道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<人が横着できる技術は有望>

仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術の進歩により、数年後には、仮想世界を含め
作り込まれた立体映像を、人間の周りにまるで現実世界のように、映し出し体験できる

ようになるという。そうなれば、現実の行動・体験の代わりに、バーチャルだけで完結す
るサービスを提供するビジネスが登場してくると考えられる。

(人が横着できる技術は有望2へ続く、日経・十字路、東レ経済研究所・増田貴司チー
フエコノミスト資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-06-07 13:11 | 社会経済 | Comments(0)
<< <人が横着できる技術は有望2> <甘酒は栄養豊か「飲む点滴」7> >>