道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<脳の疲労要注意3>

疲労プロジェクトの代表を務める大阪市立大学の梶木修身特任教授は、こんな例え話で
説明する。「同じゴルフコースを回っても、暑い日と涼しい日では疲れ方が全く違います。

暑いと体温調節などに交感神経を酷使するので疲労が増すのです」
運動による疲労のほか、長時間のデスクワークなどによる精神作業疲労や、目の眼精疲

労がある。事務作業に集中しているときは、やはり交換神経が活発に働く。
また、パソコン画面など近距離を見続けると、自律神経のバランスが崩れやすくなるという。

ただし、実際の疲労の度合いと、自分で感じる疲労感の間にはズレがあることが、疲労を
把握しにくくしている。 (脳の疲労要注意4へ続く、日経・吉川和輝編集委員資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-14 13:07 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <脳の疲労要注意4> <脳の疲労要注意2> >>