道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<地価上昇いつまで続く4>

超長期国債が低い水準で推移していることは、金融市場の参加者が今後20~30年は、
低金利が続くと予想していることを表している。地価を押し上げる経済力の衰えも気になる。

日本経済は、潜在成長率が極めて低くなっていて、低成長が続く可能性が高そうだ。そうし
た状況で商業地のオフィス需要が、今後も増え続けるとは期待しにくいようだ。

東京五輪が終われば、ホテルの稼働率もさがると考えるのが自然だ。
家計所得が低迷しているのに加え、かってのように長く勤務すれば賃金が上がる状況でも

なくなりつつあり、住宅購入を見送る動きも広がっている。
(地価上昇いつまで続く5へ続く、日経・「ニッキィの大質問」資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-10-14 13:36 | 社会経済 | Comments(0)
<< <地価上昇いつまで続く5> <地価上昇いつまで続く3> >>