道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<発電ビジネス新時代2>

電力会社に一定期間固定価格での買い取りを義務付ける、固定価格買取り制度の導入
によって、2020年にエネルギー供給の10%を再生可能エネルギーへ置き換えることが

できれば、国の試算で約2400万~2900万トンのCO2が削減可能となる。これは日本
国内の総CO2排出量の1.8%~2.2%に相当する。エネルギー消費大国でありながら、

エネルギー自給率がおよそ4%にとどまる我が国にとって、まさに再生可能エネルギーの
導入拡大は、エネルギーの自給率向上と、温暖化ガス削減のかぎを握る重要なエネル

ギーだ。(発電ビジネス新時代3へ続く、日経新聞・クロスメディア営業局資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-06 13:15 | 社会経済 | Comments(0)
<< <発電ビジネス新時代3> <発電ビジネス新時代> >>