人気ブログランキング |

道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ:道玄坂周辺( 292 )

<渋谷の最高峰ビル、2019年秋開業4>


2~8階などに商業施設「東急プラザ渋谷」、9~16階のオフィスフロアにはGMOインターネットグループが入居する。


渋谷スクランブルスクエア東棟は19年秋に完成する。その他、渋谷駅周辺では複数の大型再開発が同時進行している。


18年9月には、地下化した東横線の線路跡地などに大型複合施設「渋谷ストリーム」がオープンした。23年度には渋谷駅の南側で


「渋谷駅桜ヶ丘地区」が完成。27年度には渋谷スクランブルスクエアの中央棟と西棟が開業する。


(平成30年11月、日経新聞記事参照)



by refresh_light | 2019-06-15 13:21 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷の最高峰ビル、2019年秋開業3>


渋谷スクランブルスクエアの渋谷宗彦常務は「近年の課題である渋谷のオフィス需要に応える。


日本の成長を牽引する企業を集める」と強調した。屋上には約2500平方メートルと国内最大級の野外展望台「渋谷スカイ」を設置す


る。渋谷のスクランブル交差点を眼下におさめ、東京スカイツリーや富士山も一望できるという。


東急不動産などが道玄坂1丁目で開発している複合ビルの名称も「渋谷フクラス」に決まった。(渋谷の最高峰ビル、2019年秋開業4


続く、平成30年11月、日経新聞記事参照)



by refresh_light | 2019-06-14 12:54 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷の最高峰ビル、2019年秋開業2>


地上47階・地下7階建てで、延床面積は約18万1000平方メートル。地下2階から地上14階までは商業施設、15階には産業


交流施設「渋谷キューズ」を開設する。フロア面積は約2600平方メートルで、200人規模のイベントを受け入れ可能なスペース


などを設けて起業家らの交流を促す。17階~45階にはオフィスが入る。賃貸面積約7万3000平方メートルと渋谷最大級とな


る。サイバーエージェントやミクシなど8~9社が入居する予定だ。(渋谷の最高峰ビル、2019年秋開業3へ続く、平成30年1


1月、日経新聞記事参照)



by refresh_light | 2019-06-13 12:42 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷の最高峰ビル、2019年秋開業>

東京急行電鉄などは、渋谷で東急グループが進める再開発の中核となる超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」を、2019年秋に


開業すると発表した。高さ約230メートルと渋谷で最高峰のビルが渋谷駅の真上に建つ。


JRや東京メトロ、東急の各線と直結し、周辺の再開発ビルとも歩行者デッキでつながる。渋谷の新たなランドマークを目指す。


19年秋の開業が決まったのは、渋谷スクランブルスクエアの東棟。東急電鉄とJR東日本、東急メトロが共同出資し、渋谷スクラン


ブルスクエアが運営する。(渋谷の最高峰ビル、2019年秋開業2へ続く、平成30年11月、日経新聞記事参照)



by refresh_light | 2019-06-12 13:21 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ9>


4階にはホテルのロビーラウンジのほか、自転車通勤をサポートするサイクルカフェー・多目的広場(2018年内オープン)等を配し


た。別棟にはスタンディングで、収容人員700人規模のホールを設けた。賑わいと潤いに満ちた「水辺」という新たな強みを手に入れ、


渋谷はさらに魅力をました。渋谷駅周辺の再開発プロジェクトが完了するのは2027年度頃となる見込み。


新たなスポットは今後も続々と登場予定だ。日々変貌を遂げる渋谷から目が離せない。


(日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-13 14:01 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ8>


1階から3階には約30店舗から成る商業ゾーンが誕生。既存のルールにとらわれず、自分基準でカスタマイズやアレンジをする大人をタ


ーゲットとした「渋谷流=シブヤ・カスタム」をコンセプトに、フロアごとに異なるテーマを設定している。渋谷エリア最大級の総賃貸可


能面積(4万6000平方メートル)を誇る14階から35階のオフィススペースには、グーグル合同会社の本社機能が移転入居する。4


階および9階から13階には、「渋谷ストリームエクセルホテル東急」(客室数177室)が開業。(渋谷ストリームから新たな流れ9


へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-12 13:55 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ7>


官民連携による渋谷川の再生は、今回のプロジェクトの目玉のひとつ。渋谷駅から並木橋付近までの約600メートルの川沿いには遊


道を整備し、渋谷川上空に広場を整備することで、川の流れと共に、人の流れという賑わいを創出した。


―好奇心を刺激する「渋谷ストリーム」―

渋谷川に面した渋谷ストリームのグランドフロアには、2つの広場


誕生。金王橋に面する広場は、渋谷駅南側エリアの玄関口として、渋谷川を見渡せる場所となる。(渋谷ストリームから新たな流


れ8へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-11 16:06 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ6>


「ストリーム」という言葉は、渋谷川や人の流れを表現するとともに、ここから世界に向けて新しいコト・モノを発信し続けていきた


い、という思いが込められている。新しい人の流れを生む歩行者ネットワークも新たに整備。地上・地下で渋谷駅とダイレクトに接続する


「アーバン・コア」で、国道246号によって分断されていた渋谷駅南側をつないだ。


また、官民連携による渋谷川の再生は、今回のプロジェクトの目玉のひとつ。(渋谷ストリームから新たな流れ7へ続く、日経:東急電鉄


「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-10 13:21 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ5>


―新たなコト・モノを世界へ発信―

渋谷ストリームは、東横線の地下化に伴い利用されなくなった旧東


線渋谷駅の、ホーム及び線路跡地等を利用した大規模複合施設だ。高さ約180メートル、地上35階建ての建物は、商業ゾー


ン、ホル、オフィス、ホール等で構成される。コンセプトは「クリエイティブワーカーの聖地」。


次代の流れを創り出す街を目指し、さまざまな分野のクリエイティブワーカーたちが集い、交流することで、化学反応を起こすプラッ


トホームを目指す。(渋谷ストリームから新たな流れ6へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-09 15:50 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ4>


「広域渋谷構想」はこの恵まれた立地を生かし、それぞれのエリアの回遊性を高める「点ではなく面」としての開発をすることで、


「何度も訪れたい街」づくりを目指す。その中で、渋谷~代官山方面の動線を作るのが、「渋谷ストリーム」の開発と官民による渋谷


川沿いの遊歩道の整備、そして、一部オープンした「渋谷ブリッジ」である。渋谷ブリッジは、渋谷ストリームから渋谷川に沿って


約600メートル南下した、と東横線の線路跡地に誕生する複合施設。保育園やホテル、事務所、店舗を備え、多世代・異文化を「橋


渡し」することを目的とした。

そして、駅前とは異なる魅力を持つ多様な機能・用途を複合させ、


周辺地域および広域渋谷圏の魅力創出につなげる。

(渋谷ストリームから新たな流れ5へ続く、日経:東急電鉄「大渋


谷構想に弾み」資料参照)



by refresh_light | 2019-01-08 14:40 | 道玄坂周辺 | Comments(0)