道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<意外に多い「やせメタボ」3>

インスリンは膵臓から出るホルモン。食事から取る栄養の一部はブドウ糖に分解され、血
液で筋肉や肝臓など臓器に運ばれる。

その際、筋肉と肝臓がブドウ糖を取り込むスイッチ役がインスリンだ。ところが、脂肪筋に
なるとインスリンが十分に作用せず、ブドウ糖をうまく取り込めなくなる。

「いわば、筋肉の質が低下した状態」(田村准教授)だ。この結果、血糖値が上がり、糖尿
病やメタボリック症候群になる危険性が増す。

これまでは太るとインスリンが働きにくくなるといわれてきたが、太っていなくても油断はで
きない。(意外に多い「やせメタボ」4へ続く、日経・健康生活、ライター佐田節子氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-12-07 13:02 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <意外に多い「やせメタボ」4> <意外に多い「やせメタボ」2> >>