道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<幸せよぶ脳内ホルモン>

過去の出来事を悔み将来を悲観するより、今を楽しみ希望を抱いて過ごす方が、生活の
質は高まる。これは元気に暮らす人たちに共通する特性だという。

そんな姿勢をどうやって身につければよいのか、なかなか難しいが、手掛かりはある。
脳内ホルモン「エンドルフィン」をうまく作り出す工夫を凝らすと、日々の幸せ感を高めら

れるようだ。
(<幸せよぶ脳内ホルモン2へ続く、日経・永田好生編集委員資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-02-13 14:42 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <幸せよぶ脳内ホルモン2> <酵母、ヒト研究の礎9> >>