道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ:食べ物( 411 )

<国産ウナギ1~2割安3>

鮮魚大手の魚力は、池入れから1年未満の若いウナギ「新仔」や、ウナギを使った総菜
など幅広い品ぞろえを用意。売上高は前年比で3割増を見込む。

今年は25日に続き8月6日と、丑の日が2回あるため「顧客の関心は高い」(伊勢丹新
宿本社)。8月以降、中国産の輸入が急増する見通しで、「秋にウナギの価格は一段と

下がる」(日本鰻輸入組合の森山理事長)との声もある。
(日経:生鮮クリック資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-29 13:03 | 食べ物 | Comments(0)
<国産ウナギ1~2割安2>

仕入れ値の下落で、スーパーでもかば焼きが前年に比べ1~2割ほど安い価格で並ん
でいる。昨年は1尾2千円ほどしたが、今年は1500~1800円が中心だ。

消費者にとってややお手頃の水準になったことで、25日の販売も好調に推移している。
イトーヨーカ堂は主力商品を昨年より1割程度値下げ。

25日の販売額は前年と比べ2割以上伸びた。「猛暑も消費を後押ししているようだ」
(同社) (国産ウナギ1~2割安3へ続く、日経:生鮮クリック資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-28 17:32 | 食べ物 | Comments(0)
<国産ウナギ1~2割安>

土用の丑の日を迎えた7月25日、専門店や小売店にはウナギを食べて暑い夏を乗り切ろ
うと大勢の客が詰めかけた。今年は稚魚が豊漁で、かば焼き用の国産ウナギ相場は前年

比で3割安め。小売り各社は今夏の目玉商品として打ちだし、売上高も前年から2~3割
増しで推移している。日本で出回るウナギの大半は養殖もの。昨秋以降稚魚の漁獲量が

伸び、日本や中国など東アジア主産地の稚魚の池入れ量は3年ぶりの高水準となった。
(国産ウナギ1~2割安2へ続く、日経:生鮮クリック資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-28 13:52 | 食べ物 | Comments(0)
<甘酒は栄養豊か「飲む点滴」7>

温かい甘酒を飲むとほっと気が休まる人も多いだろう。その甘酒は「飲む点滴」と言わ
れるほど栄養価が高く、美容にも効果があるとされる。 

市場の拡大に伴い、甘酒の作り方や料理への応用術を体感できる場所も増えてきた。
「体が温まるねー」。JR御茶ノ水駅近くの神田明神の参道。多くの参拝者が湯気を立

てた紙コップを手に一息ついていた。
(甘酒は栄養豊か「飲む点滴」8へ続く、日経・企業報道部 古川慶一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-06-05 12:58 | 食べ物 | Comments(0)
<栄養豊か「飲む点滴」甘酒5>

日本酒製造の八海山が東京都内で開くのが「発酵ワークショップ」。テーマは甘酒のほかし
ょうゆ、味噌など5つで各回とも参加費は3000円だ。

ワークショップでは、麹にあるアミラーゼという酵素が米のでんぷんをブドウ糖に変える時に、
様々な栄養素が出すメカニズムを分かり易く解説する。講師で「発酵プロフェッショナル」の

資格を持つ藤本倫子さんは、「江戸時代には甘酒が庶民の夏バテ対策の完璧な飲み物だ
った」と説明する。実際、甘酒は夏の飲み物で夏を表す季語にもなっている。

藤本さんによれば「日本酒が作れない夏場に酒蔵が作る甘い飲み物だから“あまざけ”」な
のだという。(栄養豊か「飲む点滴」甘酒6へ続く、日経・企業報道部 古川慶一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-06-02 14:09 | 食べ物 | Comments(0)
<栄養豊か「飲む点滴」甘酒4>

三河屋綾部商店4代目の社長によれば、「昔は近隣に麹屋が17~18軒あった」という。
高台なので麹を作る土室(地下室)を作り易かったからだ。

麹作りには温度や湿度を保ちやすい暗い地下室が欠かせない。天野屋には今も現役
の土室が残るという。一方、酒かすを使うタイプは、日本酒が大量生産できるようにな

った昭和期に入って広まった飲み方。こうした豆知識に加え、発酵の仕組みを本格的に
学べる場所も増えている。

(栄養豊か「飲む点滴」甘酒5へ続く、日経・企業報道部 古川慶一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-06-01 13:50 | 食べ物 | Comments(0)
<栄養豊か「飲む点滴」甘酒3>

神田明神に初めて来たという30代の会社員女性は「職場でも朝ご飯代わりに飲む人が
増えている」と話す。調査会社の富士経済は、2017年の甘酒販売額は、10年比で8割

増の約64億円になると予測する。一口に甘酒といっても、実は2種類ある。米を麹で発
酵させて甘みをだしたものと、酒かすをお湯にといて砂糖を加えたものだ。

近年「飲む点滴」として注目されているのは前者で、アルコールを含まないので子供でも
安心して飲める。神田明神の参道に構える2店が提供するのも発酵タイプ。

(栄養豊か「飲む点滴」甘酒4へ続く、日経・企業報道部 古川慶一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-05-31 13:28 | 食べ物 | Comments(0)
<栄養豊か「飲む点滴」甘酒2>

―健康ブームで若い世代が関心―
神田明神の参道は、甘酒好きにはたまらないスポットだ。参道の入口付近に1846年開業

の天野屋、少し先には1616年創業の三河屋綾部商店と老舗甘酒2店が構えているから
だ。いずれも一杯350円。麹や味噌などの発酵食品も手に入る。天野屋を家族で切り盛り

する天野史子さん(69)は「最近は若いお客さんが増えた」という。「麹を買って自宅で甘酒
や味噌づくりに挑戦する人も多いようだ」

若い世代が関心を持つようになったのは、健康ブームが背景にありそうだ。
(栄養豊か「飲む点滴」甘酒3へ続く、日経・企業報道部 古川慶一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-05-30 14:02 | 食べ物 | Comments(0)
<栄養豊か「飲む点滴」甘酒>

温かい甘酒を飲むとほっと気が休まる人も多いと思う。その甘酒は「飲む点滴」といわれ
るほど栄養価が高く、美容にも効果があるとされる。

市場の拡大に伴い、甘酒の作り方や料理への応用術を体感できる場所も増えてきた。
「体が温まるねー」。JR御茶ノ水駅近くの神田明神の参道。多くの参拝者が湯気を立て

た紙コップを手に一息ついていた。その湯気の正体こそが甘酒だ。大学生の鹿野幹貴さ
んは「ここに来たらいつも飲む。すっきりとした甘さが好き」とにっこり笑う。

(栄養豊か「飲む点滴」甘酒2へ続く、日経・企業報道部 古川慶一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-05-29 13:33 | 食べ物 | Comments(0)
<寿命はどこまで延びるのか>

日本人の寿命は着実に延びてきた。厚生労働省の発表によると2015年の日本人の
平均寿命は、男性80.79歳、女性87.05歳となり、世界でも最長水準を誇る。

高齢者の定義自体も変わりつつある。これまでは65歳以上だったが、日本老年学会
などは75歳以上とするよう提言した。65~74歳は心身共に健康な人が多く、「准高齢

者」と位置付けている。16年の65歳以上の人口は推計3461万人で、全人口の約
27,3%にものぼる。(寿命はどこまで延びるのか2へ続く、順天堂大学医学部・奈良

信雄特任教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-04-29 14:34 | 食べ物 | Comments(0)