道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

<腎機能低下、放置は禁物4>

昨日、腎臓はいったん機能が低下すると、薬などで治療しても、元の状態まで回復させる
のは難しい。重症になると、人工透析をしなくてはならなくなる。というようなことを記述。

その続きです。慢性腎臓病の患者がたどる典型的なケースは、こんな感じだ。70代のA
さんは、50代の頃尿中にたんぱくが多いと指摘されたが、「たいしたことはないだろう」と

放置していた。高血圧の症状が出て、降圧剤を服用するようになったのは10年後。
医師には腎臓機能低下を指摘された。

紹介された専門病院で診てもらったが機能回復は難しく、今は人口透析をしている。一般
の透析は週2~3回通院し、1回に3~5時間かかるため、日常生活への影響が大きい。

大阪市立大学の稲葉雅章教授は「腎臓が悪い人では全身の血管の状態も悪いと考えられ
る」と指摘する。

(腎機能低下、放置は禁物5へ続く、日経「らいふプラス」、新井重徳氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-30 13:58 | 整体と健康 | Comments(0)
<腎機能低下、放置は禁物3>

大阪大学の椿原美治教授は「慢性腎臓病は症状がないのが特徴。気付かないまま放置し、
病気が進んでしまう例が多い」と解説する。

通常、病気の初期では体の特定の部位が痛むなどの症状は出ない。病気が進行すると
腎機能がさらに下がり、夜間に何度も起きてトイレに行く、足がむくんで靴を履きにくい、

貧血や倦怠感、息切れをし易くなったなど症状が現れ、異変に気付く。しかし腎臓はいった
ん機能が低下すると、薬などで治療しても、元の状態まで回復させるのは難しい。

重症になると、人工透析をしなくてはならなくなる。
(腎機能低下、放置は禁物4へ続く、日経「らいふプラス」、新井重徳氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-28 12:25 | 整体と健康 | Comments(0)
<腎機能低下、放置は禁物2>

昨日、腎臓は握りこぶし大の臓器で、腰のあたりに左右1つずつある。血液をろ過して老
廃物などを尿として体外に排出する働きがある。というようなことを記述。その続きです。

また、血圧や体内の水分量、ミネラルを調整したり、血液をつくるホルモンも分泌したりす
る作用もある。腎機能が低下すると、尿が出なくなり、排出されない老廃物などが体内で

悪影響を及ぼし、様々な病気の原因になってしまう。
―気づかぬまま・・・―

尿中のたんぱく質が多くなる「たんぱく尿」など腎臓の障害があったり、腎機能が健康な人
の6割未満に低下したりする状態が3か月以上続く場合、慢性腎臓病と診断される。

国内の患者は約1300万人、成人の約8人に1人が発症していると推計されている。
高齢になると腎機能が低下するため、慢性腎機能になるリスクが高まる。

(腎機能低下、放置は禁物3へ続く、日経「らいふプラス」、新井重徳氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-26 14:18 | 整体と健康 | Comments(0)
<腎機能低下、放置は禁物>

新たな国民病といわれているのが慢性腎臓病(CKD)だ。血液中の老廃物を取り除く働
きを持つ腎臓の機能が低下した状態で、悪化すると腎不全になり人口透析を余儀なくさ

れる。心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクも高めてしまう。慢性腎臓病は食べ過ぎや
運動不足などの生活習慣が深く関わっており、自覚症状がないまま進行する例が多い。

健康診断などで腎機能低下に早めに気づき、生活習慣を改めたい。
腎臓は握りこぶし大の臓器で、腰のあたりに左右1つずつある。血液をろ過して老廃物な

どを尿として体外に排出する働きがある。
(腎機能低下、放置は禁物2へ続く、日経「らいふプラス」、新井重徳氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-25 14:01 | 整体と健康 | Comments(0)
<白内障手術はいつする?7>

進行を食い止める方法はあるのだろうか。加齢に伴う白内障用の目薬を使うほか、食生
活や運動も効果があるようだ。

井手副院長は「水晶体の変化を食い止まるために抗酸化成分を含む食品を食べたり、
ウオーキングなど有酸素運動をしたりするとよい」と話す。

紫外線対策も必要だ。常岡教授は「目のダメージは子供の頃から受けている」と言う。
サッカーや野球など屋外トレーニング時や海や山などでは、紫外線を防ぐ機能があり、衝

撃に強いスポーツ用サングラスの使用が望ましい。広く知られる手術にはなったが、リス
クを知り、予防や生活改善で進行を遅らせる努力をしたい。

(日経・「健康」荒川直樹ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-22 11:01 | 整体と健康 | Comments(0)
<白内障手術はいつする?6>

白内障は少しずつ進行する。「いつ治療を受けるか」を判断する目安の一つは、「生活
に困るようになったら」(常岡教授)だ。車の運転や機械操作に必要な視力が出ない、

テレビのテロップが分からない、夜道では何も見えないなどがあれば、考えてもよい。
事故判断だけでなく、定期的に医師のアドバイスを受けることが大切だ。

白内障は、たんぱく質の濁りだけでなく、その外側の殻や、水晶体を支えるチン小帯の
変化に表れることもある。

常岡教授は「こういった症状が出ると、眼内レンズの挿入が難しくなる。早めに手術し
た方が良いこともある」と話す。

(白内障手術はいつする?7へ続く、日経・「健康」荒川直樹ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-21 10:56 | 整体と健康 | Comments(0)
<白内障手術はいつする?5>

最近はメスではなくレーザーを使うなど、より体の負担の小さな技術研究が進んでいる。
―紫外線対策もー

ただ、専門家は治療にはメリットとデメリットがあることを踏まえて選択して欲しいという。
「治療を気軽に考える人ほど失望することも多い」(井手副院長)。

例えば、ありがちな誤解が、手術で老眼や近視も治せるというものだ。治療用レンズの
度は、その人の生活に合わせる。中距離に合わせれば、手元が見えにくい老眼となり

易く、メガネが必要だ。視野が明るくなるので、目の前に虫のような黒い点が浮かんで
見える飛蚊症など、気付かなかった症状が現れることもある。

(白内障手術はいつする?6へ続く、日経・「健康」荒川直樹ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-20 17:06 | 整体と健康 | Comments(0)
<白内障手術はいつする?4>

現在、広く行われている手術方法は「超音波乳化吸引術」と呼ばれる。目薬で麻酔を
した後、角膜をメスで2~3ミリメートル切り、水晶体のたんぱく質を包む殻の全面を

切りとる。そこに超音波チップを入れて濁った水晶体を細かく砕き、ストローのような
装置で吸い出す。空になった殻に、折りたたんだレンズを入れて広げる。

以前は数日程度の入院を基本としたが、他に大きな病気が無い人なら、日帰りで行う
医療機関も増えている。「仕事を休むことなく、視力が戻った」と、手術を希望する人が

いるという。
(白内障手術はいつする?5へ続く、日経・「健康」荒川直樹ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-19 11:15 | 整体と健康 | Comments(0)
<白内障手術はいつする?4>

現在、広く行われている手術方法は「超音波乳化吸引術」と呼ばれる。目薬で麻酔を
した後、角膜をメスで2~3ミリメートル切り、水晶体のたんぱく質を包む殻の全面を

切りとる。そこに超音波チップを入れて濁った水晶体を細かく砕き、ストローのような
装置で吸い出す。空になった殻に、折りたたんだレンズを入れて広げる。

以前は数日程度の入院を基本としたが、他に大きな病気が無い人なら、日帰りで行う
医療機関も増えている。「仕事を休むことなく、視力が戻った」と、手術を希望する人が

いるという。
(白内障手術はいつする?5へ続く、日経・「健康」荒川直樹ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-19 11:15 | 整体と健康 | Comments(0)
<白内障手術はいつする?3>

今は「若くても、加齢による白内障が早めに出ていると考えられる」(富岡教授)富岡教授
は、「白内障になる人の人口にしめる割合を地域別に見ると、緯度が低いほど高いので、

紫外線の影響もあるのでは」とみている。また、糖尿病や高血圧症など、メタボリック症候
群が引き起こす病気が、加齢性白内障の進行を早めている可能性もあるという。

一方で、自ら早めの手術を希望する人も多い。「手術法やレンズの進歩で、体への負担が
少なくなってきていることも、早くから手術に踏み切る要因のようだ」と話すのは、南青山ア

イクリニックの井手武副院長。
(白内障手術はいつする?4へ続く、日経・「健康」荒川直樹ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-18 14:12 | 整体と健康 | Comments(0)