道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<イモリ、究極の再生術4>

大人のイモリでは幹細胞の役割は小さい。千葉准教授らは遺伝子改変技術で筋肉の
細胞に目印をつけて調べた。

動物の細胞は受精卵のときはあらゆる細胞に変化出来るが、いったん筋肉などの細
胞に成長するともう別の細胞にはなれない。切断部分付近では、多数の核を持ったチ

ューブ状の筋肉の細胞が変化してバラバラになり、成熟しきっていない細胞に変化し
た。「脱分化」と呼ぶ現象だ。しばらくすると、脱分化した細胞が再生芽に移動して増

殖し、これらを材料にチーユーブ状の筋肉の細胞ができていった。
切断という刺激をきっかけに遺伝子の働きが変化し、脱分化が起きたとみている。

(イモリ、究極の再生術5へ続く、日経新聞、山本優氏記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-11-30 12:11 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <イモリ、究極の再生術5> <イモリ、究極の再生術3> >>