道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<イモリ、究極の再生術3>

日本に広く生息するアカハライモリを調べたところ、変態後に新たな再生能力を獲得して
いた。イモリの脚を切ると、イボのような「再生芽(が)」がまず出来る。

そこから新しい脚がニョキニョキと生えてくる。外見の変化は大人も子どもも同じだが、
その中で起きていることは違う。

子どものイモリの体には、幹細胞と呼ぶ特殊な細胞があちこちに存在する。幹細胞にはい
くつか種類があり、それぞれ筋肉や骨など決まった種類の細胞になる。これらの幹細胞が

傷口付近に集まって筋肉や骨などの細胞に脚が再生する。オタマジャクシやアホロートル
でもほぼ同じ仕組みだ。

(イモリ、究極の再生術4へ続く、日経新聞、山本優氏記事参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-11-29 10:51 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <イモリ、究極の再生術4> <イモリ、究極の再生術2> >>