道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
カテゴリ
メモ帳


以前の記事
最新のコメント
免疫力をつけて身体がウイ..
by うなぎ at 16:51
畑は1.2ヘクタール。「..
by アグ at 11:25
素晴らしいブログですね!..
by ハローネットビズドットコム at 20:39
お元気ですか。先日奥様に..
by 高岡 邦和 at 05:58
和食がいいのは分かってて..
by tom-cat at 14:44
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
チョコレートが大好きな人..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
膝痛 関節軟骨
from 膝痛 治療
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 38 )

<「健康ゆすり」のススメ>

長時間机にはりついた生活は、がんを増やし、早死のリスクを高める。男性の場合、
デスクワーカーは肉体労働者より、前立腺がんのリスクが28%も高くなるというデー

タがある。また、1日6時間すわっている人は、座る時間が3時間未満の人に比べ
て死亡リスクが男性では17%、女性では34%も高いことが分かっている。

座ってばかりいれば、エネルギー消費量が少なくなって太りやすくなるが、肥満や運
動不足は発がんリスクを高める。さらに糖尿病になれば、膵臓がんや肝臓がんのリ

スクは約2倍になり、がん全体では約2割も増える。
(「健康ゆすり」のススメ2へ続く、東京大学病院中川恵一准教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-05 13:39 | Comments(0)
<栄養豊か「飲む点滴」甘酒6>

週2~3回、自宅で甘酒を飲み始めたことで、体調が良くなったという自営業の町田
純子(50)さんは、2月の発酵ワークショップに参加。「もっと発酵の知識を深めたい」

と目を輝かせていた。東京で甘酒教室を開いている日本発酵文化協会は関心の高
まりを受け、今年から名古屋や広島でも開講した。

甘酒や味噌、漬物、日本酒などの発酵食品と共に暮らしてきた日本人。京都で「発酵
食堂カモシカ」を主宰する関恵さん(39)は、「発酵食品は日本人のDNAが喜ぶ食べ

物。どんなサブリメントを飲むよりも人を元気、健康にしてくれる」と語る。飲むだけにと
どまらない甘酒の楽しみ方をみつけてみてはいかがだろう。

(甘酒は栄養豊か「飲む点滴」7へ続く、日経・企業報道部 古川慶一氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-06-04 13:46 | Comments(0)
<凝りや痛み、「筋膜」が原因?5>

リリースとは制限を開放するという意味。コラーゲン線維とエラスチン線維がねじれて寄
り集まった状態を解きほぐすのが、その基本目的。

1つの筋肉を一定方向に伸ばすストレッチと異なり「縦、横、斜めと様々な方向へつなが
っている筋膜を、連動的に伸ばしほぐしていく」と竹井教授。

筋肉を局所的に押しモミするマッサージもあるが、これは筋膜のよじれを直すのには的
確な方法とはいえないという。滝沢院長は「アイロンがけのように、できるだけ広い範囲

をじんわり伸ばすのが良い」と話す。
(凝りや痛み、「筋膜」が原因?6へ続く、日経・ライター松田 亜希子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-04-08 12:59 | Comments(0)
<コーヒー、進化の旅9>

スターバックスは現地農家の栽培を支援し、環境や品質に責任を持って育てた豆を「倫理
的な調達」と定義。15年に調達は99%に達した。

エチオピアの原生林を守る「森林コーヒー」の生産に取り組むのはUCCだ。担当課長の中
平さんは「品質のいい豆の生産を支援すると農家の所得は増え、我々は貴重な豆を安定し

て入手できる」。エチオピアに始まったコーヒーは、原点回帰するように持続可能な農産物
として生き続けている。

(日経・「たどって!なるほど」の大久保潤記者記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-11-21 12:49 | Comments(0)
<手足のしびれ、生活にも要因2>

意外な原因もある。筆者はノートパソコンを持ち歩いており、リュックサックを愛用していた。
ところが数か月前から、右腕がしびれるようになった。しびれは夜に帰宅した後に感じるこ

とが多い。入浴して翌朝には楽になっている。休日にはしびれをほとんど感じない。
そこで考えたのは、通勤で使うリュックが原因ではないかと。

リュックをやめてみたら、しびれは感じなくなった。おそらく重いリュックが肩で神経を圧迫
し、しびれたと思われる。病気には、細菌やウイルスの感染やがんなどで発病するものが

多い。だが、以外にも日常生活が原因になるものもある。体調不良を感じた場合、まずは
自分自身でキッカケがないか、振り返ってみるとよい。   

(順天堂大学医学部・奈良信雄特任教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-06-04 14:10 | Comments(0)
<透析、腎臓の働きを担う3>

昨日、「一般に、塩分を通す膜を境にして塩分濃度が異なる場合、塩分は濃い方から薄い
方へと流れる」というようなことを記述。その続きです。

こうした膜で老廃物を体の外に出す治療が透析療法だ。患者自身の腹膜を使う腹膜透析
と、血液を体の外に流して透析する血液透析がある。腹膜透析は一時的なことが多く、

長期の場合は血液透析となる。血液透析は1913年に実験が報告され、45年から応用が
始まった。60~70年代から急速に発展し、現在では腎不全の有力な治療法となっている。

(順天堂大学医学部・奈良信雄特任教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-05-04 14:21 | Comments(0)
<室温・湿度管理でインフル防止7>

加湿し過ぎはやめ、タンクは1日おきに清掃したい。このほか、適度な湿度と温度を
保つには、部屋の換気のほか、うがいやマスク着用、水分をこまめにとるなどで口

の中を潤すこともよい。寒いからといってすぐに暖房器に頼るより、着る服で調節す
るのも手だ。一方、家電商品でも、空気清浄機機能搭載のエアコンなどが出回って

いるが、空気清浄機そのもので、ウイルスを除去するデータは出ていない
(瀬戸口教授)という。 (日経・高谷治美ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-01-14 12:30 | Comments(0)
<企業は独立の気力あるものが勝つ3>

「GDPの伸び率が長期金利を上回る」という黒田日銀総裁の企図が実現し、資産価格の
適度な上昇が実体経済に好影響を与えている。現時点では追加緩和の必要はなさそうだ。

日本がデフレから完全に脱却して飛躍するカギは、恵まれた環境にある日本の企業経営
者自身にある。リスクをとって、世界に勝てる独自技術を組み入れた設備投資を国内で

増やし、グローバル競争に打って出ることだ。「追加緩和が必要」「公共投資を増やせ」と
当局に依存するばかりでは競争に勝てない。福沢諭吉の「学問のすすめ」は「天は人の

上に人を造らず」が有名だ。
(企業は独立の気力あるものが勝つ4へ続く、日経・「大機小機」資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-03-11 15:08 | Comments(0)
<大人のO脚、膝痛注意5>

―日常生活に支障もー
変形性膝関節症が進むと、膝の痛みのために、階段の昇り降りや正座が出来ない、走れな

いなど日常生活にも支障がでる。さらにひどくなると、歩行そのものも辛くなり、生活の質の
低下につながる。関節に水がたまることもあるという。「進行した場合は関節鏡などを使って

手術する例もある」と千葉教授は説明する。専門家は「膝の衰えは加齢とともに避けられな
い」と口をそろえるが、膝関節症変形性を防ぐにはどんな手立てがあるのだろうか。

(大人のO脚、膝痛注意6へ続く、Sunnday Nikey資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-03-06 12:46 | Comments(0)
<予測困難な時代に思う8>

進歩の限界を説く言論や、反対に進歩が招く不幸を叫ぶ声が強まり、世論は混とんの
様相を見せている。

だがこうした悲観論は、所詮、過度の楽観主義を裏返し幻想の産物であり、いわば天
に唾した結果にすぎないのである。考えてみれば、科学技術が幸せにしたのは人類

の全体であって、1人ずつの具体的な個人だったとはいえない。
抗生剤は結核の大半を退治したが、それでもたまたま結核で死ぬ個人は残った。そし

てそういう個人は、例外的で孤独であるだけに、多数が結核で死んだ時代の死者より
も不幸だといえるかもしれない。

科学技術が進歩を続け、他方で明日をも知れぬ個人の偶然が残る限り、進歩主義と
積極的無常観の両立は、日本が世界に発しうるメッセージになるのではないか。

(山崎正和、日本芸術院会員・サントリー文化財団副理事長・大阪大学教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2014-02-28 16:01 | Comments(0)