道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<糖質摂取、ゆっくり上手に3>

通常の砂糖は胃や小腸の入口で吸収されるが、パラチノースは小腸の末端まで残る。
血糖値がなだらかに上昇し一定の高さで持続するため、体への負担が少なくスタミナ

にもつながる。糖質をゆっくり摂取するスローカロリーという考え方は、パラチノースを
販売している三井製糖が2007年に提唱した。

「ローカロリー」「ゼロカロリー」をうたった食品の隆盛に砂糖メーカーとして危機感を持ち、
栄養学の権威らと研究に着手。15年には研究成果の普及を手掛ける一般社団法人ス

ローカロリー研究会を設立した。
(糖質摂取、ゆっくり上手に4へ続く、日経・桜井祐介氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-04-23 16:15 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <糖質摂取、ゆっくり上手に4> <糖質摂取、ゆっくり上手に2> >>