道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<夏に発症増える脳梗塞3>

とりわけ夏に発症しやすいのが、ラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞だ。東海大学医学
部神経内科学の滝沢俊也教授は「6月から増え始めて8月に最も多くなるので、今から注

意してほしい」と話す。夏に脳梗塞が増える大きな原因が脱水だ。暑さでたくさんの汗をか
くと、血液中の水分量が不足し、粘り気のあるドロドロとした状態になって、血栓ができやす

くなる。脱水による血圧低下も、脳への血流を滞らせる。夏の脳梗塞を防ぐには、こまめな
水分補給が肝要だ。

特に高齢者はのどの渇きを感じにくく、脱水状態に陥りやすい。
(夏に発症増える脳梗塞4へ続く、日経カラダづくり:田村智子ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2018-07-29 12:11 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <夏に発症増える脳梗塞4> <夏に発症増える脳梗塞2> >>