道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<酵母、ヒト研究の礎7>

09年は細胞のがん化や老化に関わる染色体の末端部「テロメア」、13年は細胞内で
物質を運ぶ仕組みの「小胞輸送」の研究が選ばれた。

大隅さんと同じく、70~80年代に発表した酵母を使った研究が高く評価された。
今でも酵母の優れた特長を生かした最先端の研究は活発。米科学誌サイエンスに今年

発表された成果が良い例だ。2つの遺伝子が同時に壊れた酵母を分析し、どの遺伝子
の組み合わせが影響を受けやすいかといった、相互作用を網羅的に調べた。酵母をモデ

ルに遺伝子の組み合わせなどの解明につながり、治療法の手がかりになるかもしれない。
(酵母、ヒト研究の礎8へ続く、日経・ニュースな科学、越川智瑛氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-02-09 13:15 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <酵母、ヒト研究の礎8> <酵母、ヒト研究の礎6> >>