道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
都心の森のホテル2

都心の森のホテルからの続きです

フロントで手続きを済ませ、室内へ入って感じたのは、窓から眺める東京の夜景が何と素晴らし

いことか、そして風呂場と湯船が何と広いことか。 夜景はいつも見ているけど、程よい高さと、

ある程度離れたところから眺めた方が、雑物が闇に隠れ綺麗に見えるもの、と実感しました。 

風呂場はざっと10平米ほどのスペースがあり、 湯船は,家族数人で同時に入っても大丈夫、

と思えるほど広く、もうゆったりと足と腕を思いきり伸ばし、日頃の疲れをすっかり取ることができ

ました。

翌朝の朝食。 食堂から眺める敷地内の森の眺望は、都心ではめったに体験できない素晴らし

いもの。 はるか信州の軽井沢にでも来ているのか、と一瞬錯覚してしまいました。料理は朝食

にもかかわらず、何種類もの美味しいものが並び、飯も美味しく、お代りまでしてしまいました。

ホテルの食事代は概ね、一般の食事代よりやや高めでしたが、このホテルの場合は、眺望料

のようなものが、若干加算されているのかと納得。

食後、森の中を散歩しましたが、緑の好きな整体おじさんにとって、朝露のかかった葉っぱや樹

木の香りが何ともいえず良く、とてもいい気分になり、プレゼントしてくれた友人に心から感謝

し、有難うという気持ちになりました。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-21 12:11 | 社会経済 | Comments(0)
都心の森のホテル

クリスマスが近くなるとどこのホテルでも、ディナーショウとかアフターヌーンティーなどと銘打っ

て、さまざまな催しを行っています。 整体おじさん2年ほど前の今頃の時期に、地方の友人

から、予期しないプレゼントを頂戴しました。 それは、都内の某高級ホテルの高価な一泊宿泊

券でした。 都内に住んでいる者が、都内の高級ホテルに宿泊することは、余程の事情がない

限りあり得ません。

プレゼントしてくれた友人からのtelでは、夫婦で東京へ行くのを楽しみにしていたのだが、夫の

急用で行けなくなった。 ほっておくのはモッタイナイ。 ここはむしろ、東京に住んでいる夫婦な

ら、日程の融通も利き易く、たまには日常と違った体験もということで、喜んでもらえるのではな

いか、とのことでした。 妻と相談し一泊旅行気分を楽しむことにしました。

このホテルは、森の中にあって緑に囲まれた自然環境のいいホテル。 日常と違った体験も、

たまにはということで、このホテルへ到着したのが22時頃。 ホテルの敷地内に生い茂る樹木

の香りが、すがすがしくて心地良く、ここが都心かと疑いたくなるような環境。

ホテルは今、外資系の進出が盛んで、激しい顧客獲得競争と、集客力のあるイベントの実施が

勝負のようです。 ディナーショウはこの日は無く、ホテル内はとても静かな雰囲気でした。(都

心の森のホテル2へ続きます)
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-20 12:42 | 社会経済 | Comments(0)
囲炉裏文化の鍋料理

今年も残りわずかとなりました。 整体おじさんの店に来るお客さんで、時の過ぎるのは早いで

すネと挨拶する方は多いものです。

当然のことながら、一年は365日、一日は24時間ですから、すべての人が平等に、年間

8760時間が与えられ、思いおもいの生活をしています。ところが、過ぎてみると一年を短く感じ

た人と、長く感じた人がいるのは何故か。  寒い夜鍋をつつきながら、そんなことを考えまし

た。 辛いことや悲しいことが多く、暇が有り余っているような人は、長い一年であったと感じるだ

ろうし、楽しいことが続き、仕事が忙しく、やることが沢山あるような人は、この一年とても短かか

ったと感じるかも知れません。

ところで、気温と鍋の関係ですが、セ氏14度以下になると、寄せ鍋やちゃんこ鍋などの売れ行

きが伸びると言われます。 そして、セ氏15度程度はおでんが好まれ、暖冬になるとしゃぶしゃ

ぶに人気が集まると言われています。

この鍋ブームの原点は、農村の囲炉裏文化にあるようですネ。

囲炉裏は竪穴式住居の跡にも見られるほど、古い歴史を持つもので、日本には鍋の食事を受

け入れる大きな土壌がありました。 鍋ものの最も大きな特徴は、「皆で囲む食事形式」にあり、

これこそまさに囲炉裏での食事です。 やがて、江戸の鍋物の流行と農村の囲炉裏での食習

慣が交差して、日本は鍋物大国になりました。 特に、地方で季節ごとに入手出来る食材と、あ

りあわせのものを使って作ったごった煮は、鍋物の流行により、郷土料理と呼ばれるお国自慢

の料理になりました。 整体おじさん、サラリーマン時代に地方の鍋料理である秋田の「きりたん

ぽ鍋」と「しょっつるなべ」、福岡の「フグ鍋」、宮城の「カキ鍋」をつついて食べたことがあります。

これらの郷土料理は、地元の食材をふんだんに使った美味しいもの、その土地で食べるとう

まさも格別で、機会があれば再度訪れ食べてみたいものです。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-19 11:41 | 社会経済 | Comments(1)
団塊世代の方へ・・地域参画を、の2

団塊世代の方へ・・地域参画を、からの続きです。

一方、地域商店街等の活動者には、一般的に高齢者で自営業出身者が多く、今どこの街でも

新しい街づくりで苦心し、新しい発想の出来る多様な人材を求めています。  サラリーマンは

転勤・転職・転宅などを通じて、広範な地域を歩いてさまざまな地域・商店街を見ています。そし

て、いろいろな人との接触の機会も多いものです。 会社では物事を多角的に見たり、捉えたり

することを訓練され、身につけています。 更に、団塊世代などはパソコンを、普通に操作出来

る人は多いものです。 自分が住んでいる街はもちろん、住んでいない街へ出かけ、そこでパソ

コンの仕事のお手伝いや指導をすれば、周辺から歓迎され、フレンドシップが芽生えてくるもの

です。 そんな機会を、新しい人脈づくりのチャンスと捉え、街の人達と仲良くなり、スムーズに

街の中に入って行くことが出来ます。
 
サラリーマン卒業者のような人材を活用しないのは、貴重な人的資源を無駄にすることで、本当

にモッタイナイ。  整体おじさん、今、ボランティアで渋谷道玄坂地域の仕事をしながら、しみじ

みと思っています。  

健康に恵まれ、そこそこの年金等がもらえるサラリーマン経験者は、積極的に地域活動に参加

して、これまで蓄積してきた知識・経験を活かして欲しいと思っています。  

参画できれば地域の方に喜んでもらえると同時に、自分も充実した気持ちになるものです。 
 
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-18 12:27 | 社会経済 | Comments(0)
団塊世代の方へ・・地域参画を

整体おじさんのところへ来るお客さんの中に、団塊世代の方が何人かいます。

この世代の皆さんは、とても元気で明るい人が多いのですが、これはこの世代が生きてきた豊

かな時代の影響かも、などと整体おじさんは考えています。 今、金融・サービス業を中心に産

業界では、期待される消費集団として団塊世代を意識し、そのライフスタイルに強い関心を持っ

ています。 このため、種々のアンケートなどを通してこの世代の、消費動向、退職金運用、余

暇の過ごし方、ボランティア活動等について、リサーチしています。働き蜂だった団塊世代のサ

ラリーマンが、たっぷりと余裕時間が出来たとき、それぞれどんな生活を送ることになるのか。 

他の世代だとあまり注目されないことでも、団塊となって数が多くなると足し算の原理で、社会

に与える影響は大きなものとなります。  

団塊世代は厳密にいうと、1947~49年までの3年間に生まれ、日本の人口構成の大きな比

率を占める世代で、その総数はおよそ700万人。 この世代は日本経済の繁栄を担い、戦後生

まれの自由な発想で、数多くの文化を生み出してきました。 

余裕時間の出来たお父さん達は、家庭で妻や親など家族と仲良く、暮らしていけるかどうかも

気になります。 妻から、サンデー毎日などといわれ、「一日中家にいるのは勘弁して」とまで言

われます。 しかたなく、お父さんはサラリーマン時代と同じように朝家を出て、公園・デパート・

博物館等を巡って時間を過ごし、夕方自分の家へサラリーマン気分で帰宅する、というような話

はよく聞きます。

(団塊世代の方へ・・地域参画を、の2へ続きます。)
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-17 12:02 | 社会経済 | Comments(1)
肩こりOL嬢から元気を

12月13日(水)、一日中パソコンをやっているため肩こりがひどく、目も疲れ、右腕が重く、腰も

痛いといって知人のOL嬢が店に来ました。 このOL嬢は20代半ばの、とてもスタイルのいい

美人お嬢さん。  整体おじさんのところへは以前にも来たことがあり、 今日はじっくり全身をお

願いしたいとのこと。 日頃、整体おじさんの店の前を通る時、顔が合えば必ず笑顔で、声をか

けて挨拶する明るく元気なOL嬢。  施術中に、そこは痛いけど気持ちいい、人の体にはツボが

いくつあるのですか、 今、押したところは何のツボですか、身体の何処に効くのですか、前回に

比べ少し痛いのは、こりがひどくなっているのですか、などと真剣に質問してきました。 整体お

じさん、このOL嬢が次々と聞いてくるその真剣さに感心してしまいました。 典型的なパソコン

疲れの症状を少しでも軽くして欲しい、との切なる願いを込めての質問と感じられました。

そして、一つひとつ質問に答えながら、ここは痛くないですか、痛いときは遠慮しないで言って下

さいネ、ここはどうですか気持ちいいですか、人の身体には360ほどのツボがあるんですよ。こ

こは肩井(ケンセイ)といって、肩こりをほぐすときに用いる大事なツボですが,前のときよりも少

し固くなっていますネ。ここは合谷(ゴウコク)と言って、肩こりはもちろん、さまざまなところに効

く万能ツボですよ。 などと会話を交わしながら、心身ともにリラックスしてもらえるよう施術しま

した。 終わってお茶を飲みながら、OL嬢はいろいろ面白い話をしてくれました。 アメリカのニ

ューヨークとカリフォルニアで5年間生活。 彼氏はドイツ人で近々日本へ来る、それを心待ちし

ているという。 

時の過ぎるのも忘れ、熱のこもった話を伺いましたが、いずれベンチャー企業のような会社を起

こすのが夢、英語はペラぺラ、これから中国語も勉強したいと意欲満々。

 整体おじさん、この元気で明るく青春真っ盛りのOL嬢から、沢山の元気を頂戴しました。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-16 09:52 | 整体と健康 | Comments(1)
野菜の廃棄は悲しい2

野菜の廃棄は悲しいからの続きです。

私達現代人は野菜の摂取量が不足しているようです。

厚生労働省の調べでは、働き盛りの20歳代から中高年層まで、野菜不足が深刻化していると

いわれています。 野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維といった健康に欠かすことの出来な

い栄養成分が豊富に含まれています。 健康や美容に重要な役割を担っているため、不足する

と、栄養バランスが崩れてしまいます。厚生労働省では1日30品目の食材を摂取するのが、望

ましいとの指針を打ち出していますが、時間に追われる毎日を過ごしている現代人にとって、こ

れだけの食材に気を配る余裕は、なかなか難しいかもしれませんが、健康管理のためには意

識的に摂取したいものです。

現代のサラリーマンの中には、朝食抜きの食生活を実施している人や、食事はすべてコンビ二

の外食という人が結構多い、という話も聞きます。 これから一日が始まる朝、朝食抜きで頑張

るのは健康に良いはずはなく、コンビニだけの食事というのも、精神的にも体のためにも、歓迎

されるものではありません。 整体おじさんは思います。

ビタミン等不足からくる病気を予防するために、厚生労働省や医療関係者は、安くて健康に大

切な野菜を、もっと食卓に並べて欲しいことを呼びかけてもらいたい。 これは、医療費節減の

観点からも、関係者に強くお願いしたいものです。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-15 11:37 | 社会経済 | Comments(0)
野菜の廃棄は悲しい

野菜が大好きな整体おじさん。子供のころ田舎で汗をかきながら、野菜作りを手伝った経験か

ら、このところの価格急落は気になります。キャベツ、レタス、白菜など全国あちらこちらの畑

で、廃棄処分されている様子を見ると、大変悲しくなってしまいます。  これだけ大規模で全国

的に処分すれば、野菜の供給は減り、これから迎える正月の需要増と重なり、価格は葉物野菜

を中心に、かなり上昇することが想定されます。 何とか廃棄処分せず、活用する知恵がないも

のだろうか、と誰もが考えていることです。 畑で大型機械に押しつぶされる野菜の姿を見るの

は、とてもつらく農家の悲鳴が聞こえてきます。 大事に育て、可愛がってきたペットが、圧死さ

れるような思いさえします。
 
野菜の消費をもっと増やす方法はないものか、あるいは野菜をうまく貯蔵する方法はないもの

か、炭鉱の廃坑などでは貯蔵できないだろうか、しみじみ考えます。

日本人は肉や美味しいものを食べ過ぎて、メタボリックシンドロームといわれる成人病の人は多

いけど、野菜の摂取不足でビタミン等が不足し、病弱になっている人も多いといわれています。

何を食べるかは個人の自由。 でも、安くて健康にいい野菜をもっと食してもらいたい、との消費

者へのPRを、廃棄処分の経費の一部が当てられないものか、農林水産省や農業関係者に検

討してもらいたいものです。  (野菜の廃棄は悲しい2へ続きます)
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-14 15:58 | 社会経済 | Comments(0)
水資源の確保2

水資源の確保からの続きです。

将来、世界の多くの地域で、水需要が逼迫することを視野に入れ、大手繊維会社の東洋紡は、

独自に開発した中空糸膜技術を活かし、海水から生活に必要な水を作り出す、海水淡水化用

の「逆浸透膜事業」を実施しています。

海水に圧力を加え、逆浸透膜を通すことで、海水から真水を作ることが出来ます。この膜は塩

素殺菌に優れた耐久性を持ち、微生物や藻の増殖による目詰まりが起こらず、高品質の水を

安定的に生産することが出来ます。   2年後の2008年6月には、この膜を用いた淡水化プ

ラントが、サウジアラビアで動き始めますが、このプラントは中東湾岸諸国最大の、日量20万5

千m3生産するものです。

この地域における海水淡水化プラントの需要は、これから年10%の成長が見込まれ、この会

社は更なる受注拡大を目指し、工場の膜生産能力を今年度の1.5倍に増強することを計画し

ています。

整体おじさん10年くらい前までは、水と空気はただで使えると思っていましたが、今、都会で

は、飲み水をペットボトルなどで買って飲んでいる人のほうが、水道水を飲んでいる人より多くな

っているのではないか。 これは、あまり予想していなかったことです。 話が横道にそれます

が、極端な話、空気だって将来値段がつくかも知れません。

地球の7割は海洋で塩を含む水は、無限と言えるほどあります。 この海の水資源を有効に活

用出来れば、人類にとってこんなハッピーなことはありませんネ。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-13 12:29 | 社会経済 | Comments(0)
水資源の確保

整体おじさんの店に来るお客さんの話です。そのお客さんは水の研究開発などを行う企業に勤

務しているOL嬢。 大卒で相当なインテリ。  若いのにいろいろよく勉強していると感心させら

れると同時に、整体おじさんも年齢の差を忘れ、いろいろ充電させてもらっています。  そして

彼女は、日本は水資源に恵まれているけれど、アジアや中近東などでは水不足で困っている

国や地域はとても多い、と真剣な顔で言っていました。 

21世紀は水資源を確保するのが、現在の石油資源と同じように、大変重要になるのではない

かといわれています。 なぜなら、世界には今でも水不足のために貧困から抜け出せず、不衛

生のため病気等に悩む地域があるのに、 今後、想定される人口の増加で、生活用水需要の

増大のみならず、食料生産のための灌漑用水需要も増加してきます。

その上、生活水準の向上に伴って、飼料用穀物等の消費が増えれば、穀物の需要も増え、結

果として、一層の水資源需要の増大につながることが懸念されるからです。

(水資源の確保2へ続きます)
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-12 12:57 | 社会経済 | Comments(0)
ボーナス・サンデーの繁華街

12月10日(日)、整体おじさん、孫(小2年)にねだられ、おもちゃのラジコン車を買うことになり

ました。 目的のおもちゃは、渋谷の二つのデパートを探しても無く、結局、池袋のサンシャイン

シティーで買うことが出来ました。 この間、渋谷、池袋の駅周辺やデパート、更には繁華街を

子供の手をとり歩きました。 どこから人が出て来るのか、デパートの売り場は、年末商戦という

こともあって大盛況。 そして、オヤッと目についたことがありました。 それは、人であふれる駅

周辺の雑踏の中で、若い20歳前後の女性が、超ミニのスカートや短パンをはき、背骨をピンと

伸ばし、堂々と歩いている姿を何人か見ました。 コートを羽織っていても、前から見れば夏の

ビーチと同じもの。 

中には大胆に臍まで出して、カラフルなTシャツをアピールしていたお嬢さんもいました。 寒くな

いのか、それとも若さゆえに、ニューファッションを優先したいというのか。 地方のあちらこちら

から、雪の便りが聞こえてくる歳の暮れ、周辺を歩いている人の多くは、冷たい風邪を避けるた

め、コートの襟を立てています。 整体おじさん、お嬢さん達にくれぐれも風邪などひかないよう

に、と祈る心境でした。  それにしても、渋谷のスクランブル交差点あたりや池袋のサンシャイ

ン通りは、今日は日曜日のボーナス・サンデーのためか人ひと人。 好景気を実感出来なくて

も、この時期は人並みにお歳暮を贈ったり、クリスマスの準備や買い物などで何かと忙しい時

期。繁華街の渋谷や池袋は、どこも人で一杯の日曜日でした。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-11 11:59 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
ロシアの躍進

整体おじさん、中国インドなどの経済発展には、目を見張るものを感じますが、資源大国ロシア

の経済成長にも目覚しいものを感じます。 ブラジルを含めBRICs各国の経済成長は、人口規

模や国土面積の大きさもあって、先進国や周辺諸国に与える影響は、相当大きなものがありま

す。 中でもこのところ、資源の権益をめぐって、資源大国ロシアへの関心が高まっています。

ロシアはかってアメリカと世界の覇権を競った大国。 これからも経済・政治の面で世界に影響

を与える国。 三菱商事モスコー事務所長の大村哲明氏が、ロシア経済や天然資源等につい

て語っていますが、以下はその一部です。参考になります。

アジアからヨーロッパにまたがるロシアの国土は、日本の45倍、米国の2倍近い広さを誇って

おり、そのスケールは計り知れないものがあります。

歴史も芸術も自然も、すべてが広大で奥深く、多くの人々に感動を与えてきました。中でも、ク

ラッシックバレ-をはじめとしたロシアの芸術は、世界的に評価が高く、創立200年を超えるポリ

ショイ劇場はオペラ・バレイの殿堂として有名。 ロシア経済は1999年を境に急速な成長を見

せており、ここ数年の実質GDP成長率は6~8%と高水準を維持しています。この牽引役となっ

ているのが天然資源。 原油はサウジアラビアに並ぶ量を生産し、天然ガスは世界断然トップ

の埋蔵量を誇っています。ヨーロッパの電力のおよそ四分の一がロシアの天然ガスにより発電

されているほど。

豊富な天然資源を背景に、好景気が続くロシアでは、比較的裕福な中間層が増加し、消費財の

需要が大きく伸びています。 これはBRCSsの中では、人口が最も少なく、天然資源で潤った

分が、一般の国民にも行き渡ったことの現れではないか。

国民の間には消費することの楽しみがすっかり浸透しており、消費マーケットとしても、大変魅

力的なマーケットになってきました。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-10 14:32 | 社会経済 | Comments(0)
膝の痛み

整体おじさんのところへ来る中高年者で、膝の痛みを訴えるお客さんは、男女を問わず結構多

いもの。 このようなお客さんは概して、少し太りぎみの人や、体重のある人に多いものです。 

そして、膝の痛みは、加齢と共に増える「変形性膝関節症」のため、と医者から言われた、と言

って来るお客さんが多い。 歳をとると、どうして変形性膝関節症になる人が増加するのだろう

か。  いろいろ調べてみました。

変形性膝関節症は、軟骨の磨耗から起こる病気。  軟骨が劣化する原因は老化のほか、肥

満による体重の負担もあるといわれます。 軟骨が磨り減ると膝の関節の、骨と骨とが直接ぶつ

かり合うようになり、動かすときに激しい痛みを感じます。

膝が痛いからといって体を動かさないでいると、運動不足で体重が増え、膝に負担がかかり症

状が更にひどくなる、という悪循環に陥ってしまいます。 また、太っている人ほど、強い痛みを

感じる傾向があります。  ひどくなると関節の骨の一部に、トゲのように盛り上がった骨棘(コッ

キョク)が出来、膝が曲がりにくくなったり、伸ばせなくなったりすることも。  磨耗した軟骨が再

生して元に戻ることは無理ですが、ウオ-キングなど適度の運動をすれば、膝を刺激して血行

を良くし、軟骨の滑りを良くするといわれています。 運動のほか有効とされるのが食事療法。 

骨と骨の間でクッションの役目を担う軟骨は、コラーゲンと呼ばれるたんぱく質繊維の間に、ヒ

アルロン酸やコンドロイチンというネバネバした多糖がしみこんだ構造です。 この軟骨の滑りを

良くする成分をつくる「アセチルグルコサミン」は、蟹、海老、茸、牛乳などに含まれ、食べ物から

吸収出来るほか、体の中でも合成されています。
 
しかし、加齢とともに合成能力が衰えてくるため、サプリメントなどで補完的に摂取するのも、効

果的といわれています。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-09 11:30 | 整体と健康 | Comments(0)
新手の振り込め詐欺

整体おじさん、渋谷の防犯協会が実施した会合に出席し、「振り込め詐欺」が依然減らず、むし

ろ新手のATMなどを使った詐欺が増えている、という話を聞きました。
 
渋谷警察署も高齢者や家庭の主婦などが、被害にあわないようPRに懸命で、当日も理解し易

いよう漫才師2人が登場し、手振り身振りで、「振り込め詐欺」にあわないよう大熱演。

今、多いのは、税務署や都税事務所などの職員を語って、電話で『還付金を渡す』などと持ちか

け、ATMを操作させようとする詐欺が、都内で多発しているという。

10~11月の2ヶ月で、昨年度1年間の4倍を超える相談や問い合わせが、東京都に寄せられ

ています。  東京都では、「電話口でATMの操作を求めることは絶対にない」と注意を呼びか

けています。 10月頃から、携帯電話を持って銀行やコンビニのATMに向かわせ、振込みを指

示する手口が目立っている。 電話口で、「電子マネーで還付します」「都には独自のネットワー

クがあり、事務所とあなたを直接つなげます」などと、ATMの操作が必要と信じ込ませ、期限が

過ぎると還付金が国に寄付されると言って、手続きを急がせたりします。 ATMのパネル操作は

「オンラインで振り込む」と持ちかけ、振込みを選択させていると見られます。

東京都主税局の担当者は、「相手の所属と連絡先を確認し、すぐに相談して欲しい」とはなして

います。 年の暮れはお金やものが動き、種々の犯罪が起き易い時期です。

被害に遇わないよう、一人一人が防犯意識を高め注意したいものですネ。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-08 12:20 | 社会経済 | Comments(0)
大切な技術伝承

団塊の世代がいよいよ大量に退職するようになり、日本のものづくり技術を後輩に、うまく伝承

出来るかどうか、製造の現場のみならず、産業界の大きな課題となっています。

このことについて、「産業間交流で日本経済の強化」を訴えるのは、東大ものづくり経営研究セ

ンター長の藤本隆宏氏。 参考になりますので、主張の一部を紹介します。

・企業が固有技術を伝承することは大切で、日本の製造業は非常に高いレベルで達成してき

た。ただ、それだけでは経済効果に限りがある。固有技術を超えたところに「ものづくり技術があ

り、そのイノベーションが必要になっている。

・これからの日本に大切なのは、「産業間」のものづくり技術の移転。 少子高齢化の時代に

は、ものづくりイノベーションの異業種交流が必要。 技術を持ち競争力がある製造業は、国内

総生産(GDP)の十数%でしかない。  この技術を、GDPの数十%を占める金融・建設・サー

ビス業などに伝え、生産性をあげることが、日本経済全体の経済力強化につながる。 

・例えば、トヨタグループ系の生産改革担当者が、スーパーの雄のイトーヨーカ堂で現場を指導

して成果をあげている。 逆に、高級車レクサスを販売するトヨタは、高級ホテルのリッツ・カー

ルトンに学んでいる。産業間で知識移転を進めることの意義は大きい。

・研究センターでの技術伝承の取り組みは、もの作りインストラクターを育て、自分の職場を超

え、ほかの産業でもものつくり技術教えられるよう、知識を体系化している。

三菱重工業、日産自動車、旭硝子、松下電器産業、シャープ、など十数社の現場のベテランが

参加している。

・国際競争にもまれてきた製造業を支えた団塊の世代が、ただ退職していくのはもったいない。

それぞれの企業で、「現場の神様であり、それぞれ固有技術を伝えている。匠の技を閉ざした

世界に置かず、産業を超えて普及させることが、これからの日本に欠かせない
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-07 11:11 | 社会経済 | Comments(0)
長生きを考える

整体おじさんの店にくる還暦を過ぎたお客さんが、「長生きをすることが本当に幸せですかネ」と

哲学的なことを言っていました。 健康で、目標を持って、生きがいのある

生活を送り、家族など周辺の人から歓迎されているならともかく、介護を受け、目標も無く、周辺

から歓迎されないような場合、他人から見れば、長生きはむしろ不幸ではないか、と言いたいら

しい。 整体おじさんチョット返答に困惑しました。 なぜなら、幸せか否かは本人の感じ方で、

他人が詮索するものではないと思うからです。

単純に「そうですネ」というわけにもいかず、「そういうこともありますネ」、とお茶を濁し、挨拶しま

した。 一般論でこのようなことを議論すると、大変誤解をまねきやすいものです。 例えば、苦

楽を共にして還暦を迎え、愛し合っている夫婦がいたとします。 そして、夫が介護を要する状

態になった時、多分妻は懸命に夫の介護をするのではないか。 夫の面倒を見ることが妻の生

きがいになり、夫が生きていればその年金は100%もらえます。

夫は介護を受け、目標はなくても、妻からは長生きすることを歓迎され、「長生きすることが本人

にとっても、妻にとっても幸せ」ということになります。 新村拓著 「健康の社会史」では古代か

らの健康観、長生きの変遷を追っています。

『古代の養生は不老不死を求め、寿命の上積みを願ったが、中世には単なる長寿に疑問符が

付く考えも現れる。いくら長生きしても親しい友や妻子は皆消えうせ、ただ一人残された孤独と、

寂しさに耐えて哀れな余生を過ごすことになれば何の長寿か。

というわけで、中世末期頃から出回る御伽草子には、不老長寿は不幸を招くとして否定する考

えが現れるという。江戸時代後期になると、あくなき長寿の追求ではなく、「ほどほどの生」をま

っとうするための養生思想が主流。 そして現代は、死ぬまで自己実現に努めるのが、健康増

進の目標の一つとされる。 本書の結論は、ほどほどの養生によるほどほどの健康を得て、ほ

どほどの生を終えること』のようです。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-06 12:48 | 整体と健康 | Comments(0)
健康と果物の3

(健康と果物の2からの続きです)

・地中海気候では、夏に雨が少ないため、昔は野菜の栽培がほとんどできなかった。

南米からトマトやジャガイモが伝えられる以前は、ビタミンCの不足による壊血病が多くて大変

だでした。  それを補う上で、果物を食べることが有効だったわけです。

・日本で食育基本法が出来、農水省と厚生労働省が「食事バランスガイド」を発表しましたが、

その中で、毎日どのくらい食べたら良いかが出ています。 一日200グラムをめどに、ミカン、

キウイなら2個、リンゴ、ナシだと1個、ブドウは1房程です。

・ドライフルーツやジュースは優れた食品。ビタミンCはほとんど分解されなくなっていますが、カ

ロテノイドは濃縮されて多いし、何より食物繊維が豊富。ケニアの講師が便秘で困っていたとき

に、干し柿を教えてあげ食べたところ、治ったと言って喜んでいました。  基本的には、出来る

だけ生の果物を食べて、加工品は補完的に楽しみながら食生活に取り入れていけばと思いま

す。整体おじさん、田舎の山国で育ったため、果物は何でも好きで、生のものをよく食べました。

山野で採って食べた懐かしい果物類は、今、当時のように採れるのだろうか。アケビ、山ブドウ、

野イチゴ、桑の実などですが、特に桑の実は、よその畑の桑畑から失礼することもありました

が、唇が紫色になり何を食べたかすぐバレテシマッタ思い出があります。 また、柿を小さくした

子柿という果物はビー球程の大きさですが、熟すととても甘くなり美味しかった記憶がありま

す。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-05 11:01 | 食べ物 | Comments(0)
健康と果物の2
 
(健康と果実からの続きです)

・日本人の伝統的な食生活は、消化しにくい米や野菜が中心。そのため日本人は腸が長い。そ

の日本人が急に動物性食品を多く食べるようになったらどうなるか。肉などは早く消化される

が、腸が長いため排出するまでに時間がかかります。その間に食べ物の残りかすから毒素が

出て、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。米国での糖尿病患者は日系人に多いとよく

いわれます。

・生活習慣病とは、要するに血管の病気。血管の老化を防ぐには、各種ビタミンやカロテノイド、

ポリフェノール、ミネラル、食物繊維などをしっかり摂取すること、つまりそれが豊富に含まれて

いる果物を食べることが最適。

・最近は、果物にガンの予防効果もあることが国際的に認められています。

おやつや夜食には、脂肪分の多いフライドポテトやインスタントラーメンより、果物のほうがいい

のでは。日本では果物はデザートと思い込んで、食後に食べるのが一般的ですが、本当は食

前がいい。

・世界の2大健康食というのは、伝統的な和食と伝統的な地中海食といわれています。

イタリアやギリシャなどの伝統食が残っている地域では、果物の摂取量が非常に多い。一方日

本では非常に少ない。 ヨーロッパの土壌はカルシュームやマグネシュームが多すぎて、 自

然水をそのまま飲むことが出来ない。そのため、水の代わりに果物を食べていたようです。(健

康と果物の3へ続きます)
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-04 13:00 | 食べ物 | Comments(0)
健康と果物

仕事柄、整体おじさんのところへ来るお客さんとの会話は、健康の話が中心になります。

そのため日経新聞が行う、「日経健康セミナー21」というのはいろいろ参考になります。 このた

びの「果物からはじめる健康生活」というパネルデスカッションは、勉強になりましたのでその一

部をここに紹介します。

パネラーは、香川短大北川学長、 農業・食品総研杉浦主任研究員、 田中スポーツキャスタ

ー, 日経ヘルス西沢編集長。

・深刻化する生活習慣病の予防に、果物にふくまれている栄養素が役立つことが最近のさまざ

まな研究で明らかになっています。日本人の果物の摂取量は世界的にみても、少なく、長期的

に減少傾向にあります。

・日本は生活習慣病大国。肥満が3400万人、高血圧症が3000万人、高脂血症、2400万

人、糖尿病が1600万人と推定され大変。 ・生活習慣病は、戦後にいち早く豊かになった米国

から始まりました。 

米国は、1950年代後半からチェーンストアーが多数出来、ビフテキ、ハンバーグ、フライドチ

キンなど自由に食べられるように。 そして1970年代に入り肥満の人が急増、ジョギングが大

流行。  十数年でアメリカ人の体型は、大きく変わりました。 

・それと同じことが現在の日本で起きています。 原因は、脂肪の取りすぎ。そして食物繊維の

不足。 食物繊維は、薩摩芋やゴボウやセロリを連想しますが、果物にも豊富に含まれていま

す。柿やキウイの食物繊維の含有量はセロリよりも多く、果物は健康の上で、非常に大事。

(健康と果実の2へ続きます)
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-03 12:34 | 食べ物 | Comments(0)
ハチ公前で師走を実感

12月1日、今日から師走。 渋谷では道玄坂、文化村通り、公園通りなどで恒例のイルミネー

ションが輝きはじめ、気温もグット下がって、クリスマスやサンタなどの飾りが店の前に現れる

と、もう気持は年末。 そして、気のせいでしょうか、渋谷駅前のスクランブル交差点を横切る

人々の足取りが、少し早くなってきたように感じられます。 いざなぎ景気を抜いて戦後最長とい

われる好景気。 これを実感している人は、駅前に大勢人がいるけれど、果してどれだけいるの

だろうか。 ハチ公の横で、ふとそんなことを考えました。 整体おじさんの店へ来るお客さんも、

会話などから推測すると、好景気を実感している方は、20%もいないのではないかと思われま

す。 家計収入が増えないので消費も伸びず、総務省の12月1日の発表では、10月の一世帯

当たりの消費支出は、実質で前年同月比2.4%の減少。   

株式市場もアメリカやアジアが活況を続けているにもかかわらず、日本は春以降パッとしませ

ん。 企業の設備投資と輸出は好調を続け、これらが景気を牽引して現在の好景気を維持して

いるようです。

多くの人が好景気を実感出来ないのは、どうも大企業等に利益が蓄積され過ぎ、家計部門に利

益が廻ってこないためではないか。 失われた10年で苦しい経営を強いられた経験から、経営

者は今後の経済見通しに慎重で、少し多めの利益蓄積をしているように見えます。 利益が多く

なれば法人税で納税するのだから、企業として役割を果たしているという考えもありますが、今

は、賃金アップなどで家計部門に利益を誘導した方が、お金が消費を通じて有効に循環し、更

に消費を刺激することにより、好景気を実感出来る人が増えるのではないでしょうか。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-02 14:31 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
パソコンで目の疲れ・・ビタミンAを

整体おじさんのところへ来るお客さんで、目の疲れを訴える方が非常に多くなりました。

特に若い男女に多く、OLやサラリーマンに増えています。

目の疲れの理由を聞いてみると、ほとんど一日中パソコンとにらめっこ、という人が多く、中には

会社に残って、深夜までパソコンの仕事を続け、頭まで痛くなってくるという人もいます。

そんなお客さんには、人は機械ではないのですから、適度に休息を取ることが必要で、更に、

目のためにビタミンAの摂取を、心がけることが大切と申し上げています。

ビタミンAは、目の機能や粘膜を正常に保つために必要なビタミンです。

不足すると、目が疲れ痛みを感じ、目が乾燥するドライアイの症状や、暗くなると目が見えにくく

なる夜盲症、その他、視力低下などを引き起こします。  

栄養価が高く,滋養強壮で知られる「うなぎ」はビタミンAが豊富で、特に肝に多く含まれていま

す。人参、ほうれん草、モロヘイヤなど植物性食品に多く含まれているベータ・カロチンは、体内

に必要な分だけビタミンAに変わり、残りは肝臓に貯蔵されます。 ビタミンAは脂質に溶けやす

い性質を持つ脂溶性ビタミンであることから、 ベータ・カロチンを含む食品は、油脂で炒める調

理法が適しています。  また、ベータ・カロチンは熱にも強く、加熱で吸収率が上がるといわれ

ています。

ビタミンAは目以外にも、皮膚や髪の健康、成長期には全身の発育にも関係し、最近の研究で

は、ガンの予防効果もあるとされています。

風邪を引きやすいとか、いつもどこか具合が悪いといった人は、意識的にビタミンAを摂取する

ことが大切。  ビタミンAは、一度に大量に摂取すると体調を崩すことがありますが、通常の食

事では、過剰摂取の心配はありません。(高橋 亨・東洋医学センター代表)

今、野菜が大変安くなっており、 人参・ほうれん草などはこの夏頃の値段に比べて、半分位に

なっているのではないか。 白菜など産地で廃棄処分されている様子を、テレビで見ました。 

廃棄で多少の補助金が出るとしても、農家の汗の結晶である野菜を、何とか有効活用出来ない

ものか頭が痛みます。 我が家でも当分の間、ビタミンAを含む野菜をたっぷり使った鍋料理に

しようか、と妻とはなしています。
[PR]

# by refresh_light | 2006-12-01 12:35 | 整体と健康 | Comments(0)
セールス電話

電話というものは、固定であれ携帯であれ大変便利で、文明の象徴のようなところがあります。

特に、携帯電話は外を歩いていても、何処にいてもすぐに相手と話が出来、相手が出られない

ときは、メールで相手に伝言することも出来ます。  また、若者などは、友人とメール交換する

ことで、孤独の解消や友情の確認をしている人もいるようです。  最近では、パソコンで始まっ

たブログが、携帯電話でも同じように書き込んだり、読むことが出来るようになってきて、 山手

線などに乗っていると、今、若者の半分以上の人が携帯電話のボタンを黙々とクリックしていま

す。 一方、この便利な電話について、整体おじさん大変困っていることがあります。

それは、昼間の仕事中に、「セールス等営業」の電話が頻繁にかかってくることです。  特に、

お客さんを施術中のときの電話は、なんともやりきれないものです。 小人数で自営業をやって

いる店としては、お客さんからの予約電話かと思い、施術中のお客さんにはチョット失礼、と申し

上げて受話器をとり、「ハイこちら・・・」と名乗ると、相手は機械的な声でセールス等の話。 ガ

チャンと受話器を切ってしまう方法もありますが、客商売をしている店としては、そうすることも出

来ません。 相手はこちらの電話番号を知っていて、いつか客になる可能性もあると思うからで

す。お客さんからの電話件数より、セールスの電話の数が多いほどです。 何かいい防衛方法

がないものか。  とりあえず電話帳への番号記載を削除することにし、NTTへその旨はなした

ところ、1年後になってしまうという。 友達の中には、全ての受信を留守番電話にしておいて、

後で自分の方から、知っている人にだけ電話を入れている、という人もいます。 客からの予約

をパソコンに切り換える、という方法もありますが、高齢のお客さんには少し無理があります。 

また、一方的に送付されてくる「PRのファックス」の多いのも気になります。「セールス等営業」

電話と「PRのファックス」への対応は、当店の今後の課題となっています。
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-30 13:18 | 社会経済 | Comments(0)
高層ビル群の街作り

都心で超高層ビルの開発が相次いでいます。 建設技術の向上や容積率の規制緩和が背景

にあり、景気回復で都心のオフィスビル需要が旺盛になっていることが、影響しているようです。

また、都心の地価上昇も、土地の高度利用を促す役割を果しています。

これから出来る予定の超高層ビルは、 2007年1月、東京六本木の防衛庁跡地に、『東京ミッ

ドタウン』。  このタウン、5棟のうち中央棟の高さは約248mと、都内最高層のビル。  

続いて同年秋には、JR東京駅に高さ約205mの『超高層ツインビル』が完成予定です。

また、名古屋では、今年9月 トヨタ自動車などが開発を進めてきた、高さ247mの『ミッドランド

スクエア』が完成し、首都圏以外でも超高層ビルの開発が進んでいます。

最近の超高層ビルでは、オフィスのほか、マンション棟など居住施設も同時に備え、ビル群全

体で街を作っているところが少なくありません。 ビルと共に街も一緒に作るということは大変重

要なことで、 ビル開発では、土地を高度利用すると同時に、街作りの発想が欠かせなくなって

きました。 オフィスだけの高層ビル街は、昼間の人口はドット増えても夜の住民がいないため、

地域自治体へは住民税は入らず、ビル周辺の夜は暗くなって、店も無くなってしまいます。 こ

のようなところを人が歩くことは危険で、もはや街ではなくなってしまいます。 今自治体は、高

層ビルの建設を行ったときは、夜間居住者が住むような街づくりも、同時に作るべきであると、条

例を定めるところが増えています。

整体おじさん、まだ若かったサラリーマンの頃、高層ビルで夜遅くまで仕事をした経験がありま

す。 深夜、自宅までタクシーを拾う時、車は沢山行き来しているけど、誰もいない道路に一人

立っていて、何とも不気味なものを感じた記憶があります。 街の明かりは、人にとって安心感

と、優しさのようなものを与えてくれますネ。
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-29 13:58 | 社会経済 | Comments(1)
危機・・マグロの確保

「すし屋の嘆き」からの続きです。

マグロの好きな整体おじさん、今後、寿司店はどうなるのか気になります。 多分従来型の寿司

店も、回転形寿司店も無くなる事はないと思います。 客は浮気なところがあり、そのときの懐

具合で、時にはサービスの濃い従来型の寿司店へ行って、新鮮なトロの美味い寿司を食べて

みたい、というような気分になる時があるもの。

今後、大変気になることは、日本人が好きなマグロなどの寿司を、従来のように自由に食べられ

るかどうかが心配です。 これは、従来、寿司を敬遠していた世界の多くの人達が、寿司の魅力

に惹かれ、健康志向もあって、マグロなどの寿司を食べるようになったことです。  欧米やアジ

アで、マグロの消費量が増え、枯渇が懸念されるようになりました。

そのため、世界一のマグロ消費国である日本への風あたりが強くなり、世界のあちらこちらの海

で、日本のマグロ漁獲量削減の動きが出てきました。

高級な寿司ネタに使われるミナミマグロは、日本の漁獲枠が来年から5年間、半減することが、

10月のミナミマグロ保存委員会で決定。  12月には、中西部太平洋まぐろ類委員会で、メバ

チマグロやキハダマグロなどの、漁獲枠削減が議論される見通し。

更に、大西洋・地中海で捕れるクロマグロの漁獲枠削減も濃厚で、日本に影響が出てきそうで

す。 マグロ資源は四つの国際機関が管理し、関係国政府が参加していますが、日本にとって

は非常に厳しい情勢になってきました。

整体おじさん、この秋になってマグロの卸値が既に20%程上がっていることから、寿司の値段

がこれからじわりじわりと、上昇していくことを懸念しています。日本は、四方を海に囲まれ、海

とかかわりの深い国。 造船国でもあり海運国でもあります。 バイオテクノロジーの技術も世

界の先端を走っています。 あらゆるものを総動員して、マグロの安定的な確保のため、養殖な

どの技術開発に挑戦して欲しいと思っています。
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-28 10:37 | 社会経済 | Comments(0)
すし屋の嘆き

道玄坂商店街の理事会の場で、整体おじさんの隣に座った、寿司屋の社長がぼやいていまし

た。 寿司屋は、回転寿司の店が出来てから、商売がうまくいかなくなったと。 そして、世間で

は景気が良くなったというけど、自営業の寿司屋はとても大変、このまま店を続けるべきか否か

今悩んでいると。

整体おじさん、従来の寿司店と回転寿司店の違いは何か、考えてみました。 従来の寿司店に

は腕のいい職人がいて、新鮮なネタと上等なシャリを使って握った寿司を、掛け声と共にサッー

と客に出してくれたもの。 そして、客にとっての寿司は、高級で日本的な食べ物というイメージ

がありました。 寿司店の客へのサービスはどこまですべきか、ということはありますが、従来

方式の寿司店は職人を雇う人件費が高くなり、お茶や寿司を運んだりする人手も経費増に繋が

ります。 一方、回転寿司の店のほうは、握るのは職人でなくてもOK.で、少し慣れれば普通の

人でも出来るようです。 

また、新鮮なネタを使っても、客が皿を取ってくれなければ、ベルトコンベヤーを回転しているう

ちに、古くなってしまうこともあります。  このため、寿司の命である新鮮さへのこだわりは、従

来型の寿司店に比べ、少なくなるのでしょうか。

回転寿司の特徴は、寿司を回転させることによって、寿司などを運ぶことが無くなり、お茶や醤

油の準備なども、客がセルフサービスでやってくれるので、スタッフの省力化が図れます。  

また、客は座ると同時に、目の前のものをとって食べられるので、待ち時間がなく、客の回転が

速くなり、将に「回転寿司客」となって、店の経営効率があがります。  そして、効率化した分の

一部を、値下げで客に還元し、安い寿司が食べられるようになったのだと思います。

(「危機・・マグロの確保」へ続きます)
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-27 13:21 | 社会経済 | Comments(0)
代々木公園から富士山が

11月25日(土)、整体おじさん 少し遠くても晩秋の紅葉狩りと、森林浴に行きたい気分でした

が、昼から整体の予約が入っていたため、午前、妻と一緒に近くの代々木公園へ。

公園入口でNHKホール横の広い通りは、よくイベント会場にもなる見事なケヤキの並木通り。  
ケヤキの樹にも種類がいろいろあって、その違いが今頃の季節に良く分かります。 葉の色が、

深紅のものや黄色のもの、茶色のものや黄緑のもの、など遠くから見ると全体として赤茶っぽく

見える樹木が、近くに行くと樹によって葉の色が違うのですネ。

何か新しい発見をしたような気持ちになりました。 これらの樹の下で、若い男女が激しく体を動

かしダンスの練習、そして、午後から実施するのでしょうか、何かのイベント準備に忙しい若者

の集団、そばを散歩しているワンちゃんがチョロチョロ、周辺一帯には上から木の葉がパラパ

ラ、なんとも平和的な風景を見ることが出来ました。

また、代々木公園から富士山を見ることが出来ますが、その場所を知っている人は少ないと思

います。

代々木公園は大きく分けると、広い道路を挟んで集会場となるところと公園に分けられます。 

入口の方が集会場ですが、ここを通り貫け公園へ行く途中の、陸橋の上から富士山が見えま

す。 見える場所は、陸橋の階段を昇ってすぐ南側に立てば、高層ビルと樹木の隙間の、限ら

れたスペースですが見ることが出来ます。 当然のことですが見られる時は、晴れた日の雲や

霞が無く、東京の空の綺麗な時だけです。 整体おじさんは、この場所は何年か前、散歩してい

たあるおじさんから教えて頂いたものです。 フラッと公園へ行って、この場所に立った時見える

確立は、整体おじさんの経験から20~30%位ではないかと思います。 機会があったら試して

みて下さい。 見えた時は一日気分がいいものです。 ちなみに、本日は素晴らしい冠雪の富士

山が見えました。
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-26 11:14 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
ニンニクの効能

以前、整体おじさんのブログで、餃子のことをとりあげ、この中でニンニクのことについて若干触

れましたが、風邪を引き易い季節になりましたので、改めてニンニクの薬効等について調べて

みました。   ニンニクの原産地は中央アジアの山岳地帯とされています。 ニンニクは、タマ

ネギ,ラッキョウ、ネギ等と同じユリ科ネギ属の多年生植物。 そして、乾燥した土漠と草原地帯

から発生した生命力あふれる植物でもあります。

紀元前1550年頃のエジプトの古文書には、ニンニクの利用法として例えば、身体の衰弱や頭

痛、喉のハレなどに薬として処方されていたことが記されています。 更に、古代エジプトのピラ

ミット建設に従事した労働者に、ニンニクが給料として与えられていたという記録もあります。 

ニンニクのいのちの力を人々は健康のために利用すると同時に、神聖で魔力的な何かがある、

とも感じていたようです。 このため、日本でも地方によっては軒先に吊るして、邪気払いにも使

われる風習が残っています。 ニンニクの臭いの成分であるアリシンには、風邪や気管支炎の

原因となる連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す、強い抗菌力があるとされています。 

その他、腎臓の働きを活発にし、血圧を下げることも指摘され、更に、新陳代謝を活発にし、血

行を促し食欲を増進させ、殺菌作用もあると言われています。 

ニンニクを健康維持や元気づけのために、粉末の特別な健康食品として紹介している会社もあ

ります。 

整体おじさん、ニンニクに沢山の効用があることを改めて知りました。食べ方はいろいろありま

すが、まずは、臭いを気にせずニンニク入りの餃子を食べ、健康増進と風邪の予防をしたいと

思います。
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-25 13:44 | 食べ物 | Comments(0)
マンション管理組合の機関紙

整体おじさん 過日ブログで、マンションの総会のことをお話しましたが、そのSマンションでは、

定期的に機関紙を発行しています。 その機関紙に掲載予定の「就任挨拶と今後のマンション

の課題」等について、ここに紹介したいと思います。

『平素 組合員・居住者の皆さんには管理組合の業務に、ご理解とご協力をいただき、誠に有難

うございます。

今期は役員改選の年度にあたり、11月18日開催された「第28期通常総会」において提出し

た、役員改選議案が採決されました。   総会後に開催された「29期第1回理事会」におきまし

て、管理規約第34条に基づき、引き続き理事長に選任され就任いたしました。 併せて副理事

長以下、各役員とその担当業務を決定し、今後、任期の2年間この体制で管理組合を運営して

いくことになりました。 ここに謹んでご報告申し上げます。

 管理組合の役割は、一口でいえば「安全で快適な住環境の確保、そして資産価値の維持・劣

化防止」ではないか、と考えております。

このため、環境・防犯対策は最重要課題と認識し取り組むことが先の理事会で確認され、既

に、環境対策委員会を新たに発足させました。 係争中の裁判については、一審で勝訴を勝ち

取った弁護団と一体となって、二審でも勝訴に向け万全の体制で臨みたいと思います。 更に、

広報活動につきましては、機関紙を中心にきめ細やかな情報提供を行っていきたいと考えてお

ります。 役員一丸となって業務に取り組む所存ですので、何卒一層のご理解・ご協力をお願

い申し上げます。
 
なお、今回 副理事長を退任されましたD様は、これまで6年間、多大なご尽力をいただきまし

た。 ここに心から感謝・お礼申し上げますと共に、これからも専門的立場から、種々アドバイス

をお願いしたいと思います。』
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-24 12:57 | 道玄坂周辺 | Comments(0)
企業の課題・・CO2削減

『化石燃料を消費して二酸化炭素(CO2)を放出する旧来の自動車のままでは、いずれ自動車

そのものが社会から、「ノー」と言われかねない。  今のままの化石燃料依存型社会では、

100年といわず50年後にも、我々の暮らす地球は大きなダメージを負っているかも知れな

い。』   これは、福井ホンダ社長が、10月23日開催された日経フォーラム・世界経営者会議

の「伸び続ける企業の条件」のなかで述べたもの。

整体おじさん、消費生活アドバイザーの勉強会でも、このことが話題になったことがあって大変

印象に残り、ここに紹介させて頂きました。

更に、社長は 『当社は2010年までに、世界の生産活動のCO2排出量を、2000年比で

10%削減する。 自動車技術では新型ハイブリッド専用車を投入し、ガソリン車より3割も燃費

効率が良く、しかもガソリン車と同等のクリーン度を持つ次世代ディーゼルエンジンを開発す

る。   同時に植物から作ったエタノールで走る車も、年内にブラジルで投入し、走行中に

CO2を全く出さない燃料電池車の進化版を開発し、2008年に市販する計画。すべての環境技

術分野でトップランナーを目指し、車両の技術だけでなく、太陽電池の量産や,稲わらからつく

るバイオエタノールの製造技術の開発など、エネルギー面からも総合的にCO2低減に取り組

んでいく。』 と強い決意。

現在、化石燃料を用いた工業化社会の進展で、地球環境に大きな異変が起こりつつあります。

アメリカ・フロリダ州のハリケーン、インドネシア沖の大津波などでは大変な災害が出ていま

す。 日本でも最近の降雨は今までと違って、 限られた地域に集中豪雨となって降り、土砂崩

れや洪水が大きな災害を起こしています。 これらは地球規模の温暖化の影響ではないかと言

われている今、 特に先進国・新興工業国は、CO2の削減に真剣に取り組まないと、人類はと

んでもない災害に襲われるかもしれません。
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-23 13:01 | 社会経済 | Comments(0)
長寿とエネルギー消費

日本人の平均寿命は随分延びました。 厚生省の簡易生命表によれば、平成14年で男子が

78.32歳 女子が85.23歳と世界一の長寿国です。 戦前は男女とも40歳台(昭和10~11

年)であったことを思うと、将に今昔の感があります。 これは日本だけの傾向ではありません。 
ヨーロッパの場合、少々古い話になりますが、古代ギリシャでは平均寿命が何と19歳。 

19世紀に入ってやっと、26歳に過ぎなかったと言われています。 それが20世紀に入って急

速に延びたのです。  

平均寿命の延びは、食料事情の好転や医療技術の進歩、衛生状態の改善などさまざまな要

因が考えられますが、エネルギー(石油)消費量とも関係しているようです。 エネルギーの消

費量が多い国ほど、概して平均寿命は長いと言えます。

エネルギーの消費は、国民の生活水準向上に伴って増え、高度な医療を受けたり、冷暖房で

厳しい気象条件を緩和させたりして、一人当たりの消費量は増加します。  現在、世界人口の

7割を占める途上国は、エネルギー消費量は比較的少なく、平均寿命もかなり短いと言えま

す。  今後、途上国は、医療や生活水準の向上を図るなどして、平均寿命を高める必要があり

ますが、逆に言えば、エネルギー消費を増やさなければ、達成出来ないということになり、先進

国の支援も必要になります。 そのうえ、BRICsなど新興国のエネルギー消費量が、加速度的

に増加することが予測されます。 このため、日本を始め先進国は、限りのある石油・ガスなど

エネルギーの節約や省エネ技術の開発はもとより、地球環境にも配慮したクリーンなエネルギ

ーの研究・開発を急がねばならない。
[PR]

# by refresh_light | 2006-11-22 12:24 | 社会経済 | Comments(0)