道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2017年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

<AIに勝つ臨機応変力6,7>
<AIに勝つ臨機応変力6,7>
几帳面で慎重な「アナリティカル(分析型)」タイプ相手には、大げさな話は避け丁寧に説明するのが効果的。逆に、陽気で話好きの「エクスプレッシブ(直観型)」タイプは、相手を持ち上げながら仕事を進めると成功しやすい。
同理論は、職場の中でも外でも使えるほか、仕事でミスし、相手に謝る場合などにも応用可能だ。難しいのは、同理論に基づけば、自分自身もこの4タイプ
のどれかに当てはまるという点だ。例えば、相手を持ち上げれば効果があるとわかっていても、性格上、なかなかヨイショができない人もいる。
(AIに勝つ臨機応変力7へ続く、日経;常識ナビ、ライター 猪瀬聖氏資料参照)

<AIに勝つ臨機応変力>
話好きの性格が災いし、無駄話の嫌いな相手を不快にさせてしまう場合もある。
松木さんは、「まず自分自身を知り、次に相手の性格を分析し、そして相手によって自分を変える。違う自分を演じることが臨機応変な対応につながる」と話す。自分らしさへのこだわりは大切だが、ビジネスの場では、こだわり過ぎると融通が利かない、臨機応変な対応ができないと見られかねない要注意だ。
臨機応変は、アドリブやその場しのぎとは違う。臨機応変な対応をするためには、普段からの準備や心構え、訓練が欠かせない。
(日経;常識ナビ、ライター 猪瀬聖氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-30 13:30 | 社会経済 | Comments(0)
<AIに勝つ臨機応変力5>

「臨機応変な対応のカギは、相手によって自分の対応の仕方を柔軟に変えること」と指摘。
具体的な方法として、行動科学の「ソーシャルスタイル理論」の活用が有効と話す。

同理論は、人は感情表現と自己主張の度合で4タイプに分けることができ、各タイプに合っ
たコミュニケーションを選択すれば良好な人間関係を築くことができるというもの。

例えば、相手がクールな性格で、効率や結果を重視する「ドライビング(実行型)」タイプの
場合、単刀直入で簡潔なコミュニケーションをとることが肝要。愛想がよく協調的な雰囲気

の「エミアブル(温和型)」タイプなら、相手のいう事に共感するしぐさを見せたり、相手にじっ
くり考える時間を与えたりするのが失敗しないコツだ。

(AIに勝つ臨機応変力6へ続く、日経;常識ナビ、ライター 猪瀬聖氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-29 12:46 | 社会経済 | Comments(0)
<AIに勝つ臨機応変力4>

取引先にファックスするためなら、急いだ方がいいから、他の仕事を後回しにしてコピーを
とるなどの行動に移す。このように「目的がわかっていればそれに応じた最適な手段がと

れる。つまり臨機応変な対応ができる」(横田さん)。周りからも「仕事ができる人」との評価
が高まることになる。リクルートマネージメントソリューションズのシニアパフォーマンスコン

サルタント、松本知徳さんは、「臨機応変な対応のカギは、相手によって自分の対応の仕
方を柔軟に変えること」と指摘。具体的な方法として、行動科学の「ソーシャルスタイル理

論」の活用が有効と話す。
(AIに勝つ臨機応変力5へ続く、日経;常識ナビ、ライター 猪瀬聖氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-28 13:09 | 社会経済 | Comments(0)
<AIに勝つ臨機応変力3>

どうすれば状況に応じた適切な手段をとれるようになるのか。エン・ジャパンが運営し、企業
向け研修サービスを手掛けるエンカレッジの講師、横田昌稔さんは、「まず、自分がこれか

らやろうとすることの目的をしっかりと把握することが「一番重要」と強調する。例えば、上司
からコピーを頼まれたとする。

「これO部コピーして」と言われて、「はい、わかりました」という返事は、臨機応変な対応とい
う観点からは失格だ。この場合は、コピーする目的は何か、上司にその場で聞いて確認する

のが正解。そして、もし翌日の経営会議の資料に使うなら、コピーした後に丁寧にホチキスで
留める。(AIに勝つ臨機応変力4へ続く、日経;常識ナビ、ライター 猪瀬聖氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-27 13:43 | 社会経済 | Comments(0)
<AIに勝つ臨機応変力2>

臨機応変スキルを重視する理由としては、「相手によって対応を変えたり、優先順位をか
えたりなど、暗黙のルールや空気を察知して臨機応変に対応することは、まだまだ機械

にはできないから」などの答えがあった。だが、一口に臨機応変といっても、具体的にど
んなスキルを指し、どう身に付ければよいかすぐには思い付かない人も多いだろう。

状況に応じて適切な手段をとるとしても、何が適切な手段かは、まさにその時の状況によ
って違うからだ。

(AIに勝つ臨機応変力3へ続く、日経;常識ナビ、ライター 猪瀬聖氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-26 12:42 | 社会経済 | Comments(0)
<AIに勝つ臨機応変力>

機転や融通を利かせながら、状況に応じて適切な手段をとりたいー。こうした「臨機応変
力」を求める人は多い。人工知能(AI)の職場進出が現実となるなか、AIに真似できない

スキルとしてもひそかに関心を集めている。身に付け方などポイントをまとめた。人材サー
ビス大手エン・ジャパンが、同社の女性向けサイト利用者約600人に「AIの台頭にあたり、

今から身に付けておくべきスキルは何か」と聞いたところ、「臨機応変に対応するスキル」
が最も多く、72%の人が挙げた。

(AIに勝つ臨機応変力2へ続く、日経;常識ナビ、ライター 猪瀬聖氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-25 13:56 | Comments(0)
<今、働く力再構築の時4>

長時間労働の蔓延、非正規労働者の急増、生産性の低下・・。戦後の急成長を支えた雇用
慣行は、いつの間にか非効率で社会のひずみを生む要因になりつつある。

高齢化の進展で社会保障制度もほころんでいる。人工知能(AI)の普及、グローバル化の進
展で職場を取り巻く環境は猛スピードで変化している。

年齢や性別に関係なく、仕事で力を発揮する有能な人材を盛り立てる社会を創るときだ。
(日経;有識者提言の記事資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-24 12:58 | 社会経済 | Comments(0)
<今、働く力再構築の時3>

24時間を賢く使って、一人ひとりの働き手が密度濃く、元気に働ける環境を整える。それ
が個人、企業、国に突きつけられた課題だ。企業は力を出そうとする個人に働きやすい

職場を用意しなければならない。無駄な業務をなくし、高い成果を出した人には成果に見
合う報酬をきちんと払う。

優秀な人材を確保できれば、それだけ企業の収益力も高まる。働く人の能力を引き出す投
資にもっと前向きになるべきだ。一方、政府の仕事は国民の安心と安全に全力を注ぎ、

働き手と企業の双方から挑戦への意欲を引き出すことだ。働く意欲をそぐ制度を見直し、
新たなルール作りで労使を下支えする必要がある。

(今、働く力再構築の時4へ続く、日経;有識者提言の記事資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-23 13:09 | Comments(0)
<今、働く力再構築の時2>

世界最先端を行く人口減で働く人の数も減るので、日本全体で見れば、仕事に費やす時
間はどんどん少なくなる。そうなると、国の成長を持続することも、企業が競争力を高める

ことも難しくなる。ひいては国民の生活も成り立たなくなる恐れがある。
考えないといけないのは、日本の働く力を作り直すということだ。

働ける人、働きたい人の全員に働いてもらい、同じような労働時間で今まで以上の成果を
出せるようにしなければならない。短時間の勤務を選ぶ人もいる。

逆に集中して猛烈に働きたいと思う人もいると思う。家族や自身の体調といった制約を踏ま
え、自らが最善と思う働き方を選ぶ。

(今、働く力再構築の時3へ続く、日経;有識者提言の記事資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-22 11:03 | 社会経済 | Comments(0)
<今、働く力再構築の時>

10万時間。週休2日で1日8時間という働き方を50年続けると、これだけの時間になる。
これからは労働時間の総量が増えることはないだろう。減る可能性の方が高いといえる。

会社にしがみつく時代は終わった。個人は仕事に充てる時間と、それ以外の活動に充て
る時間を決め、どう豊かな人生を過ごすかを自分で設計する必要がある。

ただ、単に働く時間を減らせば済むわけではない。世界最先端を行く人口減で働く人の数
も減るので、日本全体で見れば、仕事に費やす時間はどんどん少なくなる。(今、働く力

再構築の時2へ続く、日経;有識者提言の記事資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-12-21 12:42 | 社会経済 | Comments(0)