道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<   2017年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

<人手不足、正社員にも2>

働きたい人は職を探し易いが。企業には働き手を確保しにくい環境だ。求人してもどのくら
い必要数に足りないかを示す企業の欠員率は4.2%。高度経済成長末期の73年以来の

高水準だ。なぜ正社員が増えないのか。統計からは、正社員になろうと思う人が増えてい
ないようにみえる。

パートタイムを除く常用雇用を求める求職者は、115万人。3年で28万人減った。賃金水
準が安定し、福利厚生などが充実していても、正社員のなり手は多くない。

(人手不足、正社員にも3へ続く、日経:経済記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-31 12:19 | 社会経済 | Comments(0)
<人手不足、正社員にも>

パートなど非正規社員の採用で目立つ人手不足が、正社員にも広がってきた。厚生労働省
が7月28日発表した6月の正社員の有効求人倍率は、1.01倍と2004年の調査開始以

来初めて1倍を超えた。求人が求職を上回り、企業には正社員のなり手を見つけにくい厳し
い状況だ。正社員不足が続けば、成長も阻害される。有効求人倍率は、全国のハローワー

クで仕事を探す人1人当たり何件の求人があるかを示す。パートタイムを含む全体の有効
求人倍率は1.51倍。バブル期で最も高かった1990年7月(1.46倍)も上回った。

(人手不足、正社員にも2へ続く、日経:記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-30 13:46 | 社会経済 | Comments(0)
<国産ウナギ1~2割安3>

鮮魚大手の魚力は、池入れから1年未満の若いウナギ「新仔」や、ウナギを使った総菜
など幅広い品ぞろえを用意。売上高は前年比で3割増を見込む。

今年は25日に続き8月6日と、丑の日が2回あるため「顧客の関心は高い」(伊勢丹新
宿本社)。8月以降、中国産の輸入が急増する見通しで、「秋にウナギの価格は一段と

下がる」(日本鰻輸入組合の森山理事長)との声もある。
(日経:生鮮クリック資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-29 13:03 | 食べ物 | Comments(0)
<国産ウナギ1~2割安2>

仕入れ値の下落で、スーパーでもかば焼きが前年に比べ1~2割ほど安い価格で並ん
でいる。昨年は1尾2千円ほどしたが、今年は1500~1800円が中心だ。

消費者にとってややお手頃の水準になったことで、25日の販売も好調に推移している。
イトーヨーカ堂は主力商品を昨年より1割程度値下げ。

25日の販売額は前年と比べ2割以上伸びた。「猛暑も消費を後押ししているようだ」
(同社) (国産ウナギ1~2割安3へ続く、日経:生鮮クリック資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-28 17:32 | 食べ物 | Comments(0)
<国産ウナギ1~2割安>

土用の丑の日を迎えた7月25日、専門店や小売店にはウナギを食べて暑い夏を乗り切ろ
うと大勢の客が詰めかけた。今年は稚魚が豊漁で、かば焼き用の国産ウナギ相場は前年

比で3割安め。小売り各社は今夏の目玉商品として打ちだし、売上高も前年から2~3割
増しで推移している。日本で出回るウナギの大半は養殖もの。昨秋以降稚魚の漁獲量が

伸び、日本や中国など東アジア主産地の稚魚の池入れ量は3年ぶりの高水準となった。
(国産ウナギ1~2割安2へ続く、日経:生鮮クリック資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-28 13:52 | 食べ物 | Comments(0)
<IoTで世の中どう変わる?5>

工場のシステムも生産や在庫管理が目的で、ビッグデータとして利用できる環境はできて
いない。米国やドイツの動きを受け、日本も今、IoT戦略を真剣にすすめようとしている。

―IoTの普及に向けた課題は何かー
まず、技術やデータ形式の標準化だ。方式がバラバラではつながらないからだ。またネット

と機械がつながるようになれば、サイバー攻撃を受けたりするリスクも高まる。その意味で
セキュリティー対策がこれまで以上に重要になる。

ソフト開発やデータ分析に強い技術者も必要だ。日本はハードウエア―の技術者はたくさ
んいるが、ソフトウエア人材が不足している。IoTで日本が競争力を発揮するには、創造

力を育む教育環境が求められている。
(日経新聞「ニュースぷらす」対談資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-27 13:09 | 社会経済 | Comments(0)
<IoTで世の中どう変わる?4>

工場や店舗などをネットでつなぐことで、サプライチェーンの改善にも努めている。米アッ
プルの携帯端末は米国本社で設計されるが、製造は中国の委託工場でおこなっている。

設計部門と工場をネットでつなぐことで国際分業を実現し、米国の製造業は見事に復活
した。ドイツの狙いもそこにある。日本と同様に多くの中小企業をかかえており、デジタル

化や再教育を促そうとしている。また中国や東南アジアなど製造業の発展が期待される
新興国に対し、製造業のデジタル化で国際的な覇権を確立する考えだ。

日本もコンピューターやロボットによる製造業の自動化には取り組んできた。
しかし個々の工場や企業内の取り組みにとどまり、業界横断的につながっているわけで

はない。(IoTで世の中どう変わる?5へ続く、日経新聞「ニュースぷらす」対談資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-26 12:52 | 社会経済 | Comments(0)
<IoTで世の中どう変わる?3>

日本では建機大手のコマツが製品をネットでつないでいる。更に無人の大型建機の無線操
作にも使っている。身近では「お財布携帯」もIoTの例とい

えるだろう。携帯端末を読み取り装置にかざすことで電子決済ができ、買い物ごとにポイント
をためることができる。店舗にとってもその情報を売れ筋の分析に役立てたりすることができる。

―海外に比べ日本は進んでいるのかー
ドイツはIoTの技術を使って製造業の生産性を高める「インダストリー4.0」と言う戦略を進め
ている。アナログの職人技に頼ってきたものづくりをデジタル化することで、製造現場や物流

などを効率化する試みだ。
(IoTで世の中どう変わる?4へ続く、日経新聞「ニュースぷらす」対談資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-25 12:42 | 社会経済 | Comments(0)
<IoTで世の中どう変わる?2>

IoTの利用が進んだ背景には、10年ほど前から普及したクラウドコンピューティング
という技術が見逃せない。

様々なソフトやデータを巨大なデータセンターで一括管理することで、大量に集まる
データを様々な目的に使えるようになった。いわゆるビッグデータ分析だ。スマホや

自動運転技術などが登場したのも、こうしたクラウドやIoTのおかげだ。
―IoTはどんなところで導入されているのかー

米ゼネラル・エレクトリックは(GE)は、ジェットエンジンや発電装置などにセンサーを
付け、そこから吸い上げたデータを分析し、製品の性能や燃費の向上、長寿命名化

などに役立てている。(IoTで世の中どう変わる?3へ続く、日経新聞「ニュースぷら
す」対談資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-24 14:56 | 社会経済 | Comments(0)
<IoTで世の中どう変わる?>

―つながるデータ、生活を便利にー
IoTという言葉をよく目にするようになった。インターネットに関わることらしいが,なんだか

絵文字みたいだ。これが普及すると、世の中はどう変わるんだろう。そもそも「IoT」ってな
にか。IoTは「インターネット・オブ・シングス」の略で、機械などをネットを介して互いにつな

ぐことを指す。そこで生まれるデータを分析すれば、生産現場を効率化し、生活を便利に
することもできる。例えばエンジンに様々なセンサーを付け、消費燃料や振動などのデー

タを吸い上げて、故障を事前に察知したりすることができる。(IoTで世の中どう変わる?
2へ続く、日経新聞「ニュースぷらす」対談資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-23 13:01 | 社会経済 | Comments(0)