道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<骨粗しょう症適切に対策4>


「女性は閉経を迎えて、骨を強くする働きがある女性ホルモン{エストロゲン}分泌が低下する50歳前後から、急激に骨量が減るケ


ースが多い」(石橋氏)。対策を講じないと、60代以降の女性は骨粗しょう症になり易くなる。


「まずは健診で骨密度を測定し、自分の骨の状態を知って」と石橋氏は話す。40~70歳の女性を対象に、40歳、45歳、50


歳・・・と5年おきに粗しょう症検診を実施する自治体が増えている。骨密度が正常値でない場合は、医療機関で精密検査を受ける。


粗しょう症の予防は、運動や食事など生活習慣の改善が基本になる。山王メディカルセンター(東京)女性医療センター長の太田博


明氏がすすめる運動は「かかと落とし」。(骨粗しょう症適切に対策5へ続く、日経:「カラダづくり」・ライター松田亜希子氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-23 12:45 | 整体と健康 | Comments(0)
<骨粗しょう症適切に対策3>


伊奈病院(埼玉県)整形外科部長の石橋英明氏によると、発症するかどうかは「0~20歳の成長期にどれだけ骨が増えたかと、50代以


降にどれだけ骨を減らさないかで決まる」という。骨量のピークは20歳頃。20~40歳頃まで骨量はほぼ変わらないが、その後は男女


とも徐々に減っていく。

特に「女性は閉経を迎えて、骨を強くする働きがある女性ホルモン


{エストロゲン}分泌が低下する50歳前後から、急激に骨量が減るケースが多い」(石橋氏)。(骨粗しょう症適切に対策4へ続く、日


:「カラダづくり」・ライター松田亜希子氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-22 11:11 | 整体と健康 | Comments(0)
<骨粗しょう症適切に対策2>


加齢や生活習慣などによって、骨吸収と骨形成のバランスが崩れる。骨吸収が骨形成を上回ると骨粗しょう症になる。骨がスカスカ


になり、骨量が減って折れ易くなる。発症すると手首や背中、腰、腕や脚の付け根などで骨折のリスクが高まる。


中でも脚の付け根を骨折すると、寝たきりになる可能性があり、認知症を招くことも。長生き時代に最後まで自立し、元気に過ごすた


めには、早期の骨粗しょう症対策が不可欠だ。(骨粗しょう症適切に対策3へ続く、日経:「カラダづくり」・ライター松田亜希子氏


資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-21 13:12 | 整体と健康 | Comments(0)
<骨粗しょう症適切に対策>

骨がもろくなり、骨折しやすくなる骨粗しょう症。閉経期以降の女性がかかり易く、日本の患者数は男女あわせて約1280万人とも見込


まれる。早期に自分の骨の状態を知り、適切な予防・治療を心がけよう。骨は硬いので、ずっと変化しないという印象を持っている人が多


いだろう。実際は、破骨細胞と骨芽細胞という2つの細胞が、絶えず古い骨を壊して(骨吸収)新しい骨を作る(骨形成)という新陳代謝


を繰り返している。

(日経:「カラダづくり」・ライター松田亜希子氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-20 11:13 | 整体と健康 | Comments(0)
<水素社会実現を4>


―水素社会実現に向けた東京都の取り組み、東京都知事・小池百合子氏―

さらにエネルギーを大量かつ長期間保存ができる水素の蓄エネ性能を活用


て、再生可能エネルギーの変動制への対応も進めていく。16年には福島県、産業技術総合研究所などと、水素普及に向けた協定を締結するな


ど、震災復興を後押ししている。今年5月に開催した国際会議「きれいな空と都市、東京フォーラム」では、クリーンシティーの実現に向けた東京


宣言を世界に発信。環境政策の推進には心技体、意識改革、技術革新、制度の取り組みが重要との考えを提唱した。世界をリードする環境先進都市


として、CO2ゼロエミッション東京を目指していく。

(「日経:社会イノベーションフォーラム」のキープレーヤー議論より)



# by refresh_light | 2019-01-19 13:27 | 社会経済 | Comments(0)
<水素社会実現を3>


―水素社会実現に向けた東京都の取り組み、東京都知事・小池百合子氏―

東京都は東京2020年大会の成功に向けてホストシティー東京プロジェ


ト推進本部を立ち上げ、大会の機運醸成、魅力発信、復興・防災、環境、先端技術の5分野のプロジェクトを推進している。


2014年から水素社会実現のへの取り組みを開始している。30年までに温暖化ガスの排出量を30%削減、との目標を果たす切り札は水素エネ


ルギーの活用、と位置付けいる。具体的には、2020年大会の選手村での水素供給システムの実現、30年までに水素ステーション150カ


所、燃料電池20万台が目標になる。(水素社会実現を4へ続く、「日経:社会イノベーションフォーラム」のキープレーヤー議論より)



# by refresh_light | 2019-01-18 14:10 | 社会経済 | Comments(0)
<水素社会実現を2>


―経済産業省新エネルギー部長・高科淳氏―

政府は2030年までに水素供給コストを、従来エネルギーと同程度に低


減する目標を掲げている。その実現に向け、日・豪・ブルネイ間で20年までに製造、貯蔵、輸送、利用まで通貫したサプライチェーン構築の実証


事業を行い、調達した水素を様々な用途に展開する需要創出の取り組みも続ける。


これまで約3500台の燃料電池車が普及し、水素ステーションも111カ所となった。インフラ整備、技術開発を進め、家庭用燃料電池も30年


までに530万台導入を目指す。また、福島復興の一環として浪江町で水素製造プラント建設が始まった。


再生可能エネルギーで作った水素を東京五輪の際に活用し、水素がもたらす未来像を世界にアピールする。10月に東京で開催する水素閣僚会議で



も、ビジョンを各国と共有したい。(水素社会実現を3へ続く、「日経:社会イノベーションフォーラム」のキープレーヤー議論から)



# by refresh_light | 2019-01-17 13:00 | 社会経済 | Comments(0)
<水素社会実現を>


イノベーションをあらゆる産業や日常生活に取り入れて、社会課題を解決する「Society50」。その実現に向け、経済成長と両立したエネルギー転換、


脱炭素化への動きが急だ。この潮流を捉え、世界をリードしていくには、日本が世界のフロントランナーである水素技術の活用が鍵となる。昨年7月に


開催された日経社会イノベーションフォーラム「水素が導くSociety50」で交わされた、産学官キープレーヤーの議論を紹介したい。(水素社会実現を


2へ続く、「日経:社会イノベーションフォーラム」のキープレーヤー議論から)



# by refresh_light | 2019-01-16 13:33 | 社会経済 | Comments(0)
<人口増加を有効に生かせるか3>


残念ながらアフリカの多くの国では、依然として治安や汚職、インフラ未整備などの問題がある。そして海外からの投資も伸び悩み、製造業がなかなか


立ち上がらない。この状態が続けば、人口増加が人口増加が経済成長につながるどころか、国の発展を毀損する可能性もある。一足飛びにデジタル化が


進むとの予測もあるが、人口増かを吸収するだけの雇用創出は期待しがたい。アフリカ諸国の課題は多いが、人口増かを最大限生かすべく、製造業の


誘致・育成および、同分野における雇用拡大に一層注力すべきだろう。

(三菱商事調査部長・武居秀典氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-15 13:44 | 社会経済 | Comments(0)
<人口増加を有効に生かせるか2>


人口増加をもって将来の成長が約束されるわけではない。人口増加を経済成長につなげるには、増加する労働力を雇用する産業、特に生産性の高い製造


業がカギとなる。労働力が増えても、雇用する産業の育成が進まなければ、失業者が増える。農村に労働力が滞留すれば、国全体の生産性が伸び悩み、


1人当たりの所得も低下する。政治・社会不安にもつながりかねない。

人口が増えれば消費が拡大するとの声もあるあるが、単に人口が増えるだけ


では、その拡大にも限界がある。本格的な消費市場の立ち上がりには、国民全体の購買力を底上げする生産性の高い多くの雇用が不可欠だ。


(人口増加を有効に生かせるか3へ続く、三菱商事調査部長・武居秀典氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-15 12:35 | 社会経済 | Comments(0)
<人口増加を有効に生かせるか>


人口規模は国力の源であり、人口増かは理論上、労働投入量の増加を通じて、経済成長をもたらす。1990年代以降、中国では増加した労働力が繊


維など軽工業に吸収され、急速な工業化に貢献。さらに自動車などのより生産性の高い製造業に従事することで賃金が上昇、巨大な消費を担う中間所得


層を形成し、経済の好循環を生み出した。国連統計によれば現在、76億人の世界人口は、2050年には98億人に達し、その増加の6割を占めるア


フリカはアジアに続く世界の成長センターと期待される。(人口増加を有効に生かせるか2へ続く、三菱商事調査部長・武居秀典氏資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-14 15:32 | 社会経済 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ9>


4階にはホテルのロビーラウンジのほか、自転車通勤をサポートするサイクルカフェー・多目的広場(2018年内オープン)等を配し


た。別棟にはスタンディングで、収容人員700人規模のホールを設けた。賑わいと潤いに満ちた「水辺」という新たな強みを手に入れ、


渋谷はさらに魅力をました。渋谷駅周辺の再開発プロジェクトが完了するのは2027年度頃となる見込み。


新たなスポットは今後も続々と登場予定だ。日々変貌を遂げる渋谷から目が離せない。


(日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-13 14:01 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ8>


1階から3階には約30店舗から成る商業ゾーンが誕生。既存のルールにとらわれず、自分基準でカスタマイズやアレンジをする大人をタ


ーゲットとした「渋谷流=シブヤ・カスタム」をコンセプトに、フロアごとに異なるテーマを設定している。渋谷エリア最大級の総賃貸可


能面積(4万6000平方メートル)を誇る14階から35階のオフィススペースには、グーグル合同会社の本社機能が移転入居する。4


階および9階から13階には、「渋谷ストリームエクセルホテル東急」(客室数177室)が開業。(渋谷ストリームから新たな流れ9


へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-12 13:55 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ7>


官民連携による渋谷川の再生は、今回のプロジェクトの目玉のひとつ。渋谷駅から並木橋付近までの約600メートルの川沿いには遊


道を整備し、渋谷川上空に広場を整備することで、川の流れと共に、人の流れという賑わいを創出した。


―好奇心を刺激する「渋谷ストリーム」―

渋谷川に面した渋谷ストリームのグランドフロアには、2つの広場


誕生。金王橋に面する広場は、渋谷駅南側エリアの玄関口として、渋谷川を見渡せる場所となる。(渋谷ストリームから新たな流


れ8へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-11 16:06 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ6>


「ストリーム」という言葉は、渋谷川や人の流れを表現するとともに、ここから世界に向けて新しいコト・モノを発信し続けていきた


い、という思いが込められている。新しい人の流れを生む歩行者ネットワークも新たに整備。地上・地下で渋谷駅とダイレクトに接続する


「アーバン・コア」で、国道246号によって分断されていた渋谷駅南側をつないだ。


また、官民連携による渋谷川の再生は、今回のプロジェクトの目玉のひとつ。(渋谷ストリームから新たな流れ7へ続く、日経:東急電鉄


「大渋谷構想に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-10 13:21 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ5>


―新たなコト・モノを世界へ発信―

渋谷ストリームは、東横線の地下化に伴い利用されなくなった旧東


線渋谷駅の、ホーム及び線路跡地等を利用した大規模複合施設だ。高さ約180メートル、地上35階建ての建物は、商業ゾー


ン、ホル、オフィス、ホール等で構成される。コンセプトは「クリエイティブワーカーの聖地」。


次代の流れを創り出す街を目指し、さまざまな分野のクリエイティブワーカーたちが集い、交流することで、化学反応を起こすプラッ


トホームを目指す。(渋谷ストリームから新たな流れ6へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-09 15:50 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ4>


「広域渋谷構想」はこの恵まれた立地を生かし、それぞれのエリアの回遊性を高める「点ではなく面」としての開発をすることで、


「何度も訪れたい街」づくりを目指す。その中で、渋谷~代官山方面の動線を作るのが、「渋谷ストリーム」の開発と官民による渋谷


川沿いの遊歩道の整備、そして、一部オープンした「渋谷ブリッジ」である。渋谷ブリッジは、渋谷ストリームから渋谷川に沿って


約600メートル南下した、と東横線の線路跡地に誕生する複合施設。保育園やホテル、事務所、店舗を備え、多世代・異文化を「橋


渡し」することを目的とした。

そして、駅前とは異なる魅力を持つ多様な機能・用途を複合させ、


周辺地域および広域渋谷圏の魅力創出につなげる。

(渋谷ストリームから新たな流れ5へ続く、日経:東急電鉄「大渋


谷構想に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-08 14:40 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ3>


渋谷の最大の強みは、何といっても個性、かつ魅力あふれる周辺エリアの存在だ。流行発信の拠点である原宿、おしゃれな人が集う表参


道、最先端のレストランやカフェが軒を連ねる恵比須・代官山・中目黒といった街は全て徒歩圏。新国立競技場や代々木公園、複数の大学


など、文化・学術機関も存在する。

「広域渋谷構想」はこの恵まれた立地を生かし、それぞれのエリアの


回遊性を高める「点ではなく面」としての開発をすることで、「何度も訪れたい街」づくりを目指す。(渋谷ストリームから新たな流れ4


へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-07 15:54 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ2>


2012年4月開業のリーディングプロジェクト「渋谷ヒカリエ」を含む8つのプロジェクトは順調に進んでおり、ここ数年、著しい


変貌を遂げている渋谷の進化は、まだ止まりそうにない。

東急電鉄は2018年3月「Greater SHIBUyA (広域渋谷圏)構


想」を発表。渋谷駅を中心にした半径2.5キロメートルのエリアを範囲とし、新しいプロジェクトや文化を世界に向けて発信し続け


ることで、持続的に成長する都市圏を創りだす取り組みだ。(渋谷ストリームから新たな流れ3へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想


に弾み」資料参照)



# by refresh_light | 2019-01-06 13:09 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<渋谷ストリームから新たな流れ>


100年に1度といわれる渋谷駅周辺の再開発が、2027年度完成予定で進行中だ。9月13日、渋谷駅の南側に位置する、旧東急東横


線のホーム及び線路跡地等に「渋谷ストリーム」が開業。渋谷駅の南側は「渋谷ストリーム」の開発と、官民連携による渋谷川の再


生・遊歩道の整備により、クリエイティブワーカーを魅了するエリアへと変動を遂げる。


―広域渋谷圏構想実現へ―

「渋谷ストリーム」は東急グループが中心となって進めている。


谷駅周辺の再開発プロジェクトのひとつだ。(渋谷ストリームから新たな流れ2へ続く、日経:東急電鉄「大渋谷構想に弾み」資料


参照)



# by refresh_light | 2018-12-30 13:47 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?8>


PETボトルリサイクル推進協議会によると、16年のリサイクル率は83.9%で、2040%程度の欧米に比べ極めて高い。


さらなる回収率アップのため、スーパーなどに回収機を置く動きが出てきた。セブン&アイ・ホールディングスでは全国に約700台設


置。ボトル5個で1円相当のポイントがたまる。ただ、国内で再生したペット樹脂の用途を見ると、70%以上がシートや繊維などにリ


サイクルされている。再びボトル使用しているのは20%強だ。

プラスチックごみを減らすためにも、より効率の高い完全リサイク


ルの実現が課題となっている。(日経:「暮らし物語」鉄村和之氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-29 12:41 | 社会経済 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?7>


コストの面が課題だが、プラスチックごみが社会問題化するなか近い将来、植物由来100%の容器が誕生するかもしれない。


―リサイクル率は8割以上―

注目されているプラスチックごみ削減問題。国内でしょうじる約


900トンの廃プラスチックのうち。約1割がペットボトルだ。PETボトルリサイクル推進協議会によると、16年のリサイクル率は


83.9%で、2040%程度の欧米に比べ極めて高い。さらなる回収率アップのため、スーパーなどに回収機を置く動き出てきた。


(ペットボトルの進化?8へ続く、日経:「暮らし物語」鉄村和之氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-28 12:44 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?3>


「ペットボトルの進化?3」が抜けていましたので、順序が前後しますがここに挿入します。


ボトルを良く見てみよう。側面に様々な凸凹がついている。「これは単なるデザインではなく、意味がある」(細貝さん)リング状の凹み


(リブ)は横方向への強度を増すためのもの。パネル状の凹みは、飲料を冷やしたときに生じる減圧による凹みを吸収するためのもの


だという。炭酸飲料と非炭酸系では底の形状が違っている。

非炭酸系は少し内側にへこんだ凹状なのに対し、炭酸系は突起物が


5つ付いている。これは内部のガス圧を分散して耐久力を高めると共に、ボトルを自立しやすくする工夫だ。(ペットボトルの進化?


4へ続く、日経:「暮らし物語」鉄村和之氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-27 13:32 | 社会経済 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?6>

手に持つと柔らかく、少しフニャとする。「かってはボトルが少しでもへこむと不良品だったが、いまでは消費者が多少のへこみには寛容


になって買ってくれるようになった」(細貝さん)。軽量化が進む背景には、消費者意識の変化もあるようだ。


日本コカ・コーラでは、いち早く原料の一部に植物由来の素材を混ぜて作ったペットボトルを「い・ろ・は・す・」に使っている。


「重量の約30%が植物由来。(これまで捨てられていた)サトウキビの搾りかすを有効活用している」という。(ペットボトルの進化?


7へ続く、日経:「暮らし物語」鉄村和之氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-27 13:24 | 社会経済 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?5>


技術本部の柴田充さんは「ボトルを輪切りにすると断面が五角形や六角形で、これをずらしながら何個も重ねたような形状になってい


るのがミソ。それで様々な方向からの耐久性を高めている。口部も軽量化し、全体で従来より約4割軽くした」と話す。


1億本を生産した場合、ガソリン換算で一般的な自動車が、地球約90周分の原油削減効果があるそうだ。


東洋製缶でも18グラムのボトルを開発。側面に耐久性を高めるためのパネルや溝がほとんどなく、ほぼツルツルの形状だ。


(ペットボトルの進化?6へ続く、日経:「暮らし物語」鉄村和之氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-26 13:46 | 社会経済 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?4>


蓋をひねって外したあとの口の部分も注意して見ると、白と透明の2種類がある。


果汁など中身の飲料を高温殺菌して充填している場合は、口部のペット樹脂を白く結晶化させて耐熱性を高めている。


無菌化された工場で常温充填する場合は、その必要が無いので透明のままだ。とりわけ軽量化が進んでいるのは、ガス圧や耐熱の対策


の必要のない無菌充填タイプ。かっては500ミリリットルタイプだと3040グラム程度だったが、10グラム台が続々登場している。


日本コカ・コーラの天然水「い・ろ・は・す」が使うペットボトルは、555ミリリットル入りで12グラムしかない。


(ペットボトルの進化?5へ続く、日経:「暮らし物語」鉄村和之氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-25 13:56 | 社会経済 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?2>


PETボトルリサイクル推進協議会によると、2016年の出荷量は227億本にもなる。


ペットボトルは中身の飲料を保護するため、輸送しても壊れない、人が手に持って圧力を加えてもつぶれないなどの強度が必要だ。


どんな工夫をしているのだろうか。ペットボトル製造大手の東洋製缶を訪ねると、技術開発統括室の細貝卓さんが「折り紙の理屈を使って


耐久性を高めているんです」と教えてくれた。(ペットボトルの進化?3へ続く、日経:「暮らし物語」鉄村和之氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-24 13:48 | 社会経済 | Comments(0)
<ペットボトルの進化?>


無色透明なコーヒーや紅茶、コーラなどが登場して話題のペットボトル飲料。中身だけでなく容器のペットボトル自体も進化している


のに気付いているだろうか。どんな工夫が詰まっているのか。秘密を探った。「最近のペットボトルは重さを感じない。


右利きだけど、左手で簡単につぶせる」。東京都千代田区の会社に勤める奥愛理さんは、笑顔でこう答えた。「捨てるのに場所をとら


ないので、いいんじゃないですか」1960年代に米国で基礎技術が確立されたペットボトル。日本では82年に食品衛生法改正で清涼飲料


用に使うことが認められ、ガラス瓶に変わって一気に広まった。(ペットボトルの進化?2へ続く、日経:「暮らし物語」鉄村和之


氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-23 13:55 | 社会経済 | Comments(0)
<単純作業も人手が必要4>


考えてみるとよい。ケーキ屋さんに、いくつもの自動化用の機械が並んでいる。そんなお店には誰もいきたくなくなるだろう。


たった一人、人間を雇えばこうした設備投資はすべて不要となり、そのうえ、店の見栄えも極めて良い。だとしたら、企業は機械より


も人手を選ぶに決まっている。数社取材した中で、製造系の企業の自動化担当者はこんな話をしていた。


「製造業はコストダウンのために極限まで自動化しています。そうして残った部分にのみ人手をつかっている」。そんな自動化の難し


い作業群がそうそう簡単に機会代替はできないのだ。人一人でそれらが解決できる。人間は捨てたもんじゃない。


(日経;雇用ジャーナリスト・海老原嗣生氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-22 12:38 | 社会経済 | Comments(0)
<単純作業も人手が必要3>


例えば、ケーキ屋さんのレジ打ちの仕事を考えてみよう。この仕事は、レジを打つ、ケーキを取り出す、ケーキを箱に入れる、包装す


る、補充する、値札をつける、ショーケースを磨く、などの作業から成り立つ。これらの仕事を機械化・自動化するということは、す


なわち、7~10もの異質な作業を全て自動化することである。それには当然、7~10のメカトロニクスが必要となる。


それぞれの開発には時間とお金がかかるし、しかもスペース効率や見栄えも悪くなる。考えてみるとよい。


ケーキ屋さんに、いくつもの自動化用の機械が並んでいる。(単純作業も人手が必要4へ続く、日経;雇用ジャーナリスト・海老原嗣


生氏資料参照)



# by refresh_light | 2018-12-21 13:10 | 社会経済 | Comments(0)