道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<口中調味でおいしく健康6>

糖尿病患者にも、摂取総カロリーの50~60%は白米のなど炭水化物からとるよう指導。
肉や魚などタンパク質の調理にうま味の強いだしを使い、味噌汁や発酵食品などと組み

合わせバランスの良い日本食を進めている。ただしその際「米飯を先に食べると、血糖値
がいきなり上がり易いので、食べ方には工夫が必要」(池田さん)

女子栄養大学副学長の香川康雄さんは「血糖値が急激に上昇すると、下げようとインスリ
ンが過剰に膵臓から出される。それで血糖値が下がると空腹感が増強し、食欲が再び出

て過食や肥満につながりやすい」という。防ぐには副菜に野菜料理を用意し「野菜から先に
ゆっくり食べ、その後主菜と米飯を交互に食べた方が血糖値の上昇がゆるやかになる」

(香川さん)ゆっくり食べるというのも一つのポイント。
(口中調味でおいしく健康7へ続く、日経・高谷治美ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-07-07 13:55 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <口中調味でおいしく健康7> <口中調味でおいしく健康5> >>