道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<変化への適応力を磨け2>

昨日、彼は日本の子会社に異動し5年ほど勤務、来日当初は日本での仕事に苦労もあった
ようだが、彼はそれを楽しむことを心がけ、子会社では総務や営業など様々な業務を担当し、
幅広い知識や変化への適応力を身に付けた、というようなことを記述。その続きです。

米国に戻った彼は、元の財務のポジションに就いたが、様々な仕事に携わることで得たやり
がいを忘れられず、独立して仕事を始めた。これは、新しい仕事への挑戦を通じて、変化に

適応する力を付けた成功例だろう。不安なとき、人は変化より安定を求めたくなる。だが、
様々なことに挑戦するような気概をもつことが大切だ。仕事とは、挑戦を通じ、どのような状

況でも通用するスキルを身に付けるものだ。それにより、結果的に自分が望む仕事を継続で
きる「安定」につながる。どのような仕事だとしでも、学びとれることは必ずある。

新しいことには積極的に挑戦すべきだ。他の会社で働くことを想定し、スキルアップに励むの
もいいだろう。予期せぬ事態が発生してもやりたい仕事を続けていくために、エンブロイアビ

リティー(雇われる能力)を身に付けることも忘れないでほしい。それにより、長い社会人生活
を有意義に送ることができるだろう。(マーク・デュレイアデコ会長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2012-08-02 12:24 | 社会経済 | Comments(0)
<< <発電ビジネス新時代> <変化への適応力を磨け> >>