道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<インスリンの効きやすい体づくりを5>

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。昨年の続きで「インスリンの効きやすい体づくり」です。

糖尿病の恐ろしさは様々な合併症にある。高血糖の状態が体内の細い血管に障害を与え
ることで、腎臓の機能低下を起こす糖尿病腎症、目が悪くなり失明の危険ももたらす糖尿

病網膜症、手足のしびれなどを起こす糖尿病神経障害などが起きる。
また、大きな血管の障害である脳梗塞や心筋梗塞が発生しやすくなることも分かっている。

インスリンの効きが悪くなると、動脈硬化を起こしやすくなるので、血糖値が上がる前でも
既に脳梗塞や心筋梗塞のリスクは高まっている。さらに糖尿病患者は、肺炎や歯周病など

の感染症、がん、認知症などの発症率も高いということも、データから明らかになっている。
(インスリンの効きやすい体づくりを6へ続く、順天堂大学大学院医学研究科・綿田裕孝代謝

内分泌内科学教授資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2017-01-04 14:28 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <インスリンの効きやすい体づく... <インスリンの効きやすい体づく... >>