道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<海底下、微生物の別世界3>

深海の底のさらに下の堆積物は栄養分や酸素が乏しく、太陽の光も届かない。
一昔前まで生命がいるなど誰も考えていなかった。

ところが近年の研究で微生物の豊かな世界が広がっている可能性が明らかになってきた。
その数は10の29乗個と推計され、宇宙にある恒星(10の25乗個)の1万倍に達すると

いう。国際研究チームは2015年、青森県下北半島沖の海底下2466メートルまで掘った
ところ、微生物を見つけたと発表。100種類以上の培養にも成功した。最も深い場所の

温度はセ氏60度で、微生物にとっては極限の環境とはいい切れない。
(海底下、微生物の別世界4へ続く、日経新聞・新井重徳氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-03-01 14:20 | 社会経済 | Comments(0)
<< <海底下、微生物の別世界4> <海底下、微生物の別世界2> >>