人気ブログランキング |

道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<政府が野心的研究、25テーマ挑戦5>


人工冬眠技術も50年までの確立を目指す。動物の冬眠の仕組みを解明することで人に応用できるようにする。定期的に冬眠すること


で、長寿の実現などが期待できるとしている。

ムーンショット型研究開発制度は平井卓也科学技術相のもと、有識


会議が制度の進め方や目標候補などを議論してきた。小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長が座長を務め、メディアアーティ


スト落合陽一氏らが参加している。暮らしや産業を一変させる可能性を秘める「破壊的イノベーション」を目指し、トップダウン型


の大型研究を強化するのは国際的な流れだ。(政府が野心的研究、25テーマ挑戦6へ続く、日経:2019年7月29日夕刊


記事参照)



# by refresh_light | 2019-09-18 15:01 | 社会経済 | Comments(0)
<政府が野心的研究、25テーマ挑戦4>


50年までにロボットや生体組織によるサイボーグ化技術を開発する労働力不足に対処するため、農林水産業の現場や工事現場を完全


に自動化・無人化する。40年までの実現を目指す。環境の回復と文明の発展を両立させるために、50年までに生産活動から生じる


排気や廃棄物をすべて資源に変えて利用できるようにする。海に投棄されたプラスチックごみを、自動回収するシステムや資源化する


技術を開発し、50年までに地球上からごみを無くすという目標も立てた。デジタル化の進展やAI(人工知能)といった技術革新をも


とに、さらなる新産業分野を開拓する。ノーベル賞級の科学的な発見を自動的に手掛けるAIロボットシステムの開発を50年までの目


標に入れた。(政府が野心的研究、25テーマ挑戦5へ続く、日経:2019年7月29日夕刊記事参照)



# by refresh_light | 2019-09-17 13:09 | 社会経済 | Comments(0)
<政府が野心的研究、25テーマ挑戦3>


専門家の意見を聞き、優先順位をつけた上で、2019年末にも研究プロジェクトの公募を始める見通し。5年で総額1000億円を投じ


る計画で、最大10年間支援する。日本が直面する少子高齢化問題は、それを逆手にとる発想で研究開発を進める。


50年までにロボットや生体組織によるサイボーグ化技術を開発する労働力不足に対処するため、農林水産業の現場や工事現場を完全に自


動化・無人化する。(政府が野心的研究、25テーマ挑戦4へ続く、日経:2019年7月29日夕刊記事参照)



# by refresh_light | 2019-09-16 15:37 | 社会経済 | Comments(0)
<政府が野心的研究、25テーマ挑戦2>


実現すれば社会を一変させるほどのインパクトが期待される。政府はインターネットや全地球測位システム(GPS)を生み出した、米国


防高等研究計画局(DARPA)の日本版としたい考えだ。

素案では、少子高齢化、環境、科学と技術によるフロンティア開拓と


いう3つのテーマを設定。その上で25のムーンショット目標候補を掲げ、それぞれ2035~50年までの実現目標時期を設けた。


(政府が野心的研究、25テーマ挑戦3へ続く、日経:2019年7月29日夕刊記事参照)



# by refresh_light | 2019-09-13 14:59 | 社会経済 | Comments(0)
<政府が野心的研究、25テーマ挑戦>


高齢化で低下したし身体能力を回復する「サイボーグ」化技術や地球上からのゴミ廃絶、「人工冬眠」技術―。政府が新設するムーン


ショット型研究開発制度で掲げる25の目標候補がわかった。

国を挙げて野心的な課題に取り組む姿勢を示し、国内外の研究者を


び寄せる。少子高齢化などの課題解決と新産業の創出の一挙両得を狙う。ムーンショットとは、人類を月に送った米アポロ計画のよ


に、大胆な発想に基づく研究開発を指す。(政府が野心的研究、25テーマ挑戦2へ続く、日経:2019年7月29日夕刊記事参照)



# by refresh_light | 2019-09-11 12:33 | 社会経済 | Comments(0)
<所有者のためになる大規模修繕4>


近年、各地で空き家問題が深刻化しているほか、住人と建物の二重の高齢化に直面しているマンションも増えている。10のポイント


を押さえて適切な管理・修繕を実行すれば、若い世代を含めた新規入居者も見つかりやすくなる。


資産価値を向上させることは。マンションが抱える様々な課題の克服にも役立つもの。住みやすいマンションの条件は、資産価値の高


いマンションとほぼ重なる。そのことを踏まえて適切な管理・修繕を実行し、快適なマンションライフを送って欲しい。(横浜市立大


学・国際総合科学部教授、斎藤広子氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-10 11:24 | 社会経済 | Comments(0)
<所有者のためになる大規模修繕3>


住民通しの円滑なコミュニケーションがとれていること

時代の変化に応じ、施設や設備等をバリューアップできているこ


と。住宅は、傷みや劣化がなくても、築年数がたつと古びた感じになりやすいので、可能な範囲で新しさを取り入れる必要がある。


マネージメント視点も取り入れた管理を実施し、定期的に管理コストを見直し、極力無駄を省く努 力が大切.


近隣自治体などとの連携体制ができていること

マンションの魅力を、ホームページ等で外に向けて発信している


こと。(所有者のためになる大規模修繕4へ続く、横浜市立大学・国際総合科学部教授、斎藤広子氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-09 12:46 | 社会経済 | Comments(0)
<所有者のためになる大規模修繕2>


引継ぎ体制の整備や理事経験者によるサポートなど、理事会が継続的に運営できるような体制が整っていること。


長期修繕計画が適切に運用されていること。定期的に劣化状況等の調査をして、必要があれば修繕計画を見直すこと。そのために


も、図面をきちんと保管しておくことが重要。

防災マニュアルの作成や防災訓練など、災害時のための備えを平時


から実行していること。(所有者のためになる大規模修繕3へ続く、横浜市立大学・国際総合科学部教授、斎藤広子氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-08 12:59 | 社会経済 | Comments(0)
<所有者のためになる大規模修繕>


マンションの資産価値を上げるためには、適切な管理・修繕が不可欠だ。そのポイントは次の通りといえる。


管理組合が健全に機能していること。規約があり、定期的に総会が開かれ、管理者がいることが大切。


総会の参加率が高いこと。全員参加が望ましいが、少なくとも4分の3以上の所有者が参加している(委任状を含む)のが望ましい。


(所有者のためになる大規模修繕2へ続く、横浜市立大学・国際総合科学部教授、斎藤広子氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-07 13:53 | 社会経済 | Comments(0)
<住民主導の大規模修繕を4>


コンサルタント会社に任せきりにせず、あくまでも「自分たちで判断する」意思を持つことが肝要だ。管理会社との付き合い方にも、同様


のことがいえる。管理の主体は住民自身であることを忘れないでほしい。管理を管理会社に委託する委託管理であれ、住民自らが管理する


自主管理であれ、重要なのは「自立管理」を推進することだ。真に民主的かつ自律的な管理組合運営を実現し、マンションと住民の明るい


将来を、住民自らの手で築きたい。

(日本住宅管理組合協議会理事・柿沼英雄氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-06 13:01 | 社会経済 | Comments(0)
<住民主導の大規模修繕を3>


アンケート等で住民の意見を聞きながら策定したい。

ビジョンを軸としながら、定期的に建物・設備能力劣化状況を調査


し、状況に応じて長期修繕計画を見直すことも大切。マンションの築年数や劣化状況のほか、


住民の世代バランスやライフサイクル等も見直しながら、臨機応変に計画を見直すことも必要だ。資金計画のためには、多くの場合、


築年数がたつほど修繕箇所が増えて、修繕のコストもかさむことが多い。実際に大規模修繕工事を行う際は、第三者である設計コンサ


ルタント会社に事前調査や工事会社選定等を委託する設計監理方式が多い。(住民主導の大規模修繕を4へ続く、日本住宅管理組合協議


会理事・柿沼英雄氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-05 13:25 | 社会経済 | Comments(0)
<住民主導の大規模修繕を2>


住民全員が前記2つの立場を理解できるようにアナウンスすることは、管理組合の大きな役割といえる。


また、大規模修繕のみならず、日ごろの管理の質を上げるためにも、ぜひ行ってほしいのがビジョンの策定だ。目指すべきマンショ


ンの在り方を住民全員で共有することなしに、管理や大規模修繕の成功はあり得ない。


「明るいマンションにする」「災害に強いマンションにする」など、前もってビジョンを決めておくことで、大規模修繕の根拠とな


る長期修繕計画や、それに伴う資金計画にも一貫性が出て、ぶれることもなくなる。


(住民主導の大規模修繕を3へ続く、日本住宅管理組合協議会理事・柿沼英雄氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-04 13:29 | 社会経済 | Comments(0)
<住民主導の大規模修繕を>


大規模修繕の成功のカギを握るのは、マンション所有者が「自分の2つの立場」を理解できているかどうかだ。1つ目は、住戸部分の所


有者としての立場、2つ目は、共有部分の廊下やエレベーターなど、住戸以外の部分の所有者としての立場だ。


例えば、大規模修繕で玄関ドアを塗り替える際、ドアの内側は専有部分と解釈されるので、基本的には塗装しない。


「ささいなこと」と思われるかもしれないが、2つの立場が理解されていないことが原因となって、管理組合と住民の間にボタンの掛


け違いから、大きなトラブルに発展するケースも少なくない。

(住民主導の大規模修繕を2へ続く、日本住宅管理組合協議会理事・


柿沼英雄氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-03 13:03 | 社会経済 | Comments(0)
<住まいのクールダウン7>


天候や外気温や湿度、住まいの状況、また体調などと相談し「我慢しない」「冷やしすぎない」ようにしたい。住まいもクールダウンして


いると考えればいい。しかし、家庭用エアコンは、基本的に室内の新鮮な空気を取り込む構造にはなっていない。


換気を怠ると、室内の二酸化炭素濃度が高まり、頭がぼうーとする症状出ることもある。早朝や夕方の習慣だけでなく、適切なタイミング


で自然換気し、外気を取り入れることを心がけよう。(日経:「すっきり生活」、住生活ジャーナリスト・藤原千秋氏資料参照)




# by refresh_light | 2019-09-02 12:37 | 社会経済 | Comments(0)
<住まいのクールダウン6>


―エアコンの温度我慢しすぎないー

猛暑下ではエアコンをつけることが、家自体をクールダウンすること


になる。風向きを工夫すると壁や天井を冷やし、そこからの放射熱を減らす効果が期待できる。命に関わる熱中症は、半数近くが屋内で発


生するという。エアコンは必ずしも控えなくていい。設定温度で「28度という数値にとらわれないで」と話すのは、サイエンスライター


で気象予報士の今井明子さんだ。「漠然とエアコン設定温度だと捉えている人も多いが、28度は室内温度の目安」(今井さん)。


(住まいのクールダウン7へ続く、日経:「すっきり生活」、住生活ジャーナリスト・藤原千秋氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-09-01 14:50 | 社会経済 | Comments(0)
<住まいのクールダウン5>


熱を発生させない工夫としてはガスの火を使わない調理法がある。一般に都市ガスの炎の温度は17001900度にもなり、室温を上げ


ることになる。55~80度で肉などを調理する低温調理器があるなら、夏こそ活用しよう。煮物や煮つけなど、材料に下味をつけて電


子レンジ加熱で作れるレシピもある。冷蔵庫など運転し続ける家電は、空気を留めてしまうとそこに熱気が集中する。


発熱する家電がある台所では換気扇やサーキュレーター、扇風機を稼働させて、熱を帯びた空気をかき混ぜるといい。(住まいのクー


ルダウン6へ続く、日経:「すっきり生活」、住生活ジャーナリスト・藤原千秋氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-29 13:13 | 社会経済 | Comments(0)
<住まいのクールダウン4>


基本は住まいに当たる日差しをできるだけ遮ること。手近なところでは窓のカーテンを二重に引く、雨戸があるなら閉める、ない場合


はガラス面に市販の日射遮断フィルム(赤外線カット効果をもつもの)を貼る手もある。


強く西日が当たる家は、窓の外によしずをかける、すだれを垂らす、オーニング(ひさし)をしつらえて陰を作るなどし、窓や壁面


が熱を帯びるのを避けるようにしたい。冬季の結露予防の応用で厚さ1センチメートル程度の「発砲スチロール板」を窓に貼るのも一案


だ。ベランダやポーチも植物の水やりのタイミングで打ち水すると、熱を帯びたコンクリートなどの温度が下がり、放射熱の影響を


少し小さくすることができる。(住まいのクールダウン5へ続く、日経:「すっきり生活」、住生活ジャーナリスト・藤原千秋氏資料


参照)



# by refresh_light | 2019-08-28 11:53 | 社会経済 | Comments(0)
<住まいのクールダウン3>


近年、住宅が断熱性、気密性が高くなっていることが重なる。「省エネルギー」をうたう住宅ほど熱は逃げにくく、こもりやすい。


―朝晩の自然換気2か所を開けて―

こうしてため込んでしまう仕組みの住宅の熱は、意識的に排出して


く必要がある。まずは帰宅直後だけでなく、朝晩の自然換気を習慣づけよう。夕方から夜間、早朝にかけて、比較的昼間に比べ気温


の低い時間帯は、屋外の涼気を家の中に入れ、こもった室内の空気を逃がす。同時に「入ってくる」「発生する」熱をいかに減らすか


も考えてみよう。(住まいのクールダウン4へ続く、日経:「すっきり生活」、住生活ジャーナリスト・藤原千秋氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-27 13:06 | 社会経済 | Comments(0)
<住まいのクールダウン2>


外気のほうが涼しいときは熱気を外に送るよう扇風機を外に向けて回すと効果的だ。そもそも家の中になぜ熱気がこもるのか。


屋外からは、太陽の直射日光が入ってくる。道路の舗装面や建物の外壁の反射熱、建物や壁などに蓄えられた放射熱もじわじわ伝わ


る。上下左右を住戸に囲まれた「中住戸」以外は、屋根や外壁、窓など全方向から熱が入り込んでくるイメージだ。屋根にも熱を発す


る原因はある。冷蔵庫やオーブン、パソコン、炊飯器といった発熱する家電のほか、ガスコンロ、温水器や湯沸かし器など。


住んでいる私たち自身もまた熱源の一つ。(住まいのクールダウン3へ続く、日経:「すっきり生活」、住生活ジャーナリスト・藤原


千秋氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-26 12:56 | 社会経済 | Comments(0)
<住まいのクールダウン>

ここ数年の猛暑はつらい。帰宅直後の家にこもった熱気に。疲れが倍増することも。家の中の熱は熱中症を引き起こす可能性もある。住


まいのクールダウン法をおさらいしよう。最も効果的に短時間で家の中の熱気を排除する方法は、換気だ。


帰宅と同時にエアコンをつけて汗をかきながら部屋が冷えるのを待つ人がいるが、家の中より外のほうが涼しいときは、自然換気が有効。


空気の通り道を確保するため、窓や換気扇、玄関ドアなど2か所を開け、せめて10分間は窓を開けて換気しよう。


(住まいのクールダウン2へ続く、日経:「すっきり生活」、住か活ジャーナリスート・藤原千秋氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-25 12:53 | 社会経済 | Comments(0)
<マンション保険5割高く4>


背景には築10年を超えるマンションが増えていることがある。国交省によると、07年の供給戸数は18年の約2倍にあたる22万戸に上っ


ていた。大規模修繕などをしないマンションは、水道管の故障による漏水や外壁にひびが入る破損などのリスクが高まる。


損保大手では5年で水濡れに伴う保険金の支払いは3割、破損は5割増えたとみられ、マンション保険の損益は大幅な赤字だ。


事故は修繕をしない一部のマンションに集中している。大手2社は今回の制度で保険料の公平さを保つ必要があると判断した。


(日経:20197月の記事参照)



# by refresh_light | 2019-08-23 14:18 | 社会経済 | Comments(0)
<マンション保険5割高く3>


例えば100室のマンションで10件の支払いがあった場合、保険料を25%上乗せ、15件を超えた場合は50%引き上げる。逆に2件以下の


合は保険料を2割以上引き下げる。大型のタワーマンションで保険料の差は年間100万円規模になる計算だ。引き上げは全国で数千棟が対象


なりそうだ。マンション保険料は1部屋当たりに換算すると、上がる場合と下がる場合で年40005000円程度の差がつく見通しだ。


最終的に入居者の管理費に反映され、負担増になる。(マンション保険5割高く4へ続く、日経:20197月の記事参照)



# by refresh_light | 2019-08-22 17:23 | 社会経済 | Comments(0)
<マンション保険5割高く2>


マンション保険は、10万棟規模とされる分譲マンションの大半が加入しているとみられる。損保保険ジャパン日本興亜、あいおいニ


ッセイ同和損害保険を含む大手4社は、1910月に一斉にマンション向け保険を値上げする。


東京海上日動と三井住友海上は21年から、保険金の支払い状況で保険料を調整する制度を本格導入する。


保険金支払いがない物件の保険料を安くする保険会社はあったが、設備の破損などが多発する物件で高くする制度は初めてだ。新た制


は,保険料を過去2年の保険料の支払い状況をもとに算定する仕組みだ。(マンション保険5割高く3へ続く、日経:20197


の記事参照)



# by refresh_light | 2019-08-21 12:32 | 社会経済 | Comments(0)
<マンション保険5割高く>

東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険は、2021年に設備の破損や水漏れなどが多発するマンションの保険料を4~5割り高く


する。保険金の支払い頻度を保険料に反映させる制度を導入するためで、頻度の少ない物件費とは保険料を2割安くする。


修繕積立金の不足などで管理状況が悪ければ、保健料が上昇し、入居者管理費の値上げにつながる可能性がある。


マンション保険は分譲マンションの管理組合が加入し、共用部での損害を補償する。玄関先やベランダなどの設備破損から水漏れ、火


災を含めて幅広く修理費などを支払う。(マンション保険5割高く2へ続く、日経:20197月の記事参照)






# by refresh_light | 2019-08-20 12:58 | 社会経済 | Comments(0)
<夏の冷え性男性も注意6>


入浴は「就寝前に40度以下のぬるい風呂に10分以上つかるといい」(川嶋氏)。温度が低いので、のぼせることもなく体温を上げるこ


で安眠できるようになる。ただ、大量に汗をかくとその後で冷えが進んでしまうので「汗をかきやすい人はシャワーだけのほうが無


難だ」(南雲氏)。眠るときはおなかや太ももを冷やさないように、膝から胸までは布団をかける。


暑ければ冷房を使ってもいいが、常に快適な気温にしていると体温を調節する能力が落ちてしまうので、やや高めの28度くらいに設定


しよう。自律神経を整えて冷え性を改善するには、規則正しい生活を心がけことも重要だ。


(日経:「カラダづくり」ライター伊藤和弘氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-19 14:25 | 整体と健康 | Comments(0)
<夏の冷え性男性も注意5>


食べるときはよく噛むことで、視床下部に刺激が伝わり、体温が上がりやすくなる。「トマト、キュウリ、レタスなどの夏野菜は体を


冷やす作用があるので、熱を加えて食べてほしい」(川嶋氏)。運動で筋肉を増やすと熱を作る能力が高まる。


定期的な運動習慣を身につけるに越したことはないが、普段の暮らしの中でも、できるだけ階段を使う、電車の中では立つなど、折に


触れ体を動かすことを心がけるだけでも効果はある。じっと立っているだけでも座っているときよりエネルギー消費量は多くなり、代


謝が進んで温まる。(夏の冷え性男性も注意6へ続く、日経:「カラダづくり」ライター伊藤和弘氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-18 13:26 | 整体と健康 | Comments(0)
<夏の冷え性男性も注意4>


夏の冷え性をそのままにしておくと、秋以降に体調を崩しかねない。「下痢、むくみ、夜間頻尿がある人は体が冷えている可能性が


高い」(南雲氏)。男性も夏場は冷えを前提にして、体調をこまめにチェックしたほうがいい。


冷えを感じたら、早めに対策を取ることが重要になる。首の後ろ、おなか、足首には太い血管が通っているので、露出させていると全


身が冷えやすい。外出するとき、寒いと感じたら羽織るものを忘れないようにしたい。


冷えが強い人は使い捨てカイロなどを持ち歩くのもいい。「血流の多い筋肉豊富な太ももの上に、温かいものを置くと全身が温まる」


と川嶋氏は助言する。(夏の冷え性男性も注意5へ続く、日経:「カラダづくり」ライター伊藤和弘氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-17 13:08 | 整体と健康 | Comments(0)
<夏の冷え性男性も注意3>


女性は冷え性を自覚して、あれこれ対策を心がける人は少なくない。一方、男性の場合は「自分が冷え性かもしれない」という発想


があまりないため、寒いと感じたとしても、特別な対策を取らないことが多い。


そのため、必要以上に体を冷やしてしまう。冷え性は、もともと漢方医学で使われる概念。目黒西口クリニック院長の南雲久美子氏に


よると、「漢方では万病の元とされ、めまい、頭痛、排尿障害、不眠など、さまざまな症状を引き起こす」という。(夏の冷え性男性


も注意4へ続く、日経:「カラダづくり」ライター伊藤和弘氏

資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-16 12:53 | 整体と健康 | Comments(0)
<夏の冷え性男性も注意2>


三菱電機ビルテクノサービスが2016年に全国1000人のビジネスパ―ソンに調査したところ、36.2%の男性と60.0%の女性が


「オフィスの冷房設備を寒いと感じる」と答えた。男性でも3人に1人は寒いと感じている。東京有明医療大学保険医療学部教授の川嶋


朗氏によると、冷え性は男性にもおこり、年代が若くなるほど冷えを訴える人が多くなっているという。


エアコンが浸透する生活に慣れるに従い、「体温を一定に保つ機能が衰えているため」と川嶋氏は指摘する。


(夏の冷え性男性も注意3へ続く、日経:「カラダづくり」ライター伊藤和弘氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-15 13:23 | 整体と健康 | Comments(0)
<夏の冷え性男性も注意>


冷房を使い冷たい飲み物を多くとる夏場は、体が冷えがち。体が内部まで冷え切ると身体の不調を引き起こす。女性に多いと思われが


ちだが、男性にも起こるので要注意だ。効果的な予防法で快適に過ごしたい。ヒトの体は冷えを感じると、脳が身体を温めろという指


令を送る。その際、自律神経やホルモンバランスが乱れていると、体温調整がうまくできず温まらない。


これが冷え性の仕組みだ。例えば、ストレスで自律神経が乱れると、血管が収縮して体温が上がりにくくなってしまう。


(夏の冷え性男性も注意2へ続く、日経:「カラダづくり」ライター伊藤和弘氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-08-14 13:17 | 整体と健康 | Comments(0)