道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ:道玄坂周辺( 288 )

<渋谷ストリームから新たな流れ9>


4階にはホテルのロビーラウンジのほか、自転車通勤をサポートするサイクルカフェー・多目的広場(2018年内オープン)等を配し


た。別棟にはスタンディングで、収容人員700人規模のホールを設けた。賑わいと潤いに満ちた「水辺」という新たな強みを手に入れ、


渋谷はさらに魅力をました。渋谷駅周辺の再開発プロジェクトが完了するのは2027年度頃となる見込み。


新たなスポットは今後も続々と登場予定だ。日々変貌を遂げる渋谷から目が離せない。


(日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-13 14:01 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ8>


1階から3階には約30店舗から成る商業ゾーンが誕生。既存のルールにとらわれず、自分基準でカスタマイズやアレンジをする大人をタ


ーゲットとした「渋谷流=シブヤ・カスタム」をコンセプトに、フロアごとに異なるテーマを設定している。渋谷エリア最大級の総賃貸可


能面積(4万6000平方メートル)を誇る14階から35階のオフィススペースには、グーグル合同会社の本社機能が移転入居する。4


階および9階から13階には、「渋谷ストリームエクセルホテル東急」(客室数177室)が開業。(渋谷ストリームから新たな流れ9


へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-12 13:55 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ7>


官民連携による渋谷川の再生は、今回のプロジェクトの目玉のひとつ。渋谷駅から並木橋付近までの約600メートルの川沿いには遊


道を整備し、渋谷川上空に広場を整備することで、川の流れと共に、人の流れという賑わいを創出した。


―好奇心を刺激する「渋谷ストリーム」―

渋谷川に面した渋谷ストリームのグランドフロアには、2つの広場


誕生。金王橋に面する広場は、渋谷駅南側エリアの玄関口として、渋谷川を見渡せる場所となる。(渋谷ストリームから新たな流


れ8へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-11 16:06 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ6>


「ストリーム」という言葉は、渋谷川や人の流れを表現するとともに、ここから世界に向けて新しいコト・モノを発信し続けていきた


い、という思いが込められている。新しい人の流れを生む歩行者ネットワークも新たに整備。地上・地下で渋谷駅とダイレクトに接続する


「アーバン・コア」で、国道246号によって分断されていた渋谷駅南側をつないだ。


また、官民連携による渋谷川の再生は、今回のプロジェクトの目玉のひとつ。(渋谷ストリームから新たな流れ7へ続く、日経:東急電鉄


「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-10 13:21 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ5>


―新たなコト・モノを世界へ発信―

渋谷ストリームは、東横線の地下化に伴い利用されなくなった旧東


線渋谷駅の、ホーム及び線路跡地等を利用した大規模複合施設だ。高さ約180メートル、地上35階建ての建物は、商業ゾー


ン、ホル、オフィス、ホール等で構成される。コンセプトは「クリエイティブワーカーの聖地」。


次代の流れを創り出す街を目指し、さまざまな分野のクリエイティブワーカーたちが集い、交流することで、化学反応を起こすプラッ


トホームを目指す。(渋谷ストリームから新たな流れ6へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-09 15:50 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ4>


「広域渋谷構想」はこの恵まれた立地を生かし、それぞれのエリアの回遊性を高める「点ではなく面」としての開発をすることで、


「何度も訪れたい街」づくりを目指す。その中で、渋谷~代官山方面の動線を作るのが、「渋谷ストリーム」の開発と官民による渋谷


川沿いの遊歩道の整備、そして、一部オープンした「渋谷ブリッジ」である。渋谷ブリッジは、渋谷ストリームから渋谷川に沿って


約600メートル南下した、と東横線の線路跡地に誕生する複合施設。保育園やホテル、事務所、店舗を備え、多世代・異文化を「橋


渡し」することを目的とした。

そして、駅前とは異なる魅力を持つ多様な機能・用途を複合させ、


周辺地域および広域渋谷圏の魅力創出につなげる。

(渋谷ストリームから新たな流れ5へ続く、日経:東急電鉄「大渋


谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-08 14:40 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ3>


渋谷の最大の強みは、何といっても個性、かつ魅力あふれる周辺エリアの存在だ。流行発信の拠点である原宿、おしゃれな人が集う表参


道、最先端のレストランやカフェが軒を連ねる恵比須・代官山・中目黒といった街は全て徒歩圏。新国立競技場や代々木公園、複数の大学


など、文化・学術機関も存在する。

「広域渋谷構想」はこの恵まれた立地を生かし、それぞれのエリアの


回遊性を高める「点ではなく面」としての開発をすることで、「何度も訪れたい街」づくりを目指す。(渋谷ストリームから新たな流れ4


へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-07 15:54 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ2>


2012年4月開業のリーディングプロジェクト「渋谷ヒカリエ」を含む8つのプロジェクトは順調に進んでおり、ここ数年、著しい


変貌を遂げている渋谷の進化は、まだ止まりそうにない。

東急電鉄は2018年3月「Greater SHIBUyA (広域渋谷圏)構


想」を発表。渋谷駅を中心にした半径2.5キロメートルのエリアを範囲とし、新しいプロジェクトや文化を世界に向けて発信し続け


ることで、持続的に成長する都市圏を創りだす取り組みだ。(渋谷ストリームから新たな流れ3へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想


に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-06 13:09 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ>


100年に1度といわれる渋谷駅周辺の再開発が、2027年度完成予定で進行中だ。9月13日、渋谷駅の南側に位置する、旧東急東横


線のホーム及び線路跡地等に「渋谷ストリーム」が開業。渋谷駅の南側は「渋谷ストリーム」の開発と、官民連携による渋谷川の再


生・遊歩道の整備により、クリエイティブワーカーを魅了するエリアへと変動を遂げる。


―広域渋谷圏構想実現へ―

「渋谷ストリーム」は東急グループが中心となって進めている。


谷駅周辺の再開発プロジェクトのひとつだ。(渋谷ストリームから新たな流れ2へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料


参照)



by refresh_light | 2018-12-30 13:47 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷駅周辺の変貌2>


青山や代官山など大地状の高級住宅街のはざまにあり、家の少なかった低地に、渋谷駅は誕生した。


駅前を渋谷川が流れ、雨が降れば一帯は泥だらけ。後に川の暗渠化も進み、闇市や小学校の跡地には東急グループが映画館や百貨店を


建設した。歴史を地下に押し込めて、まばゆい消費の街を築くのは、都市最開発の王道でもある。9月半ばに、東急東横線の渋谷駅


や高架鉄道の跡に新たな再開発ビルが開業した。線路跡にレールを埋め込んだり、川べりに広場を設けたりと、歴史や地形を生かす工


夫が面白い。周辺では闇市の空気を残す飲み屋や古民家を若者が改装し、カフェなどを開く動きも目立つ。街の記憶は皆の財産として


生かす。そんな時代になった。(日経;「春秋」資料参照)



by refresh_light | 2018-11-24 13:56 | 道玄坂周辺 | Comments(0)