道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<海底下、微生物の別世界7>

採取した堆積物を培養装置に入れて、高温高圧の状態にし、微生物がいるかどうか調
べる研究も進める。高温高圧という厳しい条件でも養分があれば、微生物が生き続け

て検出できるという。海底下深くに住む微生物は、栄養分が少ない中で様々な物質を取
り込んで分解し、エネルギー源にする能力を身に付けたと考えられている。

太陽の光と酸素は生命の存在にとって不可欠の条件ではない。地球の地下で生命が
誕生したとすれば、木星や土星衛星、火星などでも似たような環境があれば、生命が

存在する可能性がある。
(海底下、微生物の別世界8へ続く、日経新聞・新井重徳氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-05 11:02 | 社会経済 | Comments(0)
<< <海底下、微生物の別世界8へ続く> <海底下、微生物の別世界6> >>