人気ブログランキング |

道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<国富論に学ぶ医療効率化2>

昨日、アダム・スミスは豊かさへの鍵は分業と交換だと説く、というようなことを記述。その続
きです。幅広い市民によって消費され続ける「普遍消費」がこれに結びつくと、右肩上がりの

豊かさを実現する。生活必需品を自分で作らなくなると、人々の間に相互依存が広がる。
安定的にモノを交換していくためには、人々が共存を目指し、自由な意思を互いに受け入

れ合うこと、即ち相互承認が必要になるからだ。
こうした変化が、社会の潮目を変え、時代は近代へと向かっていった。近代社会は相互依

存に根差した社会の連帯を求め、豊かさの土台となった。
(国富論に学ぶ医療効率化3へ続く、東京医科大学・行岡哲男主任教授資料参照)

by refresh_light | 2016-04-22 12:25 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <国富論に学ぶ医療効率化3> <国富論に学ぶ医療効率化> >>