道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<意外に多い「やせメタボ」7>

「単なる肥満よりも高血圧などの生活習慣病にかかりやすい。さらに転倒骨折や認知症の
危険性も増す」と久野教授。量を増やすにも一番は運動だ。

筋肉を増やす筋トレと、脂肪を燃やす有酸素運動を組み合わせると、質・量ともに向上する。
「筋肉は何歳になっても増えるが、若い方が効果は出やすい。40~50代までに運動の習

慣化を」(久野教授)。 有酸素運動の代表はウオーキング。1日8000歩以上を目指そう。
「1週間単位で帳尻を合わせればいい」(久野教授)。食事では脂肪分を控え、筋肉の材料

になる魚や肉のたんぱく質が不足しないようにしたい。
(日経・健康生活、ライター佐田節子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-12-11 13:51 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <薬の効き目、遺伝子で決まる> <意外に多い「やせメタボ」6> >>