道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<インスリンの効きやすい体づくりを7>

食事療法、運動療法で気をつけることは、患者の日常生活の中で無理なく続けられるよ
うにするということだ。甘いものを一切食べてはだめだとか、極端なカロリー制限の指導

が行われることもあるが、今は糖質、脂質、タンパク質をバランスよく取りながら全体の
カロリーを減らすというのが主流だ。

運動療法の基本は、ウオーキングやサイクリングなどの有酸素運動だ。これも無理せず、
継続できる範囲で生活に取り入れていく。

目安はいままでの日常生活より、週あたり150分程度歩く時間をふやすこと。運動は余
分なカロリーを消費するだけでなく、筋肉を動かすことで、インスリンが効きやすくなるとい

う効果がある。インスリンの効きやすい体づくりを8へ続く、順天堂大学大学院医学研究
科・綿田裕孝代謝内分泌内科学教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-06 13:49 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <インスリンの効きやすい体づく... <インスリンの効きやすい体づく... >>