道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

<免疫高めるビタミンの力4>

厚生労働省は5年ごとに「日本人の食事摂取基準」を改訂し、摂取不足が起きないよう
注意を払ってきた。その作業斑に加わってきた滋賀県立大学の柴田克己教授は「健康

な人は概ねビタミンを十分に取っている」と話す。(日経編集委員・永田好生氏資料参照)
しかし注意すべき人も多い。

閉経後に骨が弱くなっていく高齢女性には、骨の成長を促すビタミンDの摂取が重要だ。
外に出て太陽光を浴びないとビタミンDが働かないため、1日30~60分は日を浴びる

必要がある。妊婦や授乳婦で太らないよう食事を制限している人も、ビタミンが不足し
がちになる。(免疫高めるビタミンの力5へ続く、日経編集委員・永田好生氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-30 13:12 | 整体と健康 | Comments(0)
<免疫高めるビタミンの力3>

国沢プロジェクトリーダーは「栄養事情も考慮しないといけない」と解説する。また葉酸が、
免疫を抑える働きをもつ「制御性T細胞」の増殖を左右していることが分かった。

葉酸が不足するとこの細胞はなくなっていき、やがて腸の粘膜が炎症を起こす。
体の免疫機構が自らを攻撃する自己免疫疾患の症状だ。葉酸はかねてたんぱく質や赤血

球の合成に重要とされていたが、新しい機能が見つかった。
(免疫高めるビタミンの力4へ続く、日経編集委員・永田好生氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-29 14:15 | 整体と健康 | Comments(0)
<免疫高めるビタミンの力2>

代表的な例がビタミンB1だ。不足するとかっけなど神経障害を伴う疾病を起こすこと
が知られていた。最近の研究から、腸の「バイエル板」という組織にある免疫細胞の

維持にも深く関わっていることが分かった。ビタミンB1が減るとバイエル板は小さくな
り、生体の防御機能が弱くなる。そのため感染症にかかりやすくなる恐れがある。

現在、口から「飲むワクチン」の開発が進んでおり、今後増えると見られるが、ビタミン
B1不足の人は、ワクチンを飲んでも免疫が十分に働かない。

(免疫高めるビタミンの力3へ続く、日経編集委員・永田好生氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-28 13:23 | 整体と健康 | Comments(0)
<免疫高めるビタミンの力>

肌を健康に保ち疲れが残らないよう、ビタミンの摂取は大切と古くから言われてきた。
最新の研究成果から、免疫の機能を高めるうえでもビタミンの重要性が見直されている。

特定の食品に偏りがちな人や食事を十分に取れない高齢者は、病気になりにくい体づく
りのため、ビタミンを積極的に取ると良い。

ビタミンと免疫の関係は、腸が持つ免疫機能の研究から浮かび上がった。医薬基盤・健
康栄養研究所の国沢純プロジェクトリーダーは「ビタミンA,B1、B6、葉酸で詳しい仕組

みが分かってきた」と話す。
(免疫高めるビタミンの力2へ続く、日経編集委員・永田好生氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-27 13:29 | 整体と健康 | Comments(0)
<人工光合成、日本が先陣8>

―光合成とはー
植物や藻類などの光エネルギーを化学エネルギーに変換するする反応。太陽光を受けて

水と二酸化炭素(CO2)から炭水化物と酸素を作り出す。植物の光合成には約30段階の
過程があり、人工的に模倣するのは難しいとされる。米国の植物学者、チャールズ・パー

ネスが1893年に名付けた。地球がCO2に覆われていた約27億年前、光合成をするシ
アノバクテリアが出現。地球上の酸素は植物の光合成によって蓄積され、生命の進化を

支えてきた。植物が1年間に光合成で生むエネルギーは世界の消費エネルギーの10倍
に相当する。 (日経・ニュースな科学、浅沼直樹氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-25 14:37 | 社会経済 | Comments(0)
<人工光合成、日本が先陣7>

昨日、東京理科大学学長の藤嶋昭さんが、大学院生時に水に浸した二酸化チタンに紫
外線を当てると、水が水素と酸素に分解することを発見。1972年に「ホンダ・フジシマ

効果」として発表したのが、この分野の研究が動き出す大きな契機となった。と言うような
ことを記述。その続きです。

10年、米パデュー大特別教授の根岸英一さんがノーベル化学賞受賞後、人工光合成に
ついて、「温暖化やエネルギー問題の解決に大きな可能性を秘めた分野だ」と述べ、重要

性を強調。政府も後押しを続けている。4月にはCO2の抜本的な排出削減に向けた「エ
ネルギー・環境イノベーション戦略」で、有望な対策技術の一つに位置付けた。パリ協定

は気温上昇を、産業革命前から2度未満に抑えるという方針を掲げ、各国にCO2の大幅
な排出削減を求めている。今世紀後半までに実現が求められている脱炭素社会に、人工

光合成は大きく貢献する切り札になるかもしれない
(人工光合成、日本が先陣8へ続く、日経・ニュースな科学、浅沼直樹氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-24 15:08 | 社会経済 | Comments(0)
<人工光合成、日本が先陣6>

酢酸に酵素などを加えて光を当てたところ、2時間半で酢酸の約5%をエタノールに変換
できた。変換効率は0.1%だった。「量産に向けてはエタノールの分離なども課題だ」

(天尾さん)人工光合成は日本がリードしてきた。東京理科大学学長の藤嶋昭さんが、
大学院生時に水に浸した二酸化チタンに紫外線を当てると、水が水素と酸素に分解する

ことを発見。1972年に「ホンダ・フジシマ効果」として発表したのが、この分野の研究が
動き出す大きな契機となった。

(人工光合成、日本が先陣7へ続く、日経・ニュースな科学、浅沼直樹氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-23 13:17 | 社会経済 | Comments(0)
<人工光合成、日本が先陣5>

半導体基板の片面に貴金属のイリジウムを使った触媒を、もう片面にルテニウムの触媒を貼
り付けた素子を開発。

これを水に入れてCO2を吹き込みながら太陽光を当てると、高効率で化学原料のギ酸を合成
できた。11年に初めて実現した時の変換効率は0.04%だった。

材料と構造を見直した素子を開発し、効率を大幅に高めた。パナソニックや東芝も同様に半
導体を使った人工合成の開発に取り組んでいる。大阪市立大学・人工光合成研究センター所

長の天尾豊さんはCO2の排出が少ない燃料のエタノールに注目、マツダと共同で酵素を使っ
た人工光合成に成功した。

(人工光合成、日本が先陣6へ続く、日経・ニュースな科学、浅沼直樹氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-22 16:38 | 社会経済 | Comments(0)
<人工光合成、日本が先陣4>

組合には三菱化学や富士フィルム、三井化学などが参画。21年度までの10年間で総投
資額は145億円を見込む。

プロジェクトでは、まず光触媒と太陽光で水を分解し、さらに水素とCO2を原料にして、プ
ラスチックや高機能部材の原料となるオレフィンを合成する。21年度に変換効率は10%

を目指す。NEDO環境部主査の服部孝司さんは「日本のオレフィン生産量の20%を人工
光合成に変えれば、化学産業のCO2排出量の11%を減らせる」と試算する。豊田中央研

究所は、半導体を使った人工光合成で、15年にエネルギー変換効率を4.6%まで高めた。
(人工光合成、日本が先陣5へ続く、日経・ニュースな科学、浅沼直樹氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-21 13:05 | 社会経済 | Comments(0)
<人工光合成、日本が先陣3>

地球に降り注ぐ太陽光のエネルギーは、1時間分で全人類が1年間に消費するするエネル
ギーに匹敵する。この一部を利用するだけでも、温暖化対策や省エネへの貢献は大きくなる。

ただ、もとの太陽光のエネルギーに比べた生成物のエネルギーの割合を示すエネルギー変
換効率は、植物の光合成では1%未満、同じ効率では広大な土地を使わねばならず「人工

光合成は10%程度を目指すべきだ」(井上さん)。人工光合成の実現には様々な方法がある。
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が開発を委託する「人工光合成化学プロセ

ス技術研究組合」は、光を利用して化学反応進める光触媒を使用し、水から水素を生成する。
エネルギー変換効率は、2016年に3%に達した。

(人工光合成、日本が先陣4へ続く、日経・ニュースな科学、浅沼直樹氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-20 14:20 | 社会経済 | Comments(0)