道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<人工光合成、日本が先陣6>

酢酸に酵素などを加えて光を当てたところ、2時間半で酢酸の約5%をエタノールに変換
できた。変換効率は0.1%だった。「量産に向けてはエタノールの分離なども課題だ」

(天尾さん)人工光合成は日本がリードしてきた。東京理科大学学長の藤嶋昭さんが、
大学院生時に水に浸した二酸化チタンに紫外線を当てると、水が水素と酸素に分解する

ことを発見。1972年に「ホンダ・フジシマ効果」として発表したのが、この分野の研究が
動き出す大きな契機となった。

(人工光合成、日本が先陣7へ続く、日経・ニュースな科学、浅沼直樹氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-23 13:17 | 社会経済 | Comments(0)
<< <人工光合成、日本が先陣7> <人工光合成、日本が先陣5> >>