人気ブログランキング |

道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<体を守る皮膚、様々な役割3>

体外から入ってくる病原体や有害物質に対し、最初に防御にあたる臓器の一つが皮膚だ。
皮膚は体の表面すべてを覆い、身を守ってくれる。

鎧のようだが伸縮自在だ。皮膚表面は厚い表皮で、物理的あるいは化学的刺激を防ぐバ
リアーとなる。また、皮脂腺からは殺菌効果のある液体などが分泌される。皮膚には細菌

や有害物質などが体内水、酸素・窒素などのガス、脂溶性ビタミン類なども皮膚から吸収
されている。全身を覆う皮膚は、部位によって厚さや色調、触感などの感覚は異なる。手の

ひらや足底などの皮膚は厚くて毛がなく、色も淡い。
痛みなどを敏感に感知できる。唇や外陰部の皮膚はメラニン色素が豊富にある。つい当た

り前と思ってしまうが、皮膚も立派に活躍しているのだ。
(順天堂大学医学部・奈良信雄特任教授資料参照)

by refresh_light | 2016-01-07 15:34 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <室温・湿度管理でインフル防止> <体を守る皮膚、様々な役割2> >>