道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<IOTが社会を支える電子部品5>

最近は機械にセンサーをつけるだけで、故障予測が可能になるなど手軽に(工場の見え
る化)を実現できる。センサー自体も低価格化が進み、中小の工場にも導入のチャンス

が広がっている」(情報通信総合研究所主任研究員中村邦明氏)
―ネットワーク・低消費電力、長寿命を実現―

次にセンサーで集めた情報を、ネットワークを介してクラウドのコンピューターに送るプロ
セス。ここで重要になるパーツが通信モジュールだ。様々な場所にたくさんのセンサーな

どを配置し、必要に応じて情報のやり取りをするIOT。個々のデータ量はそれほど大きくな
く、シビアな性能や高速性も求められない反面、多数の通信回線や部品が必要となる。

(IOTが社会を支える電子部品6へ続く、日経・IOTのための三種の神器:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-12 14:06 | 社会経済 | Comments(0)
<< <IOTが社会を支える電子部品6> <IOTが社会を支える電子部品4> >>