道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<高齢者は75歳からとすべきか6>

「国民は、支える側、支えられる側どちらにも入らない人に大別できる。これまでは、支
えられる側の人を広く捉えて高齢者を皆その中に入れてきた。

しかし、限りある資源を適正に配分するためには、本当に支えられるべき人はどこにい
るかをきちんと見極め、そこに手厚く配分する必要がある。こういう視点から検討し、医

療・福祉の両面で個別対応が必要な人、つまり支えられる人が多い75歳以上を{高齢
者}と定義した」「ただ今回の提言はあくまで医学的な視点からのもので、社会保障制度

の在り方には踏み込んでいない。現状を正確に把握して、実現可能な未来についての
共通認識をもつための議論の出発点にしてもらいたい」

(高齢者は75歳からとすべきか7へ続く、日経・「日曜に考える」、聞き手は木村彰編集委員)
[PR]

by refresh_light | 2017-05-20 14:21 | 社会経済 | Comments(0)
<< <高齢者は75歳からとすべきか7> <高齢者は75歳からとすべきか5> >>