道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

<突然の激痛、つらい五十肩6>

痛みが消えても油断せず、リハビリを続けるのが完治を早めるカギだ。ほとんどの五十
肩は1年前後で自然に治る。ゆえに痛みをこらえて医療機関を受診しない人が多いが、

鈴木部長は「五十肩と間違えやすい、腱板断裂の可能性もある」と警告する。腱板断裂
とは、肩関節の骨と筋肉をつなぐ腱板が、部分的または完全に切れてしまうこと。

外傷がなくても、加齢や肩の酷使で発症する。特に60歳代以降に多い病気だ。「五十
肩と違い、自然治癒が難しい。進行すると手術が必要になる」(鈴木部長)。痛みが長引

く場合は、改めて専門医を受診しよう。 (日経:松田亜希子ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-23 12:29 | 整体と健康 | Comments(0)
<突然の激痛、つらい五十肩5>

肩の動きをコントロールする腱板は、ごく軽い負荷で鍛えることができる。「ダンベルなどを使
うと、アウターマッスルに効いてしまうので注意して」(鈴木部長)

炎症が治まり、痛みがほぼなくなる慢性期に入ったら、積極的にアウターマッスルをストレッチ
する。反対の腕で肘を支えて腕を伸ばしたり、腕を上げて壁に手をついたりして、肩の可動域

を広げよう。痛みが消えても油断せず、リハビリを続けるのが完治を早めるカギだ。ほとんど
の五十肩は1年前後自然に治る。

(突然の激痛、つらい五十肩6へ続く、日経:松田亜希子ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-22 10:02 | 整体と健康 | Comments(0)
<突然の激痛、つらい五十肩4>

お勧めは振り子運動だ。痛まない方の手を机などについてお辞儀をする。痛む方の腕をぶ
らんと垂らし、力を抜いたまま揺らす。前傾姿勢で力を抜くのがコツだ。

麻生総合病院スポーツ整形外科の鈴木一秀部長は「肩甲骨を上下左右に動かし、硬くなっ
ている筋肉の伸張性を取り戻すのも大切」と話す。

股関節のインナーマッスルである腱板を強化する輪ゴム運動も取り入れたい。
両手の親指に輪ゴムをかけ、体の表層の筋肉(アウターマッスル)が働かないように脇をし

っかり締めてから、輪ゴムを水平に伸縮する。
(突然の激痛、つらい五十肩5へ続く、日経:松田亜希子ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-21 12:16 | 整体と健康 | Comments(0)
<突然の激痛、つらい五十肩3>

五十肩と診断されたら、放置は禁物。適切な処置を怠ると、肩関節が固まって動きが制
限され、回復しづらくなる。

痛みの変化に合わせて、ケアとリハビリをしよう。炎症が始まったばかりで痛みがピーク
の急性期は、安静が基本になる。三角巾で腕を固定したり、薬や注射で炎症を抑えたり

するのが有効だ。夜間の痛みが辛い場合は「痛む側の肩を上にして、脇にタオルや枕を
挟んで寝るとよい」(中川部長)。腕を体から離した姿勢で寝ると、腕の重みが肩を圧迫す

るのを防げるという。痛みが和らいできた頃が亜急性期だ。ずっと肩を動かさずにいると
関節が固まってしまうため、無理のない範囲でリハビリを始めたい。

(突然の激痛、つらい五十肩4へ続く、日経:松田亜希子ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-20 11:23 | 整体と健康 | Comments(0)
<突然の激痛、つらい五十肩2>

正式名称は肩関節周囲炎。はっきりした発症原因は実はわかっていない。
国立病院機構京都医療センター整形外科の中川泰彰部長によると「肩関節を構成する組織

が加齢とともに変化し、炎症が起きるのが関係しているといわれる」。肩こりの一種と思って
いる人が多いが、筋肉疲労や血行不良が原因の肩こりとは別物だ。

肩こりと五十肩判別は「肩を自由に動かせるかどうかが一つの基準」と中川部長。
自己判断せず、専門医による早期の確定診断が必要だ。

(突然の激痛、つらい五十肩3へ続く、日経:松田亜希子ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-17 13:22 | 整体と健康 | Comments(0)
<突然の激痛、つらい五十肩>

ある日突然、肩に激痛が走り、動かせなくなる。腕が上がらなくなる。一般の肩こりとは異
なる、日常生活にも支障をきたすようなつらい痛みの正体は?中年以上の人に多い五十

肩のケア方法を探った。50歳代で発症する例が多いことから50肩と呼ばれる肩の病気が
ある。40歳代なら四十肩と呼ぶが、症状は同じだ。ケガをしていないのに、ある日突然、

片方の肩が激しく痛み、腕を上下左右に動かせなくなる。シャンプーする、シャツに袖を通
す、つり革を掴むといった日常動作も困難になるほど。就寝時にズキズキ痛むのも特徴だ。

(突然の激痛、つらい五十肩2へ続く、日経:松田亜希子ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-16 12:45 | 整体と健康 | Comments(0)
<IOTが社会を支える電子部品8>

便器に取り付けたセンサーが排便や排ガスの状態を測定し、データを基に健康管理の予
防医療に役立てるIOTトイレなども登場している。

アクチュエーター機能を活用することで、サイバー情報を実生活でのメリットとして享受す
ることができるわけだ。「電気信号を物理的な動きに変換する局面では電力供給が重要

なポイントになる。機器本体や各種部品の省電力化を進める一方、単3電池程度のサイ
ズで、1回交換すれば10年はもつ長寿命型バッテリーの開発が待たれる」(中村氏)

(日経・IOTのための三種の神器:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-15 10:51 | 社会経済 | Comments(0)
<IOTが社会を支える電子部品7>

―フィードバック・情報を現実世界に反映―
コンピューターで処理・解析によって得られた結果を再び現実世界にフィードバックするプロ

セスでは、コンピューターからの電気信号(デジタル情報)を、現実世界のアナログな動きに
変換するための仕組みが必要になる。その役割を果たすのがアクチュエーターだ。

具体的にはモーターなどの駆動部品や電源の切り替えを行うスイッチ、LED(発光ダイオー
ド)などがそれに当たる。スマホからの遠隔操作でコーヒーを中出したり、太陽の向きをセン

サーが感知してカーテンを開け閉めしたり、室温によってエアコンの設定温度を調整したり、
雨の予報が出たら玄関の傘立が光って傘を持って出るよう教えてくれたりー。

(IOTが社会を支える電子部品8へ続く、日経・IOTのための三種の神器:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-14 13:07 | 社会経済 | Comments(0)
<IOTが社会を支える電子部品6>

普及のネックとなる回線利用料を低く抑えた通信網や、IOT向けに低消費電力を実現
した無線通信モジュールの登場が目立ってきた。

例えば、先ごろ発表された新型の通信モジュールは、電力会社がスマートメーター(次
世代電力計)に採用した短距離無線通信サービスに対応、1度の電池交換で10年以上

という省エネ長寿命を実現している。頻繁な交換が難しい橋梁やトンネルなどのインフラ
向けの利用が期待される。

「IOT化で一番の課題は通信だ。特に、時々小さなデータを送るだけのライトユースと、遠
隔医療のように常につながっていなければならないヘビーユースが混在している。コスト

面からも前者はLPWA(ローパワー・ワイドエリア)、後者は5Gといった通信網の使い分け
が進むだろう」(中村氏)

(IOTが社会を支える電子部品7へ続く、日経・IOTのための三種の神器:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-13 13:42 | 社会経済 | Comments(0)
<IOTが社会を支える電子部品5>

最近は機械にセンサーをつけるだけで、故障予測が可能になるなど手軽に(工場の見え
る化)を実現できる。センサー自体も低価格化が進み、中小の工場にも導入のチャンス

が広がっている」(情報通信総合研究所主任研究員中村邦明氏)
―ネットワーク・低消費電力、長寿命を実現―

次にセンサーで集めた情報を、ネットワークを介してクラウドのコンピューターに送るプロ
セス。ここで重要になるパーツが通信モジュールだ。様々な場所にたくさんのセンサーな

どを配置し、必要に応じて情報のやり取りをするIOT。個々のデータ量はそれほど大きくな
く、シビアな性能や高速性も求められない反面、多数の通信回線や部品が必要となる。

(IOTが社会を支える電子部品6へ続く、日経・IOTのための三種の神器:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-12 14:06 | 社会経済 | Comments(0)