道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<IOTが社会を支える電子部品4>

搭載されるセンサーの種類も極めて多岐にわたる。代表的なものとしては、温度センサー
や湿度センサー、光センサー、超音波や赤外線を検知するセンサー。スマホやタブレット

には画面の傾きを測るジャイロセンサーや加速度センサー、方角を測る知磁気センサー
などが内蔵されている。音声を拾うマイク、カメラに使われる撮像素子などもセンサーの一

種だ。また車では自動運転の目となる車載用イメージセンサーを各メーカーが開発。暗
がりでも歩行者を認識できる高感度タイプが開発されている。

OT化された最新の機械は大手でないとなかなか導入は難しい。問題はレガシー
(旧式)の機会をどうIOT化するかだ。

(IOTが社会を支える電子部品5へ続く、日経・IOTのための三種の神器:資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-08-11 13:12 | 社会経済 | Comments(0)
<< <IOTが社会を支える電子部品5> <IOTが社会を支える電子部品3> >>