道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

<よく噛んで減塩を>

食事で気をつけたいのは塩分の取り過ぎだ。この4月から国の摂取目標値が従来より
1日当たり0.5~1グラム減り、厳しくなった。食塩の取り過ぎは高血圧に直結し、腎臓

や心臓に負担をかける万病のもとになる。噛み応えのある食事を選んだり、だしを活用
したりするなど、薄味でもおいしく食べる工夫を習慣付けたい。

ー国の目標値厳しくー
厚生労働省は栄養素などの1日の摂取量の目安を示す食事摂取基準を作成、5年ごと

に改定している。2015年4月からの新基準では食塩について18歳以上の男性で1日
当たり8グラム、女性で同7グラムとした。従来基準より、味噌汁半杯から1杯強に含ま

れる塩分量を減らした。
(よく噛んで減塩を2へ続く、Sanday Nikkei・岩井淳哉氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-30 14:34 | 整体と健康 | Comments(0)
<アベノミクスの国富論7>

円安などを背景に来日外国人は14年には1341万人となり、今年Ⅰ~4月も590
万人と前年同期比で44%増えた。

宿泊や飲食、買い物など日本で使うおカネは、1~3月期には実質で前期比率67%
も増加した。お蔭で例えば、不振だった関西国際空港が息を吹き返し、14年度の

国際線発着回数は前年比10%増加した。外国人旅客は699万人と41%も増えた。
業績好転は今、進行中の新関西空港会社の運営権の民間売却にも、追い風になる

はずだ。政権の成長戦略である運営権の民間売却が、他の空港でも弾みがつくか
もしれない。 (日経新聞・編集委員滝田洋一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-25 13:24 | 社会経済 | Comments(0)
<アベノミクスの国富論6>

成長見通しの前提となる潜在成長率。内閣府の推計では14年度は0.6%、15年度
も0.7%にとどまる。その数字を、基礎的財政収支の黒字化を目指す20年度には

2.3%に高める。そんな前提の下に政府は財政健全化目標を立てている。潜在成長
率が高まらないことには、せっかく持ち直してきた日本経済も遅かれ早かれ成長の天

井にぶつかってしまう。人手不足などから物価上昇が起こるか、実際の経済成長率が
伸び悩むことになりかねない。

そうなると、最大の味方だった株式市場も反旗を翻す事態が訪れる。アベノミクスの最
大の難関である。 成長戦略を関連づけ、数珠つなぎにすることが欠かせない。幸いに

も桁違いの成功例が表れ始めた。
(アベノミクスの国富論7へ続く、日経新聞・編集委員滝田洋一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-24 12:10 | 社会経済 | Comments(0)
<アベノミクスの国富論5>

肝心なのはおカネの巡りを良くするストーリーづくりだろう。今年6月退任する日本取
引所グループの斉藤最高経営責任者に、この点を聞いてみた。

「投資家の視線を意識した企業統治改革や資本収益目標など、企業経営をめぐる雰
囲気はここ2年で様変わりになってきた」 斉藤氏は目を細め、そんな感想を漏らす。

確かに、株式市場という舞台で、企業を走らす戦略が軌道に乗れば、経済も押し上げ
られる。稼ぐ力を高めるには、狭い業界にひしめきあう企業の再編も視野に入るはず

である。安倍政権は「成長なくして財政再建なし」と唱える。小泉政権の「改革なくして
成長なし」を思わせるが、既存の仕組みのままでは成長はおぼつかないと安倍氏も

承知しているはずだ。
(アベノミクスの国富論6へ続く、日経新聞・編集委員滝田洋一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-23 13:53 | 社会経済 | Comments(0)
<アベノミクスの国富論4>

国際通貨基金(IMF)が5月に発表した対日経済審査を見ても、「課題は多くあるが、と
にかく経済再生をやり遂げてくれ」とのメッセージが伝わってくる。対韓経済審査が、経

済構造の問題点や為替市場での介入を厳しく批判したのと、鮮やかな対象だ。
日本株上昇の儲けは外国勢にさらわれてしまった。国内ではそんな指摘も根強い。確

かに外国勢は日本株の3割を保有しているが、残り7割を保有しているのは年金や、
生命保険など日本の投資家である。巡り巡って、その恩恵は家計にも及んで来るはず

だ。カネは天下の回り物という。外国勢は日本株で値上がり益を手にし、日本の企業
や投資家は海外M&Aや外国証券投資で為替差益を享受したのである。こうした好循

環は投資やビジネスに弾みをつけるうえで欠かせない。(アベノミクスの国富論5へ続く、
日経新聞・編集委員滝田洋一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-22 14:25 | 社会経済 | Comments(0)
<アベノミクスの国富論3>

これまで見向きもしなかった日本を訪ねる外国人投資家が、目白押しとなったのも不思
議ではない。そして安倍政権も彼らの視線を意識した政策を打ち出している。

「世界を見渡してもいまの日本ほど、政府と民間が経済の立て直しに呼吸を合わせてい
るところは珍しい」。来日する投資家たちは異口同音にそう語る。内外の経営者や学者、

政治家が毎年この時期に東京に集う「ラウンドテーブル・ジャパン」。6月5~6日に開い
た今年の会合では、変化しだした日本を意識する発言が相次いだ。デフレ脱脚や不況

克服に、海外からの参加者たちも手応えを感じ始めたためだろう。
(アベノミクスの国富論4へ続く、日経新聞・編集委員滝田洋一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-21 13:37 | 社会経済 | Comments(0)
<アベノミクスの国富論2>

日経平均株価が2万円台を回復した今年。5月末までの間に日経平均は18%近く上
昇した。外国勢の昨年末の日本株は169兆円に達していたから、約30兆円の値上が

り益を手にしたことになる。50兆円と13兆円にこの30兆円を加えると、約93兆円となる。
小泉政権が郵政解散に踏み切った05年をはさんだ時期も日本株は上昇した。ただ04

~06年の3年間の値上がり益は約55兆円。リーマン・ショックに至る07~08年の日本
株下落で、外国勢は儲けをはき出し80兆円近い損失を被った。

今回の日本株高で懐に入れた儲けの大きさが理解出来るだろう。
(アベノミクスの国富論3へ続く、日経新聞・編集委員滝田洋一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-20 13:49 | 社会経済 | Comments(0)
<アベノミクスの国富論>

日本の株式が世界のおカネを引き寄せる力を増しつつある。儲かる市場になってい
るからだ。90兆円あまり。外国人投資家は安倍政権の誕生以来、日本株投資でそ

れだけの値上がり益を上げた。2015年度の国の一般会計予算は
96兆円強だから、1年分予算に匹敵する儲けを得たことになる。

計算はこうだ。まず13年。アベノミクスの登場をはやして日本株が本格的に上昇した
この年、外国勢は日本株を17兆円買い越した。12年末時点で保有していた83兆円

と合わせて、保有株式の値上がり益は50兆円余りに達した。14年は消費税増税で
景気が足踏みしたが、異次元緩和第2弾のおかげで年末にかけて日本株が回復。

値上がり益は13兆円に。
(アベノミクスの国富論2へ続く、日経新聞・編集委員滝田洋一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-19 15:35 | 社会経済 | Comments(0)
<食あたりを防ぐには3>

忙しい朝、弁当用に作り置いた料理がまだ冷めないうちに詰め込むと、腐敗が起きやすく
なる。一般的に卵や魚、肉類の調理は60度以上で加熱することが基本。さらに出来上が

ってから食べるまでまでに時間が空く場合は、急速に冷やすことも必要となる。
食中毒に関する細菌の多くは30~40度で増殖しやすいからだ。

使い慣れた調理器具も時にキッチン用漂白剤などを用いて洗浄をしておきたい。中でもま
な板は包丁でついた傷に汚れが残り易い。黄色やピンクなどの色が付いている場合、微

生物などが増えている。調理台の前に立ったら、先ずは手を良く洗うことを習慣に家庭の
安全衛生策をスタートさせたい。

(食卓プロデューサー・荒牧麻子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-18 13:07 | 食べ物 | Comments(0)
<食あたりを防ぐには2>

以前は英文表記で月の名に「r」の付かない5~8月は食べないという習慣のあったカ
キ。最近は養殖技術や流通の改良で、安全性が高まり、1年を通じて食べることがで

きるようになった。それでも医療機関に勤める知人は用心を欠かさない。
「特に二枚貝は、勤務が続く週はしっかりと加熱してから食べる。どうしても生で食べ

たいときは、休日の1日か2日前に限る」という。食中毒の原因は外食ばかりでも、
食品ばかりではない。家庭内でも調理器具や食器などに危険が潜むことがある。

気をつけて欲しいのは弁当箱の衛生だ。帰宅後、なるべくすぐに空の容器を丁寧に
洗い、十分に乾燥させる。子供にも自分の弁当箱をすぐに出すよう確認し合いたい。

(食あたりを防ぐには3へ続く、食卓プロデューサー・荒牧麻子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-06-17 14:08 | 食べ物 | Comments(0)