道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<口の老化防止、良く噛んで食べ良く話そう3>

奥歯に問題があり、前歯だけで噛んでいたり、軟らかい食事が主体だったすると、フレイ
ルが起こりやすくなるとされている。悪い歯が多く残っているよりも、きちんとした義歯を

装着している方が、良く噛むことができることもあり、注意が必要だ。逆に自分の歯が20
本なくても過度の心配はいらない。

咀嚼には咀嚼筋のほか、頬や舌の動き、口の粘膜からの感覚神経から起こる脳からの
反射も大きく関与している。これは自分の意思で指令を出して行う随意運動。きちんと噛

んで食べることをすれば、咀嚼の働きを補ってくれる。(口の老化防止、良く噛んで食べ良
く話そう4へ続く、日経・国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科大鶴洋医長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-04-19 13:32 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <口の老化防止、良く噛んで食べ... <口の老化防止、良く噛んで食べ... >>