道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

<2050年人口の3倍のロボ4>

―日本電産はどのような役割を担うかー
「ロボットもドローンも動作する部分は全てモーターだ。ガソリンエンジンは全てモーターに

代わる。これまで産業のコメは鉄や半導体だったが、これからはモーターになる。1台の
ロボットに数百個のモーターが搭載され、天文学的な需要が生まれる」「軽く、薄く、短く、

小さくに加えAI制御による省エネ、低騒音がモーターの争点になる。
IoTでモーターの情報を取得できれば、車やロボットがどう動き、どう止まったかなどが分

かる。過去になかった製品や用途が売上高の大半を占めるようになる」(2050年人口の
3倍のロボ5へ続く、日経・京都経済特集、「日本電産永守会長兼社長に聞く」参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-31 12:03 | 社会経済 | Comments(0)
<2050年人口の3倍のロボ3>

自動運転車は考えていたよりはるかに早く実用化が進んでいる」「ロボットやドローンは人
工知能(AI)やIoTが基盤。ネットでつないで情報を得て、AIで制御する。

AIやIoTが出てきたから、人型ロボットやマイドローンが実現できる。自動通訳装置もでき
るだろう。AIやIoTは社会のすべてに入り込んでくる」「世の中が劇的に変わる。車も部品

の半分が従来と異なるものに代わる。将来に関連する産業が栄え、企業は高度なことをし
なければ生き残れない。トップが、自社の進むべき道の先を読んで決めなければ生き残れ

ない。瞬時に盛衰が分かれる時代になる」 (2050年人口の3倍のロボ4へ続く、日経・京
都経済特集、「日本電産永守会長兼社長に聞く」参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-30 13:00 | 社会経済 | Comments(0)
<2050年人口の3倍のロボ2>

「産業革命の時に、1人1台、車を持つと予言した人がいた。鉄腕アトムの携帯電話は現実
になり、鳥のように飛びたいとの願いは飛行機になった。

1人1台マイドローンを持ち、通勤ラッシュから解放される日も来ると思う。100年前の想像
はほぼ実現している」

―2030年や50年の未来社会はどのような姿になるのでしようかー
「50年には世界の人口が90億人超になる。介護などでその3倍の人型ロボットが働いてい

るのではないか。医療も手術ロボットが普及し、精密な手術が平等にできるようになる。
(2050年人口の3倍のロボ3へ続く、日経・京都経済特集、「日本電産永守会長兼社長に

聞く」参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-29 15:40 | 社会経済 | Comments(0)
<2050年人口の3倍のロボ>

未来の社会をどう描き、電子部品など京都企業はどう貢献できるのか。市場の盛衰をい
ち早く見極め、事業分野を大きく変化・適用させてきた日本電産の永守重信会長兼社長

に聞いた。
―自動運転車やロボット、ドローンなど新技術が登場しているー

「僕が小さい頃、母が冬に、冷たい井戸水でおむつや下着を洗っていた。手はあかぎれ
だらけで、つらい仕事だったと思う。そこから洗濯機やエアコンが出てきた。

すべては苦痛な仕事から逃れたい、安全でありたいという欲求への解決策だ」(2050年
人口の3倍のロボ2へ続く、日経・京都経済特集、「日本電産永守会長兼社長に聞く」参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-27 12:29 | 社会経済 | Comments(0)
<白ワインの健康効果2>

特に、日本で栽培されている甲州種の白ワインは、低分子ポリフェノールが多く含まれて
いるとのことだ。白ワインならではの優れた健康効果もある。

それが大腸菌、サルモネラ菌などの食中毒菌に対する強い抗菌力だ。
「白ワインは、赤痢菌、サルモネラ菌、大腸菌などの食中毒菌に有効であることは、古くか

ら知られている。これは白ワインに含まれるアルコールと有機酸の相乗的な働きによるも
のだ」(佐藤客員教授)。

(日経・「カラダにいい情報」記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-26 15:08 | 整体と健康 | Comments(0)
<白ワインの健康効果>

ワインの健康効果というと、もっぱら赤ワインばかりが注目されるが、白ワインはどうだ
ろうか。山梨大学ワイン科学研究センターの佐藤充克客員教授によると、白ワインに

含まれるポリフェノールには、ある特徴があるという。
「白ワインのポリフェノールの総量は、赤ワインに比べてすくないが、赤ワインのポリフェ

ノールに比べて分子量が小さい、という特徴がある。胃や腸内で吸収されやすく、抗酸
化作用が早く現れる。つまり、量は少ないが性能がいい」という。

(白ワインの健康効果2へ続く、日経・「カラダにいい情報」記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-25 12:26 | 整体と健康 | Comments(0)
<大根、葉も栄養たっぷり2>

大根は、古くは「オホネ」と呼ばれ古事記にも出てくる。また、演技の役者を「大根役者」と
いうが、大根の白さと素人をかけたとされる。

国内生産量第1位は北海道。最近は新品種も続々と生まれている。農研機構が手掛けた
「サラホワイト」などはサラダに加工した後も黄色く変色しない。

独得の臭いの発生も防ぐ。主力の関東産が昨年秋の長雨で出荷が少ない。
都内のスーパーには1本140円ほどで並んでいる。

(日経・「彩時季」記事参照
[PR]

by refresh_light | 2017-01-24 13:49 | 食べ物 | Comments(0)
<大根、葉も栄養たっぷり>

大根は冷えた体を温めるのにぴったりの食材だ。消化酵素のアミラーゼが豊富で胃腸
の調子を整える。ビタミンCも多く、インフルエンザや風邪の予防にもなる。

葉の部分にはビタミンAや鉄分が豊富だ。捨てずに炒め物やみそ汁の具として食べる
のが勧め。保存する時は葉を切り落とし、根の部分と分けて冷蔵庫に入れたい。

別名は「すずしろ」。春の七草のひとつだ。昔から漬物や切干にされて食べられてきた。
室町時代に書かれた「河海抄(かかいしょう)」に登場する。

(大根、歯も栄養たっぷり2へ続く、日経・「彩時季」記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-23 14:53 | 食べ物 | Comments(0)
<笑う門には健康来る7>

日本笑いヨガ協会代表の高田桂子さんは「笑いを体操と捉え、気分に関係なく笑う動
作をする。作り笑いでも脳血流量増えるなど、本当に笑った時と同じような反応が起こ

ると言われる。高田さんが勧めるのは「メンタルフロス笑い」と「万歳三唱笑い」。デン
タルフロスで歯の汚れをかき出すイメージで、頭の中のもやもやを追い払い、良い年

にしたいとの思いを込めて天を仰ぎ豪快に笑う。
役者になったつもりでやってみるといい。「笑いを毎日の習慣に」と高田さん。

(日経ライター・佐田節子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-22 16:11 | 整体と健康 | Comments(0)
<笑う門には健康来る6>

「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」とはアランのペンネ―ムで活躍し
たフランスの哲学者の言葉。

「笑うこと自体が幸福につながる可能性がある」(大平教授)。普通、私達は面白いこ
とや嬉しいことがあると笑うが、反対に笑うことで福を呼び込むこともある。それを実

践するのが「笑いヨガ」だ。インドで生まれ日本でも各地の健康教室などで活用され
ている。

(笑う門には健康来る7へ続く、日経ライター・佐田節子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-22 16:06 | 整体と健康 | Comments(0)