルを促すために、日常的な活動より大きい負荷がかかるもの


が必要だ。「歩き方の工夫や階段の積極的な利用で、筋肉に負荷をかけられる」と町田教授は話す。


歩く際は歩幅を拳ひとつ分広げて、普段より少しスピードを上げるとよい。階段の上り下りも、疲れたと感じるぐらいの速さや運動量


なら効果が期待できるという。(「筋活」で健康寿命のばす6へ続く、日経;ライター・仲尾匡代氏資料参照)



by refresh_light | 2019-02-25 14:34 | 整体と健康 | Comments(0)
<「筋活」で健康寿命のばす4>


「病気などでたんぱく質の摂取制限がなければ、体重1キログラムあたり1.2グラム必要と考えるとよい」と町田教授は話す。量に


加えて、摂取するタイミングも重要だ。

「摂取が1回で40グラムを超えた分は体脂肪になりやすい。逆に


20グラムを下回ると、筋力づくりのスイッチが入りにくくなる」(町田教授)3回の食事で、たんぱく質を20~30グラムずつ摂


取するのが望ましい。たんぱく質を含む食品は「肉類」「魚類」「卵類」「大豆」「乳製品」の5つに分類できる。


たんぱく質を6グラム含む食品の単位を1点と換算し、毎食2つ以上の分類から3~4店以上、1日で計10点以上を摂取したい。


毎日のたんぱく質摂取の心掛けに加えて、筋肉づくりに効果的なのは、「運動前または運動後30分以内に、吸収率が高いたんぱく質


を摂取すること」と本多氏は勧める。(「筋活」で健康寿命のばす5へ続く、日経;ライター・仲尾匡代氏資料参照)



by refresh_light | 2019-02-24 13:57 | 整体と健康 | Comments(0)
<「筋活」で健康寿命のばす3>


「体内のたんぱく質が不足していると、筋肉が十分に作れない。せっかく運動しても、筋肉の量を減らすことに」と医学博士で管理栄


養士の本多京子氏は注意を促す。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、たんぱく質の摂取推奨量(18


歳以上、1日あたり)は男性が60グラム、女性が50グラム。体重約1キログラムあたり1グラムが目安になる。


筋力強化を目的に運動する人は、「病気などでたんぱく質の摂取制限がなければ、体重1キログラムあたり1.2グラム必要と考える


とよい」と町田教授は話す。量に加えて、摂取するタイミングも重要だ。(「筋活」で健康寿命のばす4へ続く、日経;ライター・仲尾


匡代氏資料参照)



by refresh_light | 2019-02-23 13:50 | 整体と健康 | Comments(0)