道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
携帯ラジオに工夫を
テレビ、パソコン、携帯電話など視覚に訴える電気製品は、次々と改良され新機種が家

電量販店の店頭に氾濫しています。 これは決して悪いことではなく、日本の「もの造り」

技術の進歩、国際競争力確保のために必要不可欠のことと考えます。

一方、災害時には無くてはならない携帯ラジオは、昔のものに比べあまり進歩もなく、ほ

とんど変わっていません。 メーカーは、値段も安く利益率も低いうえ、売上数量もあまり

期待出来ないとみて、新機種の開発に熱が入らないのかも知れません。

でも、整体おじさんはラジオが大好です。 小さくて便利で、耳から入った情報からいろい

ろ想像をめぐらしたり、自分なりに考えたり、情報を加工してみたり、静かに音楽を楽しん

だりすることが出来ます。 そして、寝る時枕元において、緊急時に備えると同時に、た

まには深夜放送も楽しんでいます。

そこで、携帯ラジオのメーカーにお願いがあります。 放送局を選択する場合、今の携帯

ラジオの多くは、物差しのような目盛りと小さな数字を頼りに、放送局を選択しなければ

いけません。  高齢社会で視力の衰えている方が増加しています。

テレビのようにワンタッチで放送局を選択出きるよう、工夫いただけないものでしょうか。 
[PR]

by refresh_light | 2006-07-27 19:26 | 社会経済 | Comments(0)
<< 恋文横丁の復活 ドキッ!裸の男 >>